Oracle Privileged Account Manager

先 週、Oracle Identity Management 11g Release 2 のアナウンスがありました。

こ こでは、そこでアナウンスしていた新製品 "Oracle Privileged Account Manager" (OPAM) について紹介してみたいと思います。

"Privileged" とは日本語で"特権を持つ", "特権のある"といった意味になります。

OPAM は、Linux / Unixの"root"、Oracleデータベースの"sys"といった特権を持つアカウントのパスワードへのアクセスを管理するために設計されたパス ワード管理ソリューション製品です。

言 葉で説明するよりも、デモをご覧いただくほうが理解できるかと思いますので、OTNに公開されたViewletデモをご覧いただければと思います。
英語を理解するのは難しいが、英語での説明部分についても知りたいという方のために、概略になりますがここに日本語で記述しておきます。

  • Webのユーザー・インタフェースから"jdoe"というユーザーでログイン します。
  • "Search Results"セクションにOracleデータベースにおけるいくつかの特権ユーザーがリストされます。
  • その中から"SYSTEM"というアカウントのパスワードを得るために "Check Out"ボタンをクリックします。
  • "Check-out Account - Success"という画面で、"Show Password"をチェックして、パスワードを確認します。
  • ターミナル画面において、"sqlplus"を使用して、"SYSTEM" ユーザーと先ほどのパスワードでログインします。
  • "SYSTEM"ユーザーでの作業が完了し、再びOPAMのWeb画面に戻 り、"Check In"ボタンをクリックすることで、新しいランダム・パスワードにリセットされ、先ほどのパスワードは無効となります。
  • ターミナル画面で、試しに先ほどまでのパスワードでログインしようとすると、 "ORA-01017"のエラーでログインできないことを示しています。
  • Web画面だけではなく、コマンド・ライン・ツールでの操作もできることを説 明して終了です。

OPAM についての各種資料はOTNのページ(英語)にありますのでアクセスしてみてください。

先週のOracle Identity Management 11g Release 2 のプレス・リリース(英語)、Oracle Privileged Account Manager のプレス・リリース (英語) についてもアクセスしてみていただければと思います。

Comments:

Post a Comment:
  • HTML Syntax: NOT allowed
About

日本における『Oracle Fusion Middleware』 製品リリース情報

Search

Categories
Archives
« 4月 2014
  
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   
       
Today