Monday Dec 29, 2008

2008 年を振り返る

といっても仕事や NetBeans の話ではないです \^\^;) 今年もたくさん応援しました。満足です。

六大学野球では8季ぶりリーグ戦優勝








神宮で勝って優勝を決めるのは最高ですね!私としては初めて「神宮勝歌」を歌うことができました。春秋ともよく神宮球場には応援に行きました。勝っても負けても楽しかった〜来年の春季リーグ戦の開幕が待ち遠しいです。また優勝パレードしましょうね。

ラグビーでは関東大学ラグビー対抗戦で9年ぶりに明早戦で勝利





前へ出るディフェンスと縦突進で下馬評をくつがえす見事な勝利でした。本学にはやはりこの形しかないでしょう。これぞ重戦車の底力、本当に感動しました。こちらも来季が楽しみです。

選手のみなさん、應援團のみなさん、ファンのみなさん、今年1年間お疲れさまでした。来年もまた神宮球場、秩父宮ラグビー場、国立競技場の明治大学の応援席でお会いしましょう。

Sunday Dec 07, 2008

明大ラグビー 2008 : 早稲田大戦

いやいや、長かったですね...9年ぶりですか。もっと長かった感じがします。この時を待っていました。涙、涙の勝利です。大きな大きな1勝です。



点差こそ2点差でしたが不思議と負ける気はしませんでした。実は開始早々のラックで相手の乱暴なプレー(笛はふかれませんでしたが)を見て「これは勝てるかも」とビビビッときたんですよね。



今日は前に出るディフェンスが良かったです。前半自陣ゴールライン手前でスクラムを選択されても動じることなくボールを奪い返せたのは大きかったです。見事な集中力でした。ディフェンスでプレッシャーをかけられたのが勝因ですね。攻撃もサイドアタックを繰り返し本来のペースをつかみました。やっぱり明治はフォワードがタテに攻めないと始まりません。



選手達は本当にうれしそうでした。もちろん応援していた人たちも。この1勝をぜひ来季につなげていってほしいですね。ガンバレ、メイジ。

Friday Oct 17, 2008

紫紺の日 - 2008年 秋

やっぱり秋もやるのですね。そーこなくっちゃ!今週の土日 10/18, 19 は「紫紺の日」です!

Monday Sep 15, 2008

明大ラグビー2008:成蹊大戦

今シーズンの初戦は成蹊大戦でした。もともとスロースターターなわけですがそれを考えても出来はよいとは言えませんでした。ディフェンスは完封したものの攻撃はまだチームとして機能していない感じです。意識してバックスにまわしていたような気がしたのですが少し単調すぎますね。相手ディフェンスとの距離がない状態で回しているでの余計プレッシャーを感じてしまうのでしょう、パスやハンドリングが悪すぎます。やっぱりフォワード第3列かセンターを1度縦に突っ込ませてポイントを作ってからじゃないでしょうか。というか基本全部「タテ」でいいんですよ、うちの場合 \^\^;)

次の立教大、筑波大との試合までずいぶん間があります。まだ焦る必要はないのでもう一度どんなチームにするのか意思統一し練習してきてください。次の試合期待しています。














東京六大学野球 2008年 秋のリーグが開幕

東京六大学 2008 年秋のリーグ戦は明大-東大で開幕しました。11月の早慶戦まで8週間の戦いです。明治と法政がまずは勝ち点1。春は5位と低迷した法政ですが慶應に連勝しました。法政-慶應1回戦も観戦していたのですが明治も含めてそう実力差があるとは感じませんでした。秋は大混戦の予感がします。今週末の法政-立教は面白い試合になりそうです。


Thursday Sep 11, 2008

明大ラグビー 2008: 9月13日(土) 成蹊大戦でシーズン開幕



早いもので今年も大学ラグビーの季節がやってきました。2008 年の関東大学ラグビー対抗戦、明治大は今週土曜日の成蹊大戦で開幕戦を迎えます。

9/13(土)
成蹊大
17:00
秩父宮
10/5(日)
立教大
14:00
熊谷
10/12(日)
筑波大
12:00
高崎
10/26(日)
日本体育大
14:00
秩父宮
11/2(日)
慶応義塾大
14:00
秩父宮
11/16(日)
帝京大
14:00
秩父宮
12/7(日)
早稲田大
14:00
国立
今年はどんなチームに仕上がっていくのかとても楽しみにしています。12月の大一番に向けて一戦一戦力をつけていってほしいですね。自分たちのラグビーに強い信念を持ち、メイジにしかできないプレーを見せてください。それがきっとファンが待ち望んでいるラグビーなのです。

東京六大学野球 2008年 秋のリーグは9月13日(土) 明大-東大戦で開幕



早いものでまたワクワクドキドキする季節がやってきました。東京六大学野球 2008年 秋のリーグは今週土曜日、明大-東大戦で開幕します。

  • 第1週
 
9/13 (土)
9/14 (日)
   
東大
  • 第3週

9/27 (土)
9/28 (日)

慶大
  • 第4週

10/4 (土)
10/5 (日)

法大
  • 第6週

10/18 (土)
10/19 (日)

早大
  • 第7週

10/25 (土)
10/26 (日)

立大

どの試合も簡単に勝たせてくれなさそうですが春秋連覇に向けて一戦一戦いい試合を見せてほしいですね。まずは東大戦、きっちり連勝しておきたいところです。そして前半戦の最大の山場は第3週の慶大戦です。ここで勝ち点を奪えれば連覇に向けて大きく前進するはずです。

Saturday Jun 14, 2008

明治大学硬式野球部 2008年春のシーズン:お疲れさまでした

長かった "春" がようやく終わりました。全日本大学野球選手権では残念ながら準決勝で敗退、東京六大学の代表としての使命は果たせませんでしたが、選手のみなさん、応援団のみなさん、本当にお疲れさまでした。そしてありがとうございました。応援していてとても楽しかったです。東京六大学リーグ戦の春秋連覇、そして神宮大会と秋のシーズンへ向けてまた目標が増えましたね。もっともっと強くなってまた秋に素晴らしいプレーを見せてくださいね。

この春は8 季ぶりの東京六大学リーグ戦制覇、本当に素晴らしかったです。巨人に入った古川くん、ソフトバンクに行った久米くんや、白石くん、水田くん主力4投手が抜けた投手陣をよく立て直しましたね。岩田くん、江柄子くんの4年生がよくひっぱりました。打線のほうは佐々木くんが怪我で出遅れたものの小道くん、池田くん、千田くんがよく打ちました。対早稲田大1回戦の荒木くんの逆転サヨナラホームランは見事でしたが、その前の千田くんのタイムリーは難しい球をよく打ち返しましたね。応援席からではわからなかったのですが録画を見て感心してしまいました。私はあの試合の影の殊勲者は千田くんだと思っています。

また昨年と違うところは内野の守備が格段によくなったことです。特にショートの荒木くん、セカンドで主将の佐藤くんは動きがよかったですね。昨年は春、秋ともリーグ戦は惜しい2位、最終週の 早慶戦の結果待ちだったわけですが、守備が悪く正直これでは東京六大学の代表にはなるにはまだまだ早いかなぁと感じていました。リーグ戦では何度となく内野の好プレーに助けられたわけですが、大学選手権で大事な時にミスが出てしまいましたね。もう一度鍛え直してまた秋に挑戦してほしいものです。



野球部が善波監督1年目なら、応援団も生まれ変わり新しいスタートを切ったシーズンと言えますね。まだまだ慣れていないところもあると思いますが本当によくやっていたと思います。応援団の学生さん達を見ていると本当に元気になります。優勝パレードもはじめてのことで大変だったのではないですか。秋もまたパレードやりましょうね!


Sunday Jun 08, 2008

東京六大学野球春季リーグ戦 優勝パレード

東京六大学野球春季リーグ戦 優勝パレードと祝勝会を見てきました。 たくさんの学生さんたちが紫紺のはっぴを着てちょうちんを持ってパレードに参加していました。とっても楽しそうでしたね。4年ぶりの優勝ですからほとんどの学生さんたちは始めての経験だったのではないでしょうか。神宮での応援もこのパレードも一生の思い出ができましたね。



祝勝会も運良く会場で見ることができました。選手たちからは今週から始まる大学選手権への意気込みが伝わってきました。大学選手権は短期決戦でトーナメントということもあり戦い方も難しいですが普段の力を出せれば結果はついてきます。六大学の代表として恥ずかしくない試合をし是非日本一になってください。



祝勝会の最後は應援團吹奏楽部、チアリーダー部によるチャンスパターンメドレーのデモンストレーションでした。おなじみの「狙い撃ち」や「ハイパーユニオン」に最後は「紫紺の歌」の特別バージョンでした。こ、これはすごい…感動しちゃいました。そして神宮勝歌、校歌でしめくくりました。いや〜本当に楽しかったです。選手権では明治の応援席も日本一ということを証明したいですね。

Thursday May 15, 2008

紫紺の日

今週の土日 5/17, 18 は「紫紺の日」です!神宮を紫紺で埋めつくしましょう!ガンバレ、メイジ!

Wednesday Apr 30, 2008

東京六大学野球 春のリーグ開幕

東京六大学野球の2008年春のリーグが始まっています。

やっぱり神宮は最高ですね!六大学野球のあの雰囲気がたまりません。この春もできるかぎり神宮に行って応援するつもりです。



写真は学生席でもらった小冊子です。前からこゆの作ってたんでしたっけ?すごく豪華な作りでびっくりです。

さて本学は慶應義塾に連勝、勝ち点2をあげ、一週あいて次は立教大戦です。立大にも連勝で勝ち点を取り、早稲田戦に向けて勢いに乗りたいところです。

Sunday Dec 02, 2007

明大ラグビー 2007 : 早稲田大戦

今日は試合後の選手たちに素直に拍手できませんでした。 あなたたちはいったいこの1年間なにを目指してあんな辛い練習をしてきたのですか?北島先生の遺言はなんだったのですか?紫紺のジャージに袖を通す意味はなんですか?すべては早稲田に勝つためではなかったのですか?

あんな試合をしているようではもう誰も応援に行きませんよ。紫紺のジャージを着ている意味がありません。無地のジャージにマジックペンでMと書いてそれを着て試合をしてください。紫紺のジャージに袖を通すというのはそういう意味です。今日はなんとしても明治らしい試合をしなければならなかった試合です。





Saturday Nov 03, 2007

明大ラグビー 2007 : 慶應義塾大戦

昨年は出張中だったため見に行けなかったラグビー明慶戦、今日はお天気もよく絶好のラグビー観戦日和でしたが…長い間、明治のラグビーを見てますが試合の途中で飽きてしまったのはおそらくはじめて。バックスのすかすかディフェンスなんとかなりませんかね?今日はさすがに呆れてしまいました。

トライはみな黄金期を思わせるようなフォワードが絡んだ取り方で着実に復活を感じさせるものでしたが (ツメが甘く引き分けに持ち込まれるあたりも強かった頃を彷彿させますが… (\^\^;)) 、ここぞというときに取れないのはまだまだです。フォワードは優位でしたが圧倒というところまでいけませんでしたね。アタックの精度を磨いていかないとです。特にゴール前ラインアウトは必ず取って帰るように。うちがフォワードを前面に押し出して戦おうとする限り相手も考えてきます。モールは崩しにかかってきますし、スクラムはちゃんと組んでくれません。それをはねのけるくらいの強いフォワードを作ってこないとです。

さてあと1ヶ月でどれだけ修正できるのか、不安でもあるし楽しみでもあります。この試合で自分たちがまだまだだということがよーくわかったでしょう? 本当の勝負はこれからです。課題が見えただけでもラッキー、負けなかっただけラッキーと考えることにしましょう。

秩父宮ラグビー場バックスタンド前の銀杏並木の紅葉はまだまだでした。






Friday Oct 19, 2007

週末は神宮へ行こう : 連勝で勝ち点を (2007年秋季リーグ戦)

いやいや、しかしよく踏みとどまりました(\^\^) サヨナラ勝ちなんて最高!! 勝因はなんといっても久米の好投につきますね。

連勝で法政に勝ち点を取り、次週の早稲田、慶應にプレッシャーをかけたいところです。法政も調子を上げてきているので簡単には勝てないと思いますが、秋のリーグもあと残り2試合です。全力で頑張って下さい。もちろん応援も頑張りますよ~。




Saturday Oct 13, 2007

明大ラグビー 2007 : 帝京大戦

点差は大きくひらかなかったものの内容は圧勝。安心して見ていられる試合でした。点の取り方も強かったときのメイジに近づいてきた感じがしています。特に前半2本目のトライは昔のビデオを見ているかのようでした。もちろんモールやスクラムで押し込むトライもいいのですが、フォワード個人で持ち込んでトライを取れるというのは個々が強くなってきた証拠じゃないでしょうかね。

これからは攻撃の精度をどんどん磨いていってほしいです。今日も後半最後いい形になったのが3つくらいありましたがトライを取れませんでした。2つはゴール前のラインアウト、もう1つはゴール前のスクラム。試合が決まってからのことですが、あそこはちゃんとトライを取っておけるようにならないといけないですね。









About

NetBeans Globalization

Search

Archives
« April 2014
SunMonTueWedThuFriSat
  
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   
       
Today