Mac OS X 上の NetBeans 6.8 と GlassFish v3

NetBeans 6.8 の新機能の目玉はやはやり Java EE 6 対応でしょうか。NetBeans 6.8 の開発ビルドでは GlassFish v3 の開発ビルドをインストーラにバンドルしているので、インストール後すぐに試してみることができます。インストーラで GlassFish v3 の開発ビルドをインストールしなかった場合や zip 形式の配布物を使っている場合には「ツール」>「サーバー」で GlassFish v3 を追加登録できます。

GlassFish v3 の追加
プロジェクトの作成の途中で気付いた時でもウィザードから「追加」を選んで追加できます。
NetBeans
GlassFish v3 を選んでください。
NetBeans
別途 GlassFish v3 の開発ビルドをインストールしてあればそのインストールディレクトリを指定してください。

NetBeans から GlassFish v3 のダウンロード&インストール
もしローカルにインストールしてない場合は、このダイアログから開発ビルドをインストールできます。これは便利ですね〜。
NetBeans
インストールできたら起動してみましょう。サービスウィンドウのサーバーノード以下の GlassFish v3 を起動してみます。

GlassFish v3 は JDK 6 が必要
ところが起動できませんでした。あ、JDK 6 を使う必要があったのですね。(このダイアログの日本語訳はおかしいですね、「関連づけしてください」ですね。修正しておきます。スイマセン...)
NetBeans
実際にコマンドラインで asadmin を実行しても同じですね。
% java -version
java version "1.5.0_20"
Java(TM) 2 Runtime Environment, Standard Edition (build 1.5.0_20-b02-315)
Java HotSpot(TM) Client VM (build 1.5.0_20-141, mixed mode, sharing)
% GlassFish_v3/bin/asadmin 
GlassFish requires Java SE version 6.  Your JDK is version 5
%

ダイアログにあるように登録した GlassFish v3 のプロパティーを変更してみます。Java タブで「Java 実行可能ファイル」に JDK 6 の java を指定します。Mac OS X の場合は
  • /System/Library/Frameworks/JavaVM.framework/Versions/1.6.0/Home/bin/java
でしょうか。
NetBeans
システムのデフォルトを JDK 6 にしましょう
サーバーを起動してみます。今度はサーバーが起動しましたが....コンソールが文字化けしてしまっていますね。

netbeans

これは以前にもお知らせしたように NetBeans で使っている JDK と GlassFish で使っている JDK のバージョンが違うからですね。NetBeans も JDK 6 を使って実行しましょう。NetBeans はシステムで設定されている Java を使いますので、Mac OS X では Java Preference で設定を変更するのがよいでしょうね。
NetBeans
このように Mac OS X では NetBeans やそこから呼び出される GlassFish などの JDK のバージョンに注意する必要がありますね。これらに関してはエントリを参照してください。
Comments:

Post a Comment:
Comments are closed for this entry.
About

NetBeans Globalization

Search

Archives
« April 2014
SunMonTueWedThuFriSat
  
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   
       
Today