金曜日 5 31, 2013

Java Day Tokyo 2013

[2013年5月31日更新] 2013年5月14日(火)秋葉原UDXにてJava Day Tokyo 2013が開催されました。Java Embeddedのセッションもいくつかあり、展示コーナーではJava搭載のデバイスやデモを紹介しました。

OTNのページに当日のセッション資料と動画(一部を除く)が公開されています。Java Embeddedに関連するセッションを紹介します。

[L-1] 基調講演
Java Embeddedの開発責任者Nandini Ramaniらが、Java Embeddedを含む最新情報を紹介しました。

[B-2] Internet of ThingsにおけるJava: Small, Smart, Connected (Java ME Embedded)
Java MagazineのEmbedded特集号(第9号)のメイン特集で熱く語っているTerrence Barr (シニアテクノロジスト&製品マネージャー)が、Internet of Things (モノのインターネット)時代にJavaがいかに重要か、M2Mを支えるD2Dビジョンの紹介と、スマートデバイスに最適なJava ME Embedded (CLDCベースの新製品)について、Angela Caicedo(テクノロジスト エバンジェリスト)と共にデモを交えながら紹介しました。

[B-1] Raspberry Pi NightHacking (Java SE / JavaFXを楽しもう)
JavaFXで有名なStephen Chin(Javaテクノロジー アンバサダー)が、NetBeansとSceneBuilderを使ってJavaFXアプリケーションを作成し、安価なARMデバイスRaspberry Piで実行するデモを行ないました。後半にはAngela Caicedo(テクノロジスト エバンジェリスト)がLCDやセンサーを接続したRaspberry Piで奥行きのある3Dデモを紹介しました。

[C-3] Device to Data Centerを実現するJava Embedded Suite
D2Dの中でデバイスとデータセンターの中継の役割を果たすゲートウェイに最適な、Java SE、Java DB、GlassFish (Embedded版)を統合した新製品Java Embedded Suite、およびそのオプション製品である、リアルタイムにイベント処理を行なうOracle Event Processing (OEP) Embedded版(3月末にダウンロード公開開始)について紹介しました。このセッションの動画はありませんが、WebLogic Channelのレポート記事をご覧下さい。

[A-4] タブレット用のJavaFXアプリケーション開発
Jim Weaverが、MicrosoftのタブレットデバイスSurface Proを使い、JavaFXのマルチタッチ機能を使ったプログラミングについて紹介しました。


Java Embeddedデモ展示コーナー

火曜日 2 12, 2013

RICOH & Java Developer Challenge Plus 2012

2013年1月23日にリコー様の学生向けJavaプログラミングコンテスト「Ricoh & Java Developer Challenge Plus 2012」最終選考会が開催され、プレスリリースやレポートが公開されています。今年度の大会では、対象機器を従来の複合機のみからプロジェクターにも拡げ、タブレットやクラウドとも連携した様々な作品が発表されました。

オラクル賞は北見工業大学の「北見工業大学医療画像研究室+」チームが受賞し、トロフィ代わりの社員犬キャンディのぬいぐるみをはじめ、OracleやJavaのロゴ入りグッズ一式が授与されました。発表本番ではトラブルのためプロジェクターへの出力が正常に動作しなかったのですが、JavaFXを採用したことが評価されました。

その他の受賞チームや選考会の様子は以下のサイトをご覧下さい。

  • 2013年1月24日 株式会社リコー ニュースリリース「Javaビジネスアプリの学生プログラミングコンテスト - インタラクティブサイネージを提案した産業技術大学院大学がグランプリ獲得」
  • 2013年1月25日 マイナビニュース「挑戦することに意義がある!」
  • 2013年2月8日 いまじおボットが行く!! Vol.8「最終選考会 潜入レポート2012」
  • 木曜日 11 22, 2012

    ARM Technology Symposium 2012

    2012年12月6日(木)、東京コンファレンスセンター品川において、アーム株式会社主催「ARM Technology Symposium 2012」が開催され、日本オラクルの組み込みJavaチームも出展します。

    セッションでは、最後の時間枠(17:20〜17:50) [C-7]で「デバイスからデータセンターにいたる開発に最適なJava Embedded on ARM」と題して、JavaOne San Francisco 2012で発表された内容を中心に、ARMに特化した組み込みJavaの最新情報を紹介します。

    展示ブースでは、ARM搭載デバイスを使った組み込みJavaのデモを展示します。

    参加費は無料です。ぜひ登録してご参加下さい。

    月曜日 10 15, 2012

    Freescale Technology Forum Japan 2012

    2012年10月22日(月)・23日(火)、ザ・プリンスパークタワー東京において、Freescale Technology Forum Japan 2012が開催されます。日本オラクルのJava Embeddedチームもテクニカルセッションを担当します。JavaOne San Francisco 2012の発表内容も含む組込みJavaの最新情報と、組み込みデータベースの最新情報が聴けるチャンスです。参加費は無料です。是非ご参加下さい。

    テクニカルセッション

    テックラボ(展示会場)デモ

    • ヘルスケア、スマートグリッド、ホームゲートウェイ、M2Mを対象とした機器上にJava VMを搭載し、簡易クラウドサービス、Web管理コンソール、Java FXでデザインされたGUIなどのデモをお見せ致します。

    火曜日 8 28, 2012

    Java Embedded @ JavaOne

    2012年9月30日〜10月4日にサンフランシスコで開催される「JavaOne」では開発者向けのセッションなどを通して、組み込みデバイス向けのJavaプログラミングや詳細な最新技術を学ぶことができます。今年はJavaOneの後半10月3日〜4日に、役員クラスや意思決定責任者の方を対象としたサブ・カンファレンス「Java Embedded @ JavaOne」も同時開催されます。

    JavaOneのセッションとは別に、Java Embedded @ JavaOneのセッションが用意されています。日本からは、東光電気様のセッションにおいて、Java SE Embeddedを搭載したスマートグリッド汎用ゲートウェイ装置へのJavaプラットフォーム導入の利点、事例などをご紹介頂きます。

    ぜひ参加登録して下さい。Java Embedded @ JavaOneの参加費用は9月7日まで$595、9月28日まで$795、それ以降は$995です。お早めにお申し込み下さい。すでに「JavaOne」に参加申し込みされている方はプラス$100で参加できます。

    水曜日 4 18, 2012

    スマートグリッド向け組込機器セミナー

    スマートグリッド向け組込機器のセミナーが開催されます。

    このセミナーでは、組込機器からの視点にフォーカスして、組込機器のタイプ毎のマーケットサイズの成長速度、展望、アプローチを、独自調査に基づき、解説します。JavaOne Tokyoから技術ハイライトの報告、組込機器業界のキープレイヤーのイーソル様より事例の紹介、スマートメーター分野で最先端を走り続ける東光電気様より事例とマーケット展望を紹介いたします。

    「スマートグリッド向け組込機器の市場分析と事例紹介」
    参加費:無料
    対象:家電製造業、電力系事業者、通信事業者、メーター製造者、組込機器メーカ、組込機器インテグレータ、ハウスメーカー
    日時:2012年5月9日(水)13:00 ~17:00 (受付開始 12:30~)
    会場:日本オラクル株式会社 本社13Fセミナールーム

    詳細および登録は下記よりお願い致します。
    http://www.oracle.com/goto/jpm120509

    金曜日 2 03, 2012

    組み込みDBセミナー

    2012年2月3日に組み込みデータベース「Oracle Berkeley DB」のセミナーが開催され、製品概要や採用事例に加え、SQLiteとの互換性、Oracle DatabaseとのSyncなどの技術解説、キーバリューストア(KVS)、SQL、Javaでのアプリケーション開発をご紹介しました。

    組み込みDB「Oracle Berkeley DB」セミナー資料

    セミナー開催案内時のページはこちら

    金曜日 12 16, 2011

    Java Developer Workshop #2 セッション録画

    12/1に開催したJava Developer Workshop #2の全セッションの録画を公開しました。

    http://www.ustream.tv/channel/oracle-java-developer-workshop/videos

    プレゼン資料はこちらからダウンロード可能です。

    [Read More]

    金曜日 11 18, 2011

    Java Developer Workshop #2 開催!(12/1)

     12/1にオラクル青山センターにて、Java技術の最新情報や応用事例を紹介する開発者向けワークショップ(第2回:第1回の様子はこちら)を開催します!今回は、前半にオラクルからJavaFX/SE/EE/ME各プラットフォームの最新情報をお届けし、後半は"Polyglot Programming on Java VM"をテーマに、ScalaJRubyGroovyといったJava VM上で動作するさまざまな言語の特徴や使いどころについて、各言語コミュニティのキーパーソンからご紹介いただきます。

    基調講演では、Client Java GroupのVice Presidentで現在JavaFX開発の総責任者を務めるNandini Ramaniから、ついに正式リリースされたJavaFX 2.0の概要や特徴、今後のロードマップなどをお話しします。NandiniはJavaOneキーノートでのデモに毎年登場することでも有名で、今年のJavaOneではiPadやWindows、LinuxタブレットなどでのJavaFXのクロスプラットフォームデモが話題になりました。

    基調講演に続いて、日本オラクルの寺田、佐藤より、今年のJavaOneでのアップデートを中心としたJava EE/SE/ME各プラットフォームの最新情報をお届けします。いよいよその姿が見えて来たSE 8、クラウド対応を進めるEE、そしてSEやFXとの融合が進むMEと、いずれもその進歩に目が離せません。


    後半はJava VM言語祭り!まずはScalaコミュニティから「Scala実践プログラミング」の著者としても知られる水島さんにScalaの魅力を紹介していただきます。続いて日本JRubyユーザ会からは、JRuby/CRubyのコミッタとしても有名な中村さんから、JRubyの実用的な活用方法などをお話いただきます。最後にGroovyコミュニティから「プログラミングGROOVY」なども書かれている上原さんにGroovyの概要やJavaとの連携などについてご紹介いただきます。

    多様な言語のサポートはJava SE 7やJavaFX 2.0の重要なテーマの一つでもあります。Java VM上で動く主要言語を一度に学べるこの機会をぜひご活用ください!

    このイベントは、コチラからご登録いただければどなたでも参加費無料で参加できます。席数には限りがありますのでご興味のある方はぜひお早めに!また、当日ご来場いただけない方のためには下記でustreamでの中継も予定しています

    金曜日 10 14, 2011

    JavaOne 2011 Strategy Keynote ハイライト

    JavaOne2011 Strategy Keynote 2日目は、初日と同様JavaOneの顔であるAdam MessingerのMCで進行していきました。まずはAdamの上司Senior Vice PresidentのHasan Rizviが大きなStrategyとして、実績に裏打ちされた技術(Proven Technology)、コミュニティの協力(Community Driven)、オラクルのリーダーシップ(Oracle Leadership)、でJavaの進化を加速していくことを約束しました。また、ビジネスアプリケーションを数多く提供するオラクルらしく(?)、3つのStrategyそれぞれのスコアカード的なレビューが始まります。Technologyについては、JDK 7やJavaFX 2.0、Java SE for Embedded 7、OJEC1.0、OJWC3.0を予定い通りリリースできたとチェックが付き、更には今回JDK 7 for Mac OS X Developer Previewをリリースできた事を誇りました。CommunityではOpenJDK、JCP、JUGの活動を振り返り、LeadershipではJavaOne(Brazil, China, Russia, India)やJava Magazineへの継続したJava投資、活発なコミュニティ活動、それらの実績評価としてJDKダウンロード数、Java搭載TVや携帯電話数を紹介しました。

    このエントリーの続きでは、エンベデッドJavaグループの担当するJavaFXとJava MEにフォーカスしてStrategy Keynoteを紹介します! 

    [Read More]

    木曜日 10 13, 2011

    JavaOne 2011 Technical Keynote ハイライト

    JavaOne2011 サンフランシスコで10/2-5に開催されたJavaOne 2011は、キーノートではStrategy KeynoteよりもTechnical Keynoteを先に、最終日にはCommunity Keynoteをスケジュールと、よりエンジニアに寄った形で行われました。初日の幕は、"Livin the Java Life"ラップという随分とギークなミュージックビデオで開かれました。まずは、Vice PresidentのAdam MessingerからのWelcome Talk。今年のJavaOneの特色、テクノロジーフォーカスで、ユーザコミュニティを巻き込み、実に昨年の倍のスペースと参加者を擁して開催できた事を強調しました。また12月のJavaOne Latin Americaや来年4月のJavaOne Tokyoについての簡単なアナウンスがありました。

    このエントリーの続きでは、エンベデッドJavaグループの担当するJavaFXとJava MEにフォーカスしてTechnical Keynoteを紹介します!

    [Read More]

    月曜日 10 03, 2011

    JavaOne 2011 Keynoteライブストリーミング

    JavaOne2011のキーノートがライブでストリーミングされます!
    oracle.com/javaoneliveで誰でも見られるので乞うご期待です。

    気になるキーノートのスケジュールは・・
     10/3(Mon) 8:30-10:30 PT JavaOne Technical Keynote + Intel Keynote
          Speakers:Mark Reinhold, Chief Architect, Java Platform
                           Richard Bair, Chief Architect, Client Java Platform
                           Linda DeMichiel, Member of Java EE Technical Staff
                           Hinkmond Wong, Member of Java Embedded Technical Staff

    Java SEの進化、特にJava仮想マシンをターゲットにしたnon-Java言語、プラットフォームのModularization、JavaFXの進化、Java EEとクラウドや組込み、モバイルJavaについての新しい見方など、が予定されています。また、インテルキーノートでは、これまでのJava向けの最適化技術が紹介される予定です。

     10/4(Tue) 8:30-10:30 PT JavaOne Strategy Keynote + Juniper Network Keynote
          Speakers: Adam Messinger, Vice President of Development, Oracle Fusion Middleware
                           Cameron Purdy, Vice President, Development
                           Hasan Rizvi, Senior Vice President, Oracle Fusion Middleware and Java.

    オラクルの今後のJava戦略についての、Fusion Middleware開発グループのVice Presidentからの講演です。Juniper Networkからは、プログラマブルネットワーキングとネットワークアプリケーション開発についての紹介が予定されています。

     10/6(Tue) 8:45-10:30 PT JavaOne Community Keynote + IBM Community Keynote
          Speakers: Sharat Chander, Principal Product Director
                           
    JavaOne Program Committee Chairperson
                            Java Community Members

    Java Communityのキーノートと、IBMからはWebsphere Cloud Computingのチーフアーキテクトからクラウド基盤としてのJavaやスケーラビリティについて紹介が予定されています。

     

    月曜日 5 09, 2011

    Java Developer Workshop on 5/19

     5/19にオラクル青山センター(港区北青山)にて、Java技術の最新情報や応用事例を紹介する開発者向けワークショップを開催します。本ワークショップでは、デスクトップ/組み込み向けのJavaプラットフォームを中心に、Java SE(Standard Edition)、Java ME(Micro Edition)、Java FXの技術概要と最新情報、そしてこれらの技術のさまざまな応用事例を紹介します。

     基調講演では、Embedded JavaのチーフアーキテクトGreg Bollellaが、Java SEや組み込み分野で現在起こりつつあるエキサイティングな進化と、さらに未来を見据えた研究開発などについてお話します。さらに、セッションでは、JavaFX 2.0やNetBeans7.0の最新情報をはじめ、パートナー様によるOSGi最新動向(日立ソリューションズ様)、Blu-ray Javaプログラミング(ビジョネア様)、Javaベースの複合機プラットフォーム事例紹介(リコー様)など、Java開発者には抑えておきたいトピックが目白押しです!

    参加費は無料なので、興味のある方は是非お早めにコチラから申し込みください!!

    About

    日本オラクルのエンベデッドJavaチームから、最新情報をお送りしていきます。

    Search

    Archives
    « 4月 2014
      
    1
    2
    3
    4
    5
    6
    7
    8
    9
    10
    11
    12
    13
    14
    15
    16
    17
    18
    19
    20
    21
    22
    23
    24
    25
    26
    27
    28
    29
    30
       
           
    Today