水曜日 6 12, 2013

楽天が東光電気製ゲートウェイでデマンドレスポンス推進

2013年5月27日に、楽天株式会社様が、Java SE Embeddedを搭載した東光電気製ゲートウェイSTiNC IIを活用し、OpenADR準拠のデマンドレスポンスを推進すると発表しています。管理・制御ソフトウェアには、米国Wireless Glue Networks社のOpenADR対応Javaアプリケーションが使用されます。プレスリリースについては以下をご覧下さい。

プレスリリース「楽天、グローバルエンジニアリングと協業し、九州電力管内でOpenADR標準対応のデマンドレスポンスを推進—東光電気、米WGN社による新たなシステムを採用

東光電気様のSTiNC IIは、Java SE Embeddedを採用したARM Coretex-A8搭載Linuxゲートウェイ装置で、1-Wire (MicroLAN)やRS-485などの本体端子で直接センサー類に接続し、標準搭載のJavaアプリケーションでエネルギー管理が行なえます。

About

日本オラクルのエンベデッドJavaチームから、最新情報をお送りしていきます。

Search

Archives
« 6月 2013 »
      
1
2
3
5
6
7
8
9
10
11
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
      
Today