CBC での Solaris 10 システム管理ブリーフィング 2007/02/22

2 月 15 日と同じエンドユーザー企業様の別の方々向けで、東京 CBC にて Solaris 10 システム管理ブリーフィングにて DTrace のプレゼンテーションとデモを 2 月 22 日に行いました。今回も Solaris をいろいろと使っていただいているお客様ならではのご質問をいただきました。

  • Q1: SMF でランレベルを変更するとあったがイメージがいまいち掴めない
  • Q2: SMF はがサービスを起動し直す際に、停止した原因が取り除かれていないために、何度も起動し直そうとしてピンポン状態になってしまったりしないか?
  • Q3: svcadm disable は reboot 後も有効か?
  • Q4: SMF 管理下のサービスと legacy run のサービスはどちらの起動が先か?
  • Q5: SMF のマイルストーンが 3 つ (single-user, multi-user, multi-user-server) あるとのことだがその意味は?
  • Q6: Apache は自分たちでコンパイルしたものを使っているが、共存可能か?
  • Q7: Apache のログはどこに出る?
  • Q8: サービスに何かあった際にどう通知すればよいか?
  • Q9: #!/usr/sbin/dtrace -s の "-s" は?
  • Q10: syscall:::entry は負荷がかかりそうだが?
  • Q11: flowindent の例で _start の return が 4 回なのはなぜ?
  • Q12: DTrace で観測点を絞り込むとあったが、具体的には?
  • Q13: DTrace を root 以外が使う方法は?
  • Q14: DTrace で zone の観測を行うには?
前回に引き続き今回の回答も後日記載予定です。
投稿されたコメント:

コメント
  • HTML文法 不許可
About

user13138578

Search

Archives
« 4月 2014
  
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   
       
今日