Java ME Embedded 8を使ったM2Mアプリケーション開発 (3/3)

Java ME Embedded 8を使ったM2Mアプリケーション開発(2/3)の続きです。今回はRaspberry PiとNetBeansを使って、リモートデバッグを行う方法をご紹介します。NetBeansでステップ実行しながら、Raspberry Pi上で動くJavaアプリの様子をみることが可能となります。 ホストPCにはNetBeans 8.0, Java ME SDK 8, Java ME SDK 8 Plugins for NetBeans 8がインストールされており、Raspberry PiにはJava ME Embedded 8がインストールされていることが前提となります。 詳細は(1/3)(2/3)を参照してください。

1. Raspberry Piにログインして、Java ME Embedded 8のbinディレクトリ以下の、usertest.shを起動します。

>sudo ./usertest.sh

2. Java ME SDK 8のデバイスマネージャにRaspberry Piを登録します。

デバイスマネージャの起動は、Java ME SDK 8がインストールされたWindows PCにておこないます。 ”SDKのインストールフォルダ”\bin\device-manager.exeをダブルクリックすると下記の画面が表示されます。

 Windowsのタスクバーからもデバイスマネージャを開くことも可能です。

デバイスマネージャの追加ボタンからRaspberry PiのIPアドレスを登録すれば終わりです。

3. NetBeansでリモートデバッグを行うための設定を行います。

1. Java ME Embedded 8を使ったM2Mアプリケーション開発 (1/3)で作成したサンプルアプリ(ネットワークのデモ (MEEP))のプロジェクトを右クリックし、プロパティ画面を開きます。

2. カテゴリプラットフォームを選択し、以下のように設定を行ってください。

    Java MEプラットフォーム: Oracle Java (TM) Platform Micro edition SDK 8.0

    デバイス: EmbeddedExternalDevice1 


3. ソースコードの任意の場所にブレークポイントを設定し、プロジェクトのデバッグを行います。デバッグ実行はCtrl + F5もしくは、デバッグメニューより開始することができます。デバッグ実行を開始すると、Raspberry Piにアプリが自動的にインストールされ、通常のデスクトップでのデバッグと同じ感覚で開発を行うことが可能になります。

 こちら→http://docs.oracle.com/javame/8.0/get-started-rpi/debugging.htm#BABCIJHAにも詳細を記載していますので、ご参照ください。

Comments:

Post a Comment:
  • HTML Syntax: NOT allowed
About

日本オラクルのエンベデッドJavaチームから、最新情報をお送りしていきます。

Search

Archives
« 7月 2015
   
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
 
       
Today