JES: Policy Agent を使ってみよう(5): ポータルデスクトップで使う

Policy Agent をウェブサーバーで使うことで簡単に Web リソースがプロテクトできました。アプリケーションサーバー上で使う J2EE ポリシーエージェントでも同様に Web アプリケーションのプロテクトが出来ます。ポリシーは Access Manager で一括管理されます。では、ここで少し応用をしてこれらのプロテクトされた Web リソースと Portal Server を連携してみましょう。Policy Agent と Portal Server が参照している Access Manager によって SSO が実現します。Policy Agent と Access Manager によってプロテクトされているコンテンツがポータルデスクトップにログイン後表示されます。チャネルのコンテンツを表示するために再度ログインする必要は ありませ ん。ポータルデスクトップにログインしたことにより表示することができます。

実際に私は Java ES 製品の試験ということで複数の Policy Agent をインストールしそれらを一つのポータルデスクトップに表示させていました。今回はこれをやってみます。

Web コンテンツを Policy Agent でプロテクトする

前回までの手順で必要な Web コンテンツをプロテクトしてください

URL スクレーパーチャネルでチャネルを作る

ス クレーパーチャネルでこのコンテンツを表示するように新しく作成します。例えば次のように jesws.japan.sun.com の sunweb/sol10/ 以下をチャネル内に表示するには次のようなディスプレイプロファイルになります。これを dpadmin で設定します。


   <Channel name="sunweb-ws-sol10-UTF-8" provider="URLScraperProvider" merge="replace">

     <Properties>

       <String name="width" value="thick"/>

       <String name="description" value="Policy Agent の試験"/>

       <String name="inputEncoding" value="UTF-8"/>

       <String name="title" value="Sun ウェブ - sol10 - (JES WS,UTF-8)"/>

       <String name="url" value="http://jesws.japan.sun.com/sunweb/sol10/index.html"/>

       <ConditionalProperties condition="client" value="HTML">

         <ConditionalProperties condition="locale" value="ja">

           <String name="url" value="http://jesws.japan.sun.com/sunweb/sol10/index.html"/>

         </ConditionalProperties>

       </ConditionalProperties>

     </Properties>

   </Channel>


コンテナを作成する

URL スクレーパーチャネルが出来上がったらそれを格納するコンテナを作成します。今回は PredefinedSamplesTabPanelContainerProvider をプロバイダにして MyPortalPAJWSContainer というコンテナを作成し Web Server からのコンテンツを表示する URL スクレーパーチャネルを4つ作成しました。エンコーディングごとに、UTF-8、EUC、Shift_JIS、charset タグなしの Shift_JIS を作成しました。


        <Container name="MyPortalPAJWSContainer"provider="PredefinedSamplesTabPanelContainerProvider">

           <Properties>

               <String name="title" value="JES WS"/>

           </Properties>

           <Available>

               <Reference value="sunweb-ws-sol10-UTF-8"/>

               <Reference value="sunweb-ws-sunray-EUC-JP"/>

               <Reference value="sunweb-ws-software-Shift_JIS"/>

               <Reference value="sunweb-ws-studio-Shift_JIS"/>

           </Available>

           <Selected>

               <Reference value="sunweb-ws-sol10-UTF-8"/>

               <Reference value="sunweb-ws-sunray-EUC-JP"/>

               <Reference value="sunweb-ws-software-Shift_JIS"/>

               <Reference value="sunweb-ws-studio-Shift_JIS"/>

           </Selected>

           <Channels>

           </Channels>

        </Container>


タブコンテナを作成する

ひとつひとつのコンテナが作成されたところでタブを作成しましょ う。それぞれのタブにひとつのコンテナをはりつけています。ディスプレイプロファイルは次のようになります。プロバイダは JSPTabContainerProvider を指定しています。MyFrontPageTabPanelContainer はポータルデスクトップのデフォルトで表示されるタブです。MyPortalTabContainer をユーザーのデフォルトのコンテナに指定します。

このように Sun Java System Web Server、Application Server、Apache、IIS、Tomcat、WebLogic などの Policy Agent の製品を一度に確認することの出来るポータルデスクトップが完成します。


        <Container name="MyPortalTabContainer" provider="JSPTabContainerProvider" merge="replace">

           <Properties>

           </Properties>

           <Available>

               <Reference value="MyPortalPAJWSContainer"/>

               <Reference value="MyPortalPAJASContainer"/>

               <Reference value="MyPortalPATomcatContainer"/>

               <Reference value="MyPortalPAApacheContainer"/>

               <Reference value="MyPortalPAIISContainer"/>

               <Reference value="MyPortalPAWLContainer"/>

               <Reference value="MyPortalPADominoSolarisContainer"/>

               <Reference value="MyPortalPADominoWindowsContainer"/>

               <Reference value="MyFrontPageTabPanelContainer"/>

           </Available>

           <Selected>

               <Reference value="MyPortalPAJWSContainer"/>

               <Reference value="MyPortalPAJASContainer"/>

               <Reference value="MyPortalPATomcatContainer"/>

               <Reference value="MyPortalPAApacheContainer"/>

               <Reference value="MyPortalPAIISContainer"/>

               <Reference value="MyPortalPAWLContainer"/>

               <Reference value="MyPortalPADominoSolarisContainer"/>

               <Reference value="MyPortalPADominoWindowsContainer"/>

               <Reference value="MyPortalPAJWSContainer"/>

               <Reference value="MyFrontPageTabPanelContainer"/>

           </Selected>

           <Channels>

           </Channels>

        </Container>


ログインしてみた

ポリシーを設定してポータルサーバーにログインしてみましょう。ポリシーの評価が行われ表示が許可されていれば左の画面のようにコンテンツが表示されるは ずです。ここで再度ログインする必要はありません。

右の図ではポリシーをわざと失敗するようにしてみました。表示を許可されていない場合はこのようにエラーが表示されます。

コンテンツは表示される


ポリシーの評価に失敗した場合はコンテンツは表示されない


Policy Agent についての詳しい説明は docs.sun.com の Sun ONE Identity Server Policy Agent 2.1 を参照して下さい。
Comments:

Post a Comment:
Comments are closed for this entry.
About

NetBeans Globalization

Search

Archives
« April 2014
SunMonTueWedThuFriSat
  
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   
       
Today