X

An Oracle blog about Java Embedded, Japan

Java SE

メモリの最適化について - Java SE Embedded 8

JavaはOSから見ると、1つのプロセスとして動作しますが、内部的には大きく分けて以下のような3つのメモリ領域が存在します。 HEAP: Javaアプリがインスタンスを生成すると、この領域にメモリが確保されます。...

JavaはOSから見ると、1つのプロセスとして動作しますが、内部的には大きく分けて以下のような3つのメモリ領域が存在します。 HEAP: Javaアプリがインスタンスを生成すると、この領域にメモリが確保されます。 NON-HEAP: NON-HEAP領域は、JVMが実行の最適化のために使用する領域で、Code CacheとMetaspaceという2つの領域に分かれています。 Code Cache: 実行中にJITコンパイラにより変換されたマシン語を保持するための領域 Metaspace: HEAPにロードされたクラスに関するメタ情報等を保持する領域   JavaVM内部で使用される領域: VMが実行時に内部的に使用する領域です。 メモリの構成と測定方法について 次に、メモリが実際にどのぐらい使われているかを計測する方法についてです。以下はそれぞれの領域と、メモリの状況を見る方法について表した図となります。 HEAPはJava Mission Controlを使って画面から確認することもできますし (下図参照)、...

Java Mission Control for SE Embedded 8

今まで主にサーバ環境でのJavaの診断・監視目的で使われてきた、Java Mission Controlですが、Java SE 8 Embeddedからエンベデッド環境のJavaでも利用できるようになりました。Java Mission Controlを使うことにより、JVMやJavaアプリについての、...

今まで主にサーバ環境でのJavaの診断・監視目的で使われてきた、Java Mission Controlですが、Java SE 8 Embeddedからエンベデッド環境のJavaでも利用できるようになりました。Java Mission Controlを使うことにより、JVMやJavaアプリについての、 CPUやメモリの使用状況、 スレッドの状態、 詳細ログの取得等が、 グラフィカルなUIから簡単に行えるようになります。 エンベデッド環境でも使える機能自体は同じなのですが、若干注意する点があり、それを踏まえつつ以下に紹介させていただきます。(Java Mission Controlの一般的なことについては、ページ最下部のリンクを参照してください) 1. Java Mission Controlが利用可能な、 Javaエンベデッドプラットフォーム  JMXコンソール(MBeanサーバー)   → Java SE Embedded 8のCompact 3とFull JREでサポート(ただしMinimal版VMは未サポート)...

リコーMFPにJava SEを搭載

オラクルの顧客事例サイトに、株式会社リコー様のデジタル複合機(MFP)へのJava SE搭載事例が掲載されました。2003年からJava MEを採用頂いていましたが、2011年よりJava SEを搭載しています。この事例サイトでは、Java採用に至る背景や、Java...

オラクルの顧客事例サイトに、株式会社リコー様のデジタル複合機(MFP)へのJava SE搭載事例が掲載されました。2003年からJava MEを採用頂いていましたが、2011年よりJava SEを搭載しています。この事例サイトでは、Java採用に至る背景や、Java MEからSEへの移行の経緯などが紹介されています。 株式会社リコー様リコー、MFPを中核とした「オフィスの生産性向上」と「ワークスタイル変革」の提供を目指し、プリントエンジンを制御するコントローラにJava SE を搭載株式会社リコーは、事業の中核となる画像&ソリューション事業において、MFPのプリントエンジンを制御するためのコントローラに、Java Platform, Standard Edition(Java SE)を搭載。顧客の課題解決やニーズに合わせた画像機器およびソリューションを提供することで、オフィスの生産性向上やワークスタイルの変革に貢献することを目指している。

オムロンのPLCにJava SEを採用

オラクルマガジンVol.16 2013年5月号の国内最新導入事例に、オムロン株式会社様の事例が掲載されました。産業用制御機器であるPLC (Programmable Logic Controller)にJava...

オラクルマガジンVol.16 2013年5月号の国内最新導入事例に、オムロン株式会社様の事例が掲載されました。産業用制御機器であるPLC (Programmable Logic Controller)にJava SEが採用されています。 オムロン株式会社様最新FAコントローラの開発プラットフォームにJavaを採用 シンプル・確実・高速にデータベースと接続オムロン株式会社(以下、オムロン)の事業の1つ、制御機器、およびファクトリーオートメーション(FA)システム事業を運営するインダストリアルオートメーションビジネスカンパニーは、FA用コントローラからセンサー、スイッチ、リレー、セーフティ機器まで、10万仕様を超える製品を提供。制御機器の分野において約40%という国内トップシェアを誇っている。さらなる競争優位性向上を目指して同カンパニーは、Sysmacマシンオートメーションコントローラ「NJシリーズ」のデータベース接続プラットフォームとして「Java Platform, Standard Edition(Java SE)」を採用した。

Oracle、Linux ARM用JDKおよびMac OS X用JREをリリース

原文: https://blogs.oracle.com/henrik/entry/oracle_releases_jdk_for_linux 本日、JDK 7 Update 6の公開をアナウンスしました。このリリースにはMac OS X版のアップデートや、Linux ARM向けの新しい移植版の追加が含まれています。...

原文: https://blogs.oracle.com/henrik/entry/oracle_releases_jdk_for_linux 本日、JDK 7 Update 6の公開をアナウンスしました。このリリースにはMac OS X版のアップデートや、Linux ARM向けの新しい移植版の追加が含まれています。 Java 7のMac OS Xへの移植は長い時間をかけて進められてきました。2010年11月からAppleとともにOpenJDKでの作業を始め、ここまでにJDK/JRE側とOS X側の両方で本当に多くの作業が必要でした。舞台裏では、ビルドやテストのインフラを拡張したり、JavaとOSのリリースサイクルの分離方法を見つけ出すといった、一見些細ですが時間のかかるタスクのために多くの作業が行われてきたのです。ともかく、この7u6リリースでのデスクトップJREの追加によって、ついに全機能セットが完成しました。java.oracle.comからダウンロードが可能になっており、一週間くらいでjava.comからも入手可能になるでしょう。 JDK...