月曜日 7 25, 2011

Fusion Middleware 11gR1 : 8月のリパック

2011年8月 (2011/08/09 予定)のFusion Middleware 11gR1 リパックについて記述します。

リパック内容の項目は以下の4点になります。

1. Fusion Middleware 11g (11.1.1.5.0)
2011年7月のリパックでHP-UX Itanium, HP-UX PA-RISCのプラットフォームを除いたプラットフォームでFusion Middleware 11g (11.1.1.5.0)への差し替えがありましたが、2011年8月のリパックでHP-UX Itanium, HP-UX PA-RISCのプラットフォームでも差し替えとなります。
Fusion Middleware 11g (11.1.1.5.0)の詳細については掲載済みのブログ(こちら)を参照してください。

2. Oracle iPlanet Web Server
Oracle iPlanet Web Server (旧称 Sun Java System Web Server)のメディアが最新版 7.0.11 に差し替えとなります。
対象となるプラットフォームは以下の通りです。

Platforms: HP-UX Itanium, HP-UX PA-RISC (他のプラットフォームは2011年7月のリパックにて対応済み)

3. Oracle Identity and Access Management
Oracle Identity and Access Management のメディアが最新版 (11.1.1.5.0) に差し替えとなります。
対象となるプラットフォームは、AIX, HP-UX Itanium, Linux x86, Linux x86-64, Solaris (SPARC), Solaris x86-64, Windows (32-bit), Windows x64 です。
このメディアには、前リリースには含まれていなかったOracle Entitlements Serverが新規追加となっています。(Oracle Entitlements Serverはこれまで10g版しかリリースしていませんでした。)
また、Oracle Access Manager Web Gatesが最新版 (11.1.1.5.0)に差し替え、Oracle Entitlements Server Security Module のメディア追加、Oracle Identity Manager Connectors のメディア追加、といった関連アップデートもあります。

4. Oracle Directory Server Enterprise Edition
Oracle Directory Server Enterprise Edition (旧称 Sun Directory Server Enterprise Edition) のメディアが最新版 (11.1.1.5.0) に差し替えとなります。
対象となるプラットフォームは、HP-UX PA-RISC, Linux x86, Linux x86-64, Solaris (SPARC), Solaris x86-64, Windows (32-bit), Windows x64 です。

今回のリパック内容は以上です。

金曜日 7 01, 2011

Fusion Middleware 11g (11.1.1.5.0)

2011年7月 (2011/07/12 予定)のFusion Middleware 11gR1 リパックにおいて、「11.1.1.5.0」のリリースも含まれています。ここでは、「11.1.1.5.0」に関する情報を取りまとめています。

1. 11.1.1.5.0の新規メディア
11.1.1.5.0というリリース・バージョンでリリースしているコンポーネント、リリースしていないコンポーネントがありますので、ここに11.1.1.5.0としてリリースしているものをリストしておきます。

  • Oracle WebLogic Server 11g (10.3.5)
  • Oracle SOA Suite 11g (11.1.1.5.0)  - BAM, BPEL, BPMなど
  • Oracle WebCenter Suite 11g (11.1.1.5.0)
  • Oracle JDeveloper 11g (11.1.1.5.0)
  • Oracle Identity Management 11g (11.1.1.5.0)  - OID, OIF, OVDなど
  • Oracle Fusion Middleware Repository Creation Utility 11g (11.1.1.5.0)
  • Oracle Enterprise Repository 11g (11.1.1.5.0)
  • Oracle Enterprise Content Management 11g (11.1.1.5.0)
  • Oracle Service Bus 11g (11.1.1.5.0)
  • Oracle Fusion Middleware Web Tier Utilities 11g (11.1.1.5.0)
  • Oracle Data Integrator 11g (11.1.1.5.0)

2. 11.1.1.5.0ではない前リリースのままのメディア
前リリースのままのメディアをリストしておきます。

  • Oracle Complex Event Processing 11g (11.1.1.4.0)
  • Oracle Portal, Forms, Reports and Discoverer 11g (11.1.1.4.0)
  • Oracle Business Process Analysis Suite 11g (11.1.1.3.0)
  • Oracle Service Registry 11g (11.1.1.2.0)
  • Oracle Identity and Access Management 11g (11.1.1.3.0)  - OAM, OAAM, OIMなど
  • Oracle Tuxedo 11g (11.1.1.2.0)

3. Sparse Release (差分リリース)
以下のメディアは前リリース(11.1.1.4 以前のリリース)がインストールされている環境にインストールするようになっています。

  • Oracle Identity Management 11g (11.1.1.5.0)
  • Oracle Fusion Middleware Web Tier Utilities 11g (11.1.1.5.0)

詳細は下記ドキュメント 「Oracle Fusion Middleware ダウンロード、インストール、構成のReadMe 11g Release 1 (11.1.1.5.0)」をご覧ください。

4. その他
その他、Fixed Bugs Listや更新情報などについてはNote#1316076.1 を参照してください。 (Noteの参照にはサポート契約が必要となります。)

以上です。

Fusion Middleware 11gR1 : 7月のリパック

2011年7月 (2011/07/12 予定)のFusion Middleware 11gR1 リパックについて記述します。

リパック内容の項目は以下の3点になります。

1. Oracle iPlanet Web Server
Oracle iPlanet Web Server (旧称 Sun Java System Web Server)のメディアが最新版 7.0.11 に差し替えとなります。
対象となるプラットフォームは以下の通りです。

Platforms: AIX, Linux x86, Linux x86-64, Solaris (SPARC), Solaris x86, Windows (32-bit), Windows x64

2. Oracle Tuxedo
Oracle Service Architecture Leveraging Tuxedo (SALT) のメディアが最新版 (11.1.1.2.2.) に差し替えとなります。
対象となるプラットフォームは、Linux x86, Linux x86-64, Solaris (SPARC) です。
また、Windows x64 プラットフォームに新規メディアとして「Oracle Tuxedo 11gR1 (11.1.1.2.0) for Microsoft Windows 7 with VS2008 (64-bit)」が追加となります。

3. Fusion Middleware 11g (11.1.1.5.0)
11.1.1.5.0 に関してはこの後別スレッドにてブログ投稿したいと思います。

今回のリパック内容は以上です。

About

日本における『Oracle Fusion Middleware』 製品リリース情報

Search

Categories
Archives
« 4月 2014
  
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   
       
Today