時差の話

Ian Murdock 氏の記事にてちょっと触れましたが、今週は US にて OS 関係の人々が集まる conference が行われるためにカリフォルニアに来ています。現在こちらは午後の 15 時前、日本は朝 7 時前といったところでしょうか。なんとか日本時間で毎日ネタを post できるように頑張れればと思います。今日は飛行機と車での移動に疲れたので、軽めのネタにします。

確か先々週あたりからアメリカでは夏時間 (Daylight Saving Time: DST) が始まっていて、カリフォルニアは日本との時差が普段は 17 時間なのですが、夏時間だと 16 時間となります。今年から確か夏時間開始が 1 週間だか 2 週間早まり、3 月の第 2 週くらいから夏時間となっています。(すみません、正確な開始日は調べるパワーが今ありません)。まぁ、普段といったところで、3 月から確か 10 月までが夏時間なので、半年以上は Daylight を Saving しているわけで、どちらが「普段」というかは難しいところではあります。かと言って時差 17 時間の方を Daylight Wasting Time というようなネガティブな表現にしないのはさすがポジティブなアメリカ人と言ったところでしょうか(?)。

行きの飛行機は各席にディスプレイが着いていて、映画を見たりゲームをしたりできる機体だったのですが、そこで、現在の飛行状況というものを見ることができました。 到着予定時間はチケット等では朝 9 時台なのに、ずっと 8 時台と表示されていました。これって多分 DST のパッチが適用されていないのでは。。組み込み OS っぽいから、パッチを適用した ROM か firmware に置き換えとなるのだろうか。。などと思いました。それと、それまで飛んだ距離と残り距離の合計が少しずつ増えていました。確か最初の頃は合計 8550km だったのに、どうも一の位の数字が安定しないなーと思っていて、少し寝て起きたら合計値が 8630km とかになっていました。今回は気流の不安定なところも普段よりやや多かった感じなので、少し遠回りをしたということなのでしょうか。 

出張に来るたびにわずかに前回と違う点を見かけて興味深いのですが、今回は、サンフランシスコ国際空港内の案内看板 (出口、とかそういうやつ) に中国語と韓国語と日本語が書いてあることに気づきました。今までは英語しかなかったような気がします。なお、ゲートを出てロビーに出たら案内看板は以前同様英語だけでした。中国、韓国、日本から来る人が以前より増えたということでしょうか。

それと、Inspection のゲートに、E-Passport (多分 IC チップ入りパスポート) 用の窓口ができていました。ですが、飛行機が到着すると人数がどっと窓口に押し寄せて混雑し、それを解消するために US Citizen 用窓口も Foreign People 用窓口も E-Passport 用窓口もみんなで協力して Foreign People に対応してしまうので、ゲートを分けている意味があまり無いような気はしましたが。。

投稿されたコメント:

コメント
  • HTML文法 不許可
About

user13138578

Search

Archives
« 4月 2014
  
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   
       
今日