ATOK for Solaris

Solaris 10 6/06 がリリースされましたね。注目はやはり ZFS でしょうか。しかし、私のような普通のデスクトップユーザーにとっては「ATOK for Solaris」が一番の目玉と言えるかもしれませんね。

Solaris 10 What's New (docs.sun.com)」の「IIIMF and Language Engines」にありますが、
  • Internet Intranet Input Method Framework (IIIMF) が rev.10 から rev.12 にアップグレード
  • 日本語入力エンジン ATOK12 が ATOK17 相当の「ATOK for Solaris」にアップグレード
です。Solaris に IIIMF ベースの ATOK が入ってからずいぶんたちますが久々のエンジン側の大きなアップデートです。

うれしいことにこの「ATOK for Solaris」は Solaris 10 や Solaris 10 1/06 でも使うことができます。まだしばらくは Solaris 10 + パッチ、Solaris 10 1/06 + パッチでいこうと思っている人もパッチをダウンロードしてインストールするだけで使うことができます。私は自宅の PC では Sun Update Manager でインストールしましたが、パッチは SunSolve からもダウンロードできます。以下のパッチの最新のものをお使い下さい。

SPARC:
120410-10 IIIMF rev.12
121675-07 Japanese LE (ATOK for Solaris)
119814-08 Japanese manpage
120412-04 Simplified Chinese LE
120414-09 Traditional Chinese, Korean, Thai and Indic LEs

x86:
120411-10 IIIMF rev.12
121676-07 Japanese LE (ATOK for Solaris)
119815-08 Japanese manpage
120413-04 Simplified Chinese LE
120415-09 Traditional Chinese, Korean, Thai and Indic LEs

詳細は ATOK のヘルプ、入力方式設定エディタ (iiim-properties) のヘルプを参照してください。

ATOK のヘルプはパレットから起動できます。
「GNOME 入力方式スイッチ」はデスクトップのパネルに「パネルの追加」、「ユーティリティ」、「入力方式スイッチ」を選んで追加できます。また右クリックして「設定...」から「入力方式設定エディタ (iiim-properties)」を起動できます。
Comments:

Post a Comment:
Comments are closed for this entry.
About

NetBeans Globalization

Search

Archives
« April 2014
SunMonTueWedThuFriSat
  
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   
       
Today