NetBeans 7.0 Beta 2 日本語版を公開しました

NetBeans 7.0 Beta 2 をリリースしました。詳細は以下のニュースリリースをご覧ください。
今回もすでに日本語化されています。Beta 2 だけではなく開発ビルドも日本語が入っています。ところどころ英語が表示されますが正式なリリースまでにはすべて日本語になる予定です。

Beta 2 は以下からダウンロードできます。
いくつか注意点があります。
  • JUnit ライブラリはインストール後にアップデートセンターから取得するようになっていますので注意してください。そのダイアログはまだ日本語になっていません。
  • Git サポートはプラグインから取得できますが今のところ日本語化の予定はありません
  • Ruby サポートはインストーラには含まれていません。別途インストールする必要があります。
Ruby サポートに関してはドキュメントを読んでもインストール方法がよくわかりませんよね。別途ブログで紹介しようと思っています。

以下に簡単ですがリリースページの Feature Highlights を日本語にしてみました。

  • JDK 7
    • Project Coin のサポート
    • エディタの強化 : コード補完、ヒント
  • WebLogic Application Server
    • WebLogic への Streamlined と高速配備
    • サーバーノードでの配備済みアプリケー ションとリソース表示
    • サーバーライブラリと JSF 統合
  • Oracle データベース
    • 接続ウィザード
    • JDBC ドライバーのインストール
    • ストアドプロシージャの編集と配備
  • GlassFish
    • GlassFish 3.1 サポート
    • リモートの GlassFish のログ表示やドメインのリスタート
    • 配備済みアプリケーションの有効化、無効 化
  • Java
    • Maven 3 のサポート
    • JUnit 4.8.2 の統合、さまざまな JUnit の改善
    • ライブラリと Java プラットフォームでの Javadoc の外部 HTTML URL のサポート
    • 新しい GridBagLayout のビジュアルカスタマイザ
  • Java EE
    • CDI、REST サービス、Java 持続性サポートの改善
    • Bean バリデーションの新しいサポート
    • PrimeFaces を含む JSF コンポーネントライブラリのサポート
    • JSF での 式言語 (EL) 編集の改善、コード補完やリファクタリング、ヒントなど
  • Web 言語
    • HTML5 の編集をサポート
    • JSON フォーマッタ
  • PHP
    • PhpDoc の生成
    • 名前変更、安全に削除のリファクタリング
    • PHP 5.3 alias のサポート
  • C/C++
    • ユーザーの既存のバイナリを簡単にインポート
    • リモートにソースファイルが存在する場合の新しいプロジェクトタイプ
  • NetBeans プラットフォーム
    • レイヤーに Action 登録を生成するアノテーション
    • パフォーマンス改善とプロファイラとの連携
    • API の変更
  • 全体
    • エディタでのワードラップ
    • プロファイラ統合の強化
    • 外部変更のチェックの軽減 (NetBeans と他のアプリケーション切り替え時)

詳しい日付までは出ていませんがスケジュールでは、
  • 3月 コードフリーズ
  • 3月 RC リリース
  • 4月 FCS リリース
となっています。動作や日本語訳に関して何か問題ありましたら以下までお願いいたします。
Comments:

Post a Comment:
Comments are closed for this entry.
About

NetBeans Globalization

Search

Archives
« April 2014
SunMonTueWedThuFriSat
  
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   
       
Today