Oracle Fusion Middleware Certifications (システム要件)

英語のブログですが、”Welcome Fusion Middleware to Certify!” というタイトルのブログが掲載されたので紹介しておきます。

このブログに記述されている内容を以下に要約します。

Oracle Fusion Middlewareが、どのOS(オペレーティング・システム)で動作することをサポートしているのか、どのJDKバージョンをサポートしているのか、どのブラウザをサポートしているのか、など製品のインストールにおいて確認しておくべきサーティフィケーション(システム要件)情報が必要になります。

Oracle Fusion Middlewareではそれらの情報をOracle Technology Network (OTN) に “Certification Central Hub” と呼ぶページにまとめていますが、今回それらをMy Oracle Support (MOS) で提供しているCertificationsのページにおいても確認できるようになりました。
MOSのCertificationsページは日本語メニュー形式でアクセスする場合、”詳細..”メニューの中の”動作保証”になります。
(Oracle Databaseなど様々なOracle製品のサーティフィケーション情報がMOSで提供されていましたが、Oracle Fusion Middlewareのサーティフィケーション情報はいままで”Certification Central Hub”のページにしかありませんでした。)

ただし、MOSのCertificationsページと”Certification Central Hub”ページで提供しているサーティフィケーション項目には違いがあり、紹介したブログではそれらをマトリックスでまとめてあります。また、MOSのKnowledge Document 1368736.1 にもその詳細がまとめられています。

なお、MOSへのアクセスにはサポート契約が必要となります。

以上。

Comments:

Post a Comment:
  • HTML Syntax: NOT allowed
About

日本における『Oracle Fusion Middleware』 製品リリース情報

Search

Categories
Archives
« 4月 2014
  
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   
       
Today