Wednesday Jun 29, 2011

「Java SE 7 リリース記念 特別イベント」のご案内

7月7日(木)14:00~日本オラクル本社セミナールームにて「Java SE 7 リリース記念 特別イベント」が開催されます。NetBeans のセッションも用意していただきました。7.0 の話を中心に JDK7 のサポートについて紹介させていただく予定です。お時間のある方はぜひご参加ください。

Java SE 7 リリース記念 特別イベント
 日時:2011年7月7日(木)14:00 ~19:00
 場所: 日本オラクル本社13Fセミナールーム
 内容:
  1. 開会の挨拶 + 今後の Java に期待する事(丸山 不二夫 氏)
  2. Java SE 7 + 8 の概要(寺田 佳央)
  3. HotRockit +Java の New ライセンスの紹介(杉 達也)
  4. NetBeans 7.0 + Project Coin の紹介(片貝 正紀)
  5. InvokeDynamic の紹介(戸島 義徳)
  6. Fork/Join Framework。そしてLambdaへ。(櫻庭 祐一 氏)
  7. もっとNew I/O(櫻庭 祐一 氏)
参加は無料ですが登録が必要です。セッションの内容、登録は上記のページからお願いいたします。

Tuesday Jan 26, 2010

JDK 6 Update 18 と NetBeans

JDK 6 Update 18 がリリースされています。 NetBeans に関係することで3点ほど。

NetBeans バンドルインストーラ
NetBeans 6.8 (Java SE) とのバンドルインストーラが提供されています。 NetBeans と JDK を一緒にインストールしてしまうという便利なインストーラです。
VisualVM 日本語版
VisualVM 1.2.1 がバンドルされていますが、今回の Update 18 から日本語と中国語にローカライズされています。VisualVM 単体ではすでにローカライズ版がリリースされていたわけですが、JDK 側にも入ってきました。やったね! VisualVM は NetBeans Platform で作成されています。

VisualVM

VisualVM

Windows で -Dfile.encoding=UTF-8 を付けた時のフォント
NetBeans の日本語メーリングリストで出ていた件で改善要求として 6856390 にあげていたのですが、Update 18 に修正を入れていただきました。Windows で NetBeans ごと UTF-8 を使いたい時、回避策としてこのオプションを付けて使っている方も多いと思います。Update 17 までは中国語のフォントが優先されてしまいましたが、これで日本語のフォントを使うようになりました。

Monday Oct 26, 2009

Java 6 API ドキュメントが更新されました

プロジェクト jdk-api-ja からのお知らせです。JDK 6 u10 ベースになった API ドキュメントの最新版が公開されました。オンラインのものも zip  アーカイブのものも最新になりました。
オンラインの API ドキュメントは以下から参照できます。
また zip ファイルはダウンロードページの「Java SE 6 ドキュメント」からダウンロードできます。最新版をぜひダウンロードしてくださいね。


NetBeans で使う場合にはこの zip ファイルを「ツール」>「Java プラットフォーム」で起動する「Java プラットフォームマネージャー」で Javadoc に指定してください。

コード補完などで使えるようになります。



「ヘルプ」>「Javadoc 索引検索」でも使えるようになります。



このプロジェクトやメーリングリストの登録方法などは以下に1度書いています。ドキュメント関係のおかしな点を見つけたら是非ここにお知らせしてください。

Thursday Oct 22, 2009

VisualVM 1.2 日本語版がリリース

VisualVM 1.2 がリリースされました。また同時に日本語版と中国語版もリリースされています。
VisualVM
zip ファイルは英語のものと別になっているで注意してくださいね。ダウンロードページの Multi-language のリンクを選んでください。 以下リリースノートからの新機能を簡単に翻訳してみました。(アップデートセンターに置かれているプラグインは日本語になっていません)
  • CPU と メモリのサンプリングプラグイン (VisualVM-Sampler がアップデートセンターから利用可能)
  • ひとつのローカル/リモートホスト上で複数の jstatd 接続をサポート
  • 動的ツールチップ、プラグイン用の公開チャート APIを備えた新しいチャート
  • モニタとスレッドタブをアプリケーションスナップショットに保存
  • アプリケーションスナップショットは読み込みアクション、または --openfile で読み込み可能
  • アプリケーション、ホスト、スナップショットのプロパティー UI、プラグイン用の公開プロパティー API
  • オプションダイアログでのプロキシ設定
  • オプションダイアログで SSL 証明書の設定 UI (VisualVM-Security がアップデートセンターで利用可能)
  • プラグインによる JMX 環境/接続をカスタマイズする JMX API の拡張
  • モニタするアプリケーションによる表示名の設定: visualvm.display.name プロパティー
  • リモート X セッションのパフォーマンス改善
  • Windows 上での無効な jvmstat の自動検出
  • UI の向上 : メインメニュー、ツールバー、コンテキストメニュー、カラー、ダイアログ、プロファイラスナップショット、ヒープウォーカ
  • NetBeans Platform と Profiler 6.7.1 で構築:
    • プロファイラスナップショットを HTML, XML, CSV 形式でエクスポート
    • ヒープウォーカ: 維持されているサイズの計算
    • ヒープウォーカ: OQL スクリプトサポート (OQL 構文サポートはアップデートセンターで利用可能)
    • ヒープウォーカ: ヒープダンプでスレッドスタックトレース
    • Mac OS X での外観の向上

VisualVM

Wednesday Oct 07, 2009

JavaFX コードスニペットプロジェクト

少し前になりますが札幌 Java コミュ渡辺さんが JavaFX のスニペットを集めたプロジェクトを kenai に作っています。
Japan JavaFX User Group でのアナウンスはこちら。
NetBeans 6.8 の開発ビルドを使ってこの Kenai のプロジェクトを開いてみます。 Kenai のサポートも 6.7 からはいろいろと進化しています。プロジェクトの検索結果の画面ですが、6.8 と 6.7 では違いますね。上が 6.8, 下が 6.7 です。6.7 ではずぶんシンプルだったんですね。
NetBeans Kenai Support
NetBeans Kenai Support
Kenai ダッシュボード(左側)にプロジェクトが表示されています。右側にはプロジェクトの詳細が表示されます。こちらも 6.8 から追加された画面です。

NetBeans Kenai Support
ソースコードをリポジトリから取得するにはソースコードを「取得」を選択します。
NetBeans Kenai Support
関連するエントリ:

Friday Oct 02, 2009

NetBeans 6.8 と一緒に試そう - 最新 GlassFish v3 多言語ビルド

NetBeans 6.8 開発ビルドを使えば簡単に試せる GlassFish v3 ですが、v3 自体を知っておくといざというときに役立ちますね。ogino さんのブログには「最新 GlassFish v3 を試そう」シリーズが載ってます。
ほ〜多言語ビルドも出来たんですね〜さっそくインストールしてみました。
GlassFish v3 console
NetBeans にも unzip したフォルダを指定することで簡単に登録できます。

Monday Sep 28, 2009

MessageFormat の翻訳には気をつけましょう

Java アプリケーションのローカライズにはほとんどの場合 .properties ファイルを使うと思います。NetBeans も同様でほとんどが .properties ファイルで、残り数個 XML ファイルを使います。コミュニティーによる翻訳も盛んでいろいろな言語に訳されているのですが、けっこうな頻度でその翻訳が原因で NetBeans が動かなくなってしまうことがあります。そのほとんどの原因は MessageFormat で使われるメッセージで形式が間違っていることによるものです。NetBeans に限らず起こりえる問題なのでメモしておきます。 MessageFormat は引数を取るメッセージのローカライズよく使われますね。実際の NetBeans のメッセージを例に挙げてみます。
ERR_no_dep=Module {0} in {1} depends on an unknown module named {2}.
このようなメッセージがあったときに {} に引数が挿入されますが、{} の位置はそれぞれの言語に合わせて順番を変えることができます。日本語なら...こんな感じになるでしょうか。日本語では通常 {0} と {1} を入れ替えた言い方をしますよね。
ERR_no_dep=「{1}」のモジュール「{0}」は不明なモジュール名「{2}」に依存しています。
この翻訳では {} に気をつけないと例外が出てしまいます。例えば 1 と } の間にスペースを入れてみましょう。IllegalArgumentException が発生します。(実際は .properties で定義されていますがわかりやすいように書いています)

NetBeans

あるいは {1} の } を ) にしてみます。同じように例外が発生します。

NetBeans

日本語や中国語などの場合には {} に全角の{}や、, が全角の読点、になってしまうケースもあります。翻訳の段階でこのようなことは起きる事もしばしばあるので気をつけないといけません。

もう一つよく見かけるのは ChoiceFormat の choice や、number などのキーワードを翻訳してしまっているケースですね。
MSG_PassedTestsInfo={0} {0,choice,0#tests|1#test|1<tests} passed
引数に3を与えて実行してみます。tests がちゃんと使われています。

NetBeans

ここでは test, tests, passed を翻訳する必要がありますが、choice まで翻訳してしまうと同じように例外が発生します。以下は日本語で「選択」としてしまった場合です。

NetBeans

NetBeans ではこれらのエラーは翻訳後にチェックするようにしています。何度かここでも紹介したことがありますね。

Friday Aug 07, 2009

第1回 JavaFX 勉強会に参加してきました

水曜日は 日本 JavaFX ユーザグループの第1回勉強会に参加してきました。
短い時間でしたが盛りだくさんの内容でした。大変参考になりました。
発表されたみなさん、参加されたみなさん、お疲れさまでした。次回も楽しみにしています。

WidgetFX は一度動かしただけで使ってなかったのですが、ウィジェットってすごく簡単にできるのですね!ライブラリに jar を入れるのが面倒だったり、実行方法を Java Web Start にするのも面倒なので、NetBeans のプラグインでも作ってみようかと考えています...

Wednesday Jun 17, 2009

VisualVM on Java for Mac OS X 10.5 Update 4

Java for Mac OS X 10.5 Update 4 がリリースされています。ダウンロードやアップデートの詳細は以下をご覧下さい。Java6 は 1.6.0_13 になります。
NetBeans Profiler ブログを見て知ったのですが VisualVM が含まれているようですね。残念ながら英語なんですが \^\^;)
VisualVM for Mac
% jvisualvm
で起動してください。

Wednesday Jun 03, 2009

JavaFX 1.2 SDK と NetBeans 6.5.1 用プラグイン(日本語版)

JavaFX 1.2 SDK と NetBeans 6.5.1 用のプラグインがリリースされました。今回は Linux 版と Solaris 版も Beta という形で提供されていますね。これはうれしいですね! ダウンロードは以下からどうぞ。
リリースノートとインストールの手順です。 NetBeans プラグインも日本語に
NetBeans 6.5.1 をお使いの方はツール>プラグインから JavaFX プラグインをインストールするか、すでにインストールしてある場合は更新してください。これから使い始める方は上記ダウンロードページから NetBeans のインストーラを選んでください。1.2 からようやくプラグインも日本語になりました。以下は日本語になったパレットです。

NetBeans JavaFX

Ubuntu 8.04 と OpenSolaris 2009.06 で動作
1.2 SDK のシステム要件です。Linux と Solaris は Ubuntu 8.04 と OpenSolaris 2009.06 と書かれていますね。JDK はともに JDK6u13 以上、JDK6u14 が推奨です。
また GStreamer が必要です。Ubuntu はまだ確かめていませんが、OpenSolaris ではデフォルトのインストールで入っていますので別途インストールする必要はありません。心配ならば gst-inspect --version コマンドでバージョンを確かめてみてください。
% gst-inspect --version
実際に動かしてみましょう。OpenSolaris 2009.06 で NetBeans プラグインでサンプルにあるメディアボックスを動かしてみました。メディアもちゃんと再生できました。

NetBeans JavaFX on OpenSolaris

ネットビーンズトラベルを再生してみた
ならばサンプルプログラムにメディアファイルを追加してネットビーンズトラベルを再生してみます。おお、よかった、無事に動画も音も再生できました。

NetBeans JavaFX on OpenSolaris

Friday May 29, 2009

来週は JavaOne ですね

来週はいよいよ JavaOne ですね!ということでブログのテーマを JavaOne にしてみました。

NetBeans 6.7 も予定通りにいけば来週始めには RC1 が出る予定です。今回ももちろん日本語も同時に出す予定でいます。

Tuesday Apr 28, 2009

Ubuntu 9.04 に JDK をインストールする

Ubuntu 9.04 を VirtualBox にインストールしました。Java の開発環境を整えてみましょう...なんですが、そういえば Ubuntu 8.04 の時も書きました。やり方は同じですね \^\^;)
これとバージョンが違うくらいですが、やってみましょうか。

javac を実行してみます。以下のようにまだインストールされていないのでインストールしましょう。
$ javac
プログラム 'javac' は以下のパッケージで見つかりました:
 \* openjdk-6-jdk
 \* ecj
 \* gcj-4.3
 \* java-gcj-compat-dev
 \* gcj-4.2
 \* jikes-classpath
 \* jikes-kaffe
 \* kaffe
 \* sun-java5-jdk
 \* sun-java6-jdk
次の操作を試してください: sudo apt-get install <選択したパッケージ>
bash: javac: command not found
$ 
openjdk-6-jdk、sun-java5-jdk、sun-java6-jdk を入れてみます。
$ sudo apt-get install openjdk-6-jdk sun-java5-jdk sun-java6-jdk
JDK が3つ入っていることになりますね。update-alternatives でどの JDK を使うのか選択します。Sun の Java6 にしてみましょう。
$ sudo /usr/sbin/update-alternatives --config java

`java' を提供する 3 個の alternatives があります。

  選択肢       alternative
-----------------------------------------------
          1    /usr/lib/jvm/java-6-sun/jre/bin/java
\*+        2    /usr/lib/jvm/java-6-openjdk/jre/bin/java
          3    /usr/lib/jvm/java-1.5.0-sun/jre/bin/java

デフォルト[\*] のままにするには Enter、さもなければ選択肢の番号のキーを押してください: 1
'java' を提供するために '/usr/lib/jvm/java-6-sun/jre/bin/java' を使います。
$
java -version で確認してみます。
$ java -version
java version "1.6.0_13"
Java(TM) SE Runtime Environment (build 1.6.0_13-b03)
Java HotSpot(TM) Client VM (build 11.3-b02, mixed mode, sharing)
$
よし、これで OK ですね。最新の Java6u13 がインストールできました。さてこれでちゃんと動くのでしょうか、確認しましょう。NetBeans をインストールしてからでもよいのですが、まずはこの状態で日本語が正しく表示されるかどうか確認しておきましょう。JDK のデモを使うのが簡単です。
$ sudo apt-get install sun-java6-demo
で、インストールして、
$ java -jar /usr/lib/jvm/java-6-sun/demo/jfc/SwingSet2/SwingSet2.jar
と実行してみます。
Ubuntu JDK
日本語も大丈夫なようですね!

メニューから Java プラグインの設定パネルを使って確認するという方法もありますが、これは GTK の L&F で上がってくるので、ほとんどの場合問題がありません。デモなどで Metal L&F で確認する必要があるでしょう。

Friday Apr 24, 2009

Java VisualVM ブログコンテスト開催中です!

以前 VisualVM が日本語化されたことをお知らせしましたが、VisualVM プロジェクトではブログコンテストを開催しています!詳細は以下のページをご覧下さい。

visualvm
期間は 4/23 から 6/24 までの2ヶ月間です。やり方はとても簡単です。
  1. VisualVM を使う!
  2. ブログを書く!
  3. そのブログの URL を登録する!
ブログの内容はなんでも構わないのですが、以下のような例があります。
  • サクセスストーリー : パフォーマンスの問題解決に VisualVM がどう役立ったのか
  • チュートリアル : Java VisualVM を使ったメモリリークの発見方法
  • チュートリアル : VisualVM プラグインの作り方
  • 比較 : Java VisualVM と他のツール
NetBeans でもブログコンテストをしていましたよね。それとほぼ同じなのですが、1つだけ注意点があります。FAQ にもあるように今回は残念ながら英語のエントリのみです。

VisualVM に関しては以下が参考になると思います。たくさんのご応募お待ちしております。

Thursday Apr 23, 2009

Java Hot Topic セミナー(4月号)、ご参加ありがとうございました

昨日は「今月の2時間で学ぶ Java Hot Topic セミナー」でした。今回のトピックは戸島さんの「HotSpot JVM 入門」と寺田さんの「次世代アプリケーションサーバ GlassFish v3」でした。たくさんの方に参加していただき、ありがとうございました。発表資料や音声などは後ほど Java エバンジェリストグループのブログ「5分でわかる今週の Java ホットトピック」で公開予定です。

終わってからは、いつものように打ち上げ。

hottopic

hottopic

あれ〜どこかで見たことがあるような... \^\^;) おお、立派になりましたね! うれしいです。また遊びに来てくださいね。

hottopic

スタッフでなくても打ち上げ参加大歓迎です。参加されたい方はぜひスタッフまで声をかけてくださいね!

Thursday Apr 02, 2009

VisualVM 1.1.1 の日本語版できました

VisualVM 1.1.1 に日本語版、中国語版が用意され、java.net からダウンロードできるようになりました。VisualVM は Java アプリケーションのモニタリングやプロファイリングを行なえるツールで NetBeans プラットフォームとプロファイラをベースにしています。ドキュメントも2つほど日本語になっています。
ぜひ使ってみてください。
VisualVM

VisualVM

また VisulVM や NetBeans プロファイラに関しては NetBeans Profiler ブログも参考にしてください。
About

NetBeans Globalization

Search

Archives
« April 2014
SunMonTueWedThuFriSat
  
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   
       
Today