『大学の IT コンプライアンス』という本の一部を書かせていただきました

このたび、Sun のソリューションを本による出版という形で先日 (6 月 15 日) 世に公開することができました。本のタイトルは『大学の IT コンプライアンス Vol.1 - 違法コピーで大学が潰れる! IT コンプライアンスを起点に新しい大学経営を考える』です。Amazon.co.jp ではこちらから購入可能です。

http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4903859029/503-6812467-9639914?

静岡学術出版という、静岡大学発のベンチャー ITSC の出版部門からの出版となります。

(中日新聞のサイトに以下 URL で取り上げられていたのですが、速報ニュースは 1 週間で消えてしまうとのことです。Google のキャッシュには残っています。)
http://www.chunichi.co.jp/article/shizuoka/20070518/CK2007051802017115.html

http://sun.ap.teacup.com/applet/puusan/msgcate2/archive

出版費用を 5 分の 1 程度に抑えるとのことで、巻末に以下のようなフレーズがあります。

本の世界も「少品種大量生産」から「多品種少量生産」の時代に!
(巻末: 「静岡学術出版 理工学新書」の刊行にあたって、より引用)

本の章立ては以下のようになっています。(Amazon.co.jp にも書いてありますが)

  1. IT 無統制からの脱却
  2. IT 資産管理のベストプラクティス
  3. IT コンプライアンス実現の対応策 1 - シンクライアントシステムへの転換
  4. IT コンプライアンス実現の対応策 2 - フリーソフトの徹底的活用方法
  5. IT コンプライアンス実現の対応策 3 - 統合認証システムの現状と重要性
  6. IT コンプライアンス実現の対応策 4 - 大災害でも大学は継続する! BCP の展開
うち、Sun では第 3 章を文教担当 SE 小林さん、第 4 章を私、第 5 章をソフトウェア・インフラストラクチャ・ソリューション担当の中山さんが執筆を担当しました。シンクライアントは Sun Ray、フリーソフトは主に OpenSolaris、統合認証は Sun Java Identity 管理製品群を宣伝させていただきつつも、コンプライアンス実現に向けての一般的方法論・ソリューションについての解説を記載させていただきました。
投稿されたコメント:

[Trackback] java��ʤ��?��java��ʼ��$ζ˰դȤ�

Posted by java��ʤ��?��java��ʼ��$ζ˰դȤ� on 6月月 19日, 2007年 at 04:28 午前 JST #

コメント
  • HTML文法 不許可
About

user13138578

Search

Archives
« 4月 2014
  
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   
       
今日