Java ME Embedded 8を使ったM2Mアプリケーション開発 (3/3)

Java ME Embedded 8を使ったM2Mアプリケーション開発 (2/3) の続きです。今回はRaspberry PiとNetBeansを使って、リモートデバッグを行う方法をご紹介します。NetBeansでステップ実行しながら、Raspberry Pi上で動くJavaアプリの様子をみることが可能となります。以下の説明は(1/3) / (2/3)で行った開発環境がすべて整っていることを前提とします。

注1) 現時点(2013年12月)ではOracle Java ME Embedded 8の正式リリースは2014年3月を予定しているため、今回はEarly Access版を使います。正式リリース前なので動作が不安定な場合があること、将来的に仕様変更が生じる可能性があることをご了承ください。
注2) Oracle Java ME Embedded 8 Early Access版は、開発を目的としてご提供させていただいております。 従ってセキュリティが十分に確保されていない環境でのご使用は避けてください。詳細はこちらのセキュリティガイドラインを参照ください。

1. ホストPC側で、Java ME SDK 8のインストールディレクトリのemulator.exeを起動します。 

>emulator.exe -Xjam -Xdevice:EmbeddedExternalDevice1

注)ホストPC側のポート55123が利用可能となっていることをご確認ください。

2. Raspberry Piにログインして、Java ME Embedded 8のbinディレクトリ以下の、usertest.shを起動します。

>sudo ./usertest.sh

注1)bin/run.shで、runMidletコマンドのオプションに、+UseProxyが設定されている必要があります。

注2)bin/jwc_properties.iniのVM_AGENT_ADDRESSにホストPCのIPアドレス/ホスト名が設定されている必要があります。

3. NetBeansでリモートデバッグを行うための設定を行います。

1. その1で作成したサンプルアプリプロジェクトを右クリックし、Properties画面を開きます。

2. CategoryからPlatformを選択します。

3. Emulator PlatformOracle Java(TM) Platform Micro Edition SDK 8.0 EAとなっていることを確認します。

4. Deviceメニューから、EmbeddedExternalDevice1を選択し、OKを押します。

Description of Figure 2-1 follows

5. 任意の場所にブレークポイントを設定し、プロジェクトのデバッグを行います。デバッグ実行はCtrl + F5もしくは、Debug -> Debug Projectを選んで開始することができます。デバッグ実行を開始すると、Raspberry Piにアプリが自動的にインストールされ、通常のデスクトップでのデバッグと同じ感覚で開発を行うことが可能になります。

リモートでバッグについてさらに詳細が必要な方はこちらを参照ください。

また、1/3, 2/3, 3/3までの情報はこちらを元に作成しております。必要に応じてご参照ください。

Comments:

Post a Comment:
  • HTML Syntax: NOT allowed
About

日本オラクルのエンベデッドJavaチームから、最新情報をお送りしていきます。

Search

Archives
« 4月 2014
  
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   
       
Today