SXDE 5/07 インストール

今日は Solaris Night Seminar 2nd です。内容は明日の記事としようと思います。 

先日記載の SXDE 5/07 ですが、早速(?)インストールしてみました。結論から言いますと、途中英語で出てくるメッセージをちゃんと読まないでてきとーに先に進むと「??」になってしまうことがありますのでご注意ください。以下詳細です。

よく SXDE の紹介で「インストールが簡略化された」とあるのですが、少々マニアじゃないと気付かないかもしれません。というのも、GUI でしかも DVD からのインストールでないとこの「簡略化されたインストール」は体験できない (2/07 時点、5/07 では未確認) からです。しかも、見える GUI は同じで、ユーザーに入力を求める項目が非常に少なくなっているところが簡略化のポイントです。どのあたりが少なくなっているかは、sasanuma さんの虎の巻をご参照ください。

というわけで、DVD でマシンをブートし、GRUB メニューで Solaris Express Developer Edition を選ぶとこの簡易化インストーラが動作するのでそれを選択しました。

まず最初に「...」と表示されます。ここでは x86_miniroot というファイルがメモリ上にミニルートとして展開されているようです。展開が終わると kernel が起動し、configuring /dev と表示された後にインストール方法の選択になります。

  1. solaris interactive
  2. apply driver updates
  3. single user shell

放っておくと 1 が選ばれ、以下のように表示されます。

Setting up Java. Please wait...
Extracting windowing system. Please wait...
Beginning system identification
configuration file (読めなかった)

その後、kdmconfig が起動し、キーボードを選択すると、コンソール画面上で以下のように表示されます。最後だけなんとなく読むと、ただ ENTER を押せばいいのかと思ってしまうかもしれませんが、実はこれは「次に GUI 画面がちゃんと出たら 30 秒以内に再度 ENTER を押さないとコンソールモードになりますよ」というメッセージです。

discovering additional network configuration...
Starting Solaris Interactive (graphical user interface) Installation.

You must repond to the first question within 30 seconds
or the installer proceeds in a non-window environment
(console mode)
.

If the screen becomes blank or unreadable the installer
proceeds in console mode.

If the screen does not properly revert to console mode,
restart the installation and make the following selection:
Solaris Interactive Text (Console session)

Press ENTER to continue.

ここで 1 回目の ENTER を押すと、xorg.conf を作成しているようなメッセージが表示され、続けて X を起動しようとします。ここでグラフィックシステムの認識などがうまくいくと、X が起動し、小さな GUI ウィンドウが表示され、以下のように ENTER を再度押すように促されます。

If the screen is legible, press ENTER in this window.

ここで ENTER を押さずに放置すると、グラフィックシステム認識がうまくいかなかったとインストーラーが判断し、コンソールモードになってしまいます。コンソールモードになり、さらに X 周りのエラーメッセージを表示してインストーラーが終了し、「#」のコマンドプロンプトが表示され、「??」となってしまうかもしれません。

/usr/openwin/bin/xinit: conenection to X server lost.

ERROR: The X Window System failed to initialize. The most likely
cause is that your graphics display device is not supported.
For a text-based installation, you must install by choosing the
'Solaris Express' option from the GRUB menu. This option requires
more configuration information than the
'Solaris Express, Developer Edition' option.
#

事情をいくらか知りつつメッセージをよく読まないとわかりにくいかもしれませんが、SXDE 5/07 のインストーラー (いわゆる簡略化版で開発ツールもインストールされるやつ) はグラフィックモードのみの対応で、コンソールモード非対応です。コンソールモード対応のインストールは「Solaris Express」(Developer Edition ではなく) を選ぶようにというメッセージです。

長くなりましたので続きは次回とさせていただきますが、ここまでをまとめると、

  • リソースが要件を満たし、グラフィックシステムが自動認識されるであろうマシンなら、Solaris Express Developer Edition を GRUB で選択し、GUI インストーラー起動まで ENTER は計 2 回押す。
  • リソースが要件を満たさないマシンの場合、GRUB メニューでは Solaris Express を選ぶ。ただし、グラフィックシステムが自動認識されなかったり、GUI インストールに必要なメモリが足りない場合は、コンソールモードでのインストールとなる。開発ツールは後からインストールする。
となります。インストール所要時間は、Acer Ferrari 3400 (メモリ 2GB) にて OS が 1 時間、開発ツールが 20 分ほどでした。
投稿されたコメント:

コメント
  • HTML文法 不許可
About

user13138578

Search

Archives
« 4月 2014
  
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   
       
今日