JES: Java ES を使ってみよう(8): 各製品の起動と停止

Java ES の各サーバーの起動方法と停止方法を表にしておきます。

Sun Java System Access Manager や Portal Server などは Web コンテナ上に配備されるので Web Server や Application Server の起動・停止と同じです。依存関係のある製品、例えば Access Manager は Directory Server を必要としますが、その場合は Directory Server から起動します。また逆に Access Manager から停止します。

製 品
ディ レクトリ
起 動
停 止
補 足
Sun Java System Directory Server
/var/opt/mps/serverroot/slapd -<ホスト名>
start-slapd
stop-slapd

Sun Java System Directory Proxy Server
/var/opt/mps/serverroot/dps -<ホスト名>
start-dps
stop-dps

Sun Java System Administration Server
/var/opt/mps/serverroot/
start-admin
stop-admin

Sun Java System Web Server
/opt/SUNWwbsvr/https-<ホ スト名>
start
stop

Sun Java System Web Server 管理サーバー
/opt/SUNWwbsvr/https-admin start
stop

Sun Java System Application Server
/opt/SUNWappserver/appserver/bin asadmin start-domain --user admin domain1 asadmin stop-domain domain1 start-domain ではパスワードを入力
Sun Java System Access Manager
/etc/init.d/
amserver start
amserver stop
Web コンテナを起動・停止
Sun Java System Messaging Server
/opt/SUNWmsgsr/sbin start-msg stop-msg
Sun Java System Calendar Server
/opt/SUNWics5/cal/sbin
start-cal
stop-cal

Sun Java System Instant Messaging Server
/opt/SUNWiim/sbin
imadmin start
imadmin stop

Sun Java System Portal Server
-
-
-
Web コンテナを起動・停止
Sun Java System Portal Server Secure Remote Access
/etc/init.d
rwproxyd start
netletd start
gateway start
rwproxyd stop
netletd stop
gateway stop
Web コンテナを起動・停止
Sun Java System Delegated Administrator Server
-
-
-
Web コンテナを起動・停止
Sun Java System Communication Express
-
-
-
Web コンテナを起動・停止

同じマシンにこれらの製品をインストールした場合にはこの表の上の製品から起動し下の製品から停止していくという順番で全製品の起動・停止が安全に行えます。このあたりの話は Sun Java Enterprise System 2005Q1 インストールガイド : コンポーネントの起動と停止 に詳しく載っていますので参考にしてください。
Comments:

Post a Comment:
Comments are closed for this entry.
About

NetBeans Globalization

Search

Archives
« April 2014
SunMonTueWedThuFriSat
  
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   
       
Today