RICOH & Java Developer Challenge Plus 2012

2013年1月23日にリコー様の学生向けJavaプログラミングコンテスト「Ricoh & Java Developer Challenge Plus 2012」最終選考会が開催され、プレスリリースやレポートが公開されています。今年度の大会では、対象機器を従来の複合機のみからプロジェクターにも拡げ、タブレットやクラウドとも連携した様々な作品が発表されました。

オラクル賞は北見工業大学の「北見工業大学医療画像研究室+」チームが受賞し、トロフィ代わりの社員犬キャンディのぬいぐるみをはじめ、OracleやJavaのロゴ入りグッズ一式が授与されました。発表本番ではトラブルのためプロジェクターへの出力が正常に動作しなかったのですが、JavaFXを採用したことが評価されました。

その他の受賞チームや選考会の様子は以下のサイトをご覧下さい。

  • 2013年1月24日 株式会社リコー ニュースリリース「Javaビジネスアプリの学生プログラミングコンテスト - インタラクティブサイネージを提案した産業技術大学院大学がグランプリ獲得」
  • 2013年1月25日 マイナビニュース「挑戦することに意義がある!」
  • 2013年2月8日 いまじおボットが行く!! Vol.8「最終選考会 潜入レポート2012」
  • Comments:

    Post a Comment:
    • HTML Syntax: NOT allowed
    About

    日本オラクルのエンベデッドJavaチームから、最新情報をお送りしていきます。

    Search

    Archives
    « 7月 2015
       
    1
    2
    3
    4
    5
    6
    7
    8
    9
    10
    11
    12
    13
    14
    15
    16
    17
    18
    19
    20
    21
    22
    23
    24
    25
    26
    27
    28
    29
    30
    31
     
           
    Today