X

An Oracle blog about Java Embedded, Japan

Java ME

Java ME Embedded 8を使ったGPIOを操作するアプリケーション開発(1/2)

以前ブログにて紹介した、Java ME Embedded 8を使ったM2Mアプリケーション開発の記事をご覧いただけたでしょうか。今回はJava ME Embedded 8を使ったGPIOを操作するアプリケーションの開発手順をご紹介したいと思います。 概要 デスクトップ開発環境を利用してGPIOを操作するJava ME...

以前ブログにて紹介した、Java ME Embedded 8を使ったM2Mアプリケーション開発の記事をご覧いただけたでしょうか。今回はJava ME Embedded 8を使ったGPIOを操作するアプリケーションの開発手順をご紹介したいと思います。 概要 デスクトップ開発環境を利用してGPIOを操作するJava ME Embedded 8のアプリケーションを作成します。スイッチボタン(入力)とLED(出力)はGPIOで接続していて、作成したアプリケーションを実行すると、ボタンを押すたびにLEDの状態を変更します。 ハードウェア要件 利用したハードウェアは以下になります。 Raspberry Pi Model B Revision 2.0 (512 MB) ブレッドボード ブレッドボードワイヤ プッシュボタン(モーメンタリ、4ピン推奨) LED(2.2V 順電圧、20mA推奨) 10KΩ抵抗(プッシュボタン用) 560Ω抵抗(LED用)...

Java ME Embedded 8を使ったM2Mアプリケーション開発 (3/3)

Java ME Embedded 8を使ったM2Mアプリケーション開発(2/3)の続きです。今回はRaspberry PiとNetBeansを使って、リモートデバッグを行う方法をご紹介します。NetBeansでステップ実行しながら、Raspberry Pi上で動くJavaアプリの様子をみることが可能となります。...

Java ME Embedded 8を使ったM2Mアプリケーション開発(2/3)の続きです。今回はRaspberry PiとNetBeansを使って、リモートデバッグを行う方法をご紹介します。NetBeansでステップ実行しながら、Raspberry Pi上で動くJavaアプリの様子をみることが可能となります。 ホストPCにはNetBeans 8.0, Java ME SDK 8, Java ME SDK 8 Plugins for NetBeans 8がインストールされており、Raspberry PiにはJava ME Embedded 8がインストールされていることが前提となります。 詳細は(1/3)(2/3)を参照してください。 1. Raspberry Piにログインして、Java ME Embedded 8のbinディレクトリ以下の、usertest.shを起動します。 >sudo ./usertest.sh 2. Java ME SDK 8のデバイスマネージャにRaspberry Piを登録します。...

Java ME Embedded 8を使ったM2Mアプリケーション開発 (1/3)

Java ME Embedded 8を使ったM2Mアプリケーションの開発手順をご紹介したいと思います。今回は、NetBeans 8.0を使い、エミュレータ上で簡単なサンプルアプリを動作するところまで行いたいと思います。 また、Java ME...

Java ME Embedded 8を使ったM2Mアプリケーションの開発手順をご紹介したいと思います。今回は、NetBeans 8.0を使い、エミュレータ上で簡単なサンプルアプリを動作するところまで行いたいと思います。 また、Java ME Embedded 8は、センサーデバイスや通信モジュール等の小型デバイスをターゲットとしたJavaの実行環境で、従来のもの(Java ME Embedded 3.x)と比較すると以下の特徴を備えており、開発効率がさらに上がっています。 言語仕様がJava SE Embedded 8と同期しており、APIもSE 8のサブセット版を実装していることから、SEとのソースコードの共有化が可能 New IO, コレクションフレームワーク等、SEで利用されている便利なAPIを追加 モバイル通信系のAPIの拡張。また従来通りGPIO, I2C等の低レベルH/WアクセスAPIも実装 開発用PCへのJava SEのインストール 開発用PCはWindows 7を想定しています。また開発用PCにはJava SE...

Oracle Java ME Embedded Client 1.1リリース

6月26日、組み込み機器向けのJava ME実行環境である、Oracle Java ME Embedded Client (OJEC) 1.1がリリースされました。CDC 1.1.2とFoundation Profile (FP) 1.1.2が事前構成されており、ARM, MIPS,...

6月26日、組み込み機器向けのJava ME実行環境である、Oracle Java ME Embedded Client (OJEC) 1.1がリリースされました。CDC 1.1.2とFoundation Profile (FP) 1.1.2が事前構成されており、ARM, MIPS, x86のLinuxデバイスで動作します。Security Optional Package, RMI, JDBC, XML API, Web Servicesなどのオプションも付属し、メモリサイズの要件に合わせて利用・削除することもできます。 2011年5月に公開された1.0と比べて、このリリースでは、XML APIの追加、数多くのバグ修正、パフォーマンスの向上がなされました。また、ターゲットに新たにx86アーキテクチャが追加され、x86アーキテクチャのJust-in-Time (JIT)コンパイルをサポートします。 ターゲットプラットフォームは下表の通りです(いずれもGUIなし)。アプリケーションの開発にはLinux...