火曜日 11 05, 2013

Java EE and GlassFish Server ロードマップについて

"The Aquarium"のブログ・サイトなどでご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、GlassFish Serverのロードマップに関するブログが公開されました。

詳細については、上記のブログや関連記事などで確認いただきたいと思います。ここでは、GlassFish Serverについて、製品リリースの観点からいくつかのポイントを記述しておきます。

GlassFish Serverには、オープン・ソース版と商用版(ライセンス、サポート契約が可能なリリース)の二つがあります。

オープン・ソース版については、すでに"GlassFish Server 4"というバージョンがリリースされており、2014年以降のリリース・プラン(オープン・ソース版であるGlassFish Server 4.1)についての変更はありません。

商用版については、現在、Oracle Fusion Middleware 11gのMedia Packに、Oracle GlassFish Server 3.1.2というバージョンでリリースしていますが、今後新しいバージョン(例えば、Oracle GlassFish Server 4.x)の製品リリースはありません。

Oracle GlassFish Server 3.1.2を含めて、商用版としてリリース済みであるOracle GlassFish Server 2.1.xおよび3.1.xは、ライフタイム・サポート・ポリシーに従い、サポートは継続されます。

以上です。

About

日本における『Oracle Fusion Middleware』 製品リリース情報

Search

Categories
Archives
« 11月 2013 »
     
1
2
3
4
6
7
9
10
11
12
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
       
Today