新しいRaspberry Pi用Java ME Embedded 3.3 (早期アクセス版)


Oracleは小型の組み込み市場への新たな取り組みとして、JavaOne 2012でJava ME Embedded 3.2を発表しました。

本日、その後継である2つのエキサイティングなリリースを発表しました:
  1. Raspberry Pi用Java ME Embedded 3.3 (早期アクセス版)
  2. Java ME SDK 3.3 (早期アクセス版)
このリリースにより、Java開発者は、豊かな機能を持つ組み込みJava MEアプリケーションを開発し、人気のRaspberry Piボード上で実行できるようになりました。この新バージョンには多くの新機能や改良点が盛り込まれています:
  • Linux Wheezy (hard float版)を搭載するRaspberry PiモデルBのサポート
  • 複数のアプリを信頼性をもって並行処理するマルチタスキングVM
  • アプリ配信・管理機能のフルサポート
  • デバイスアクセスAPIの強化。GPIO、UART、I2C、SPIで接続したデバイスにJavaから直接アクセスすることが可能に
  • ネットワークとメモリの監視ツール
  • その他、Java ME Embedded実行環境およびJava ME SDK双方でのさまざまな機能拡張

Simon Ritterのwebcast、"Java ME Embedded on the Raspberry Pi"で短い概要紹介をご覧ください。 

Java ME EmbeddedやJava ME SDKについて、さらに調べたりダウンロードするにはこちらへどうぞ。概要説明やスタートガイド、FAQ、そして完全なドキュメントも用意されています。

Comments:

Post a Comment:
  • HTML Syntax: NOT allowed
About

日本オラクルのエンベデッドJavaチームから、最新情報をお送りしていきます。

Search

Archives
« 4月 2014
  
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   
       
Today