OI-151a 日本語入力

OpenIndiana 151a  で日本語入力 (Anthy) を可能にする。

$ sudo pkg install ibus/anthy

システム->設定->iBus の設定で IBus を起動する。

IBus 初期起動時、IBus が使えない場合は

.bashrc に下記3行を追加するようにとメッセージが表示される。

export GTK_IM_MODULE=ibus
export XMODIFIERS=@im=ibus
export QT_IM_MODULE=ibus

毎回ログインごとに、IBus を起動させる必要あるかも。。

毎回起動しなくて済む方法は以下のとおりです。 どちらかすきな方法で。

 1)  サーバとかで共有する場合、下記の sh スクリプトを Solaris 11 と同じように

        /etc/X11/xinit/xinitrc.d/0210.im  

 とかの名前にして置く。

#!/bin/sh
if [ -x /usr/bin/ibus-daemon ]; then
/usr/bin/ibus-daemon -x &
export GTK_IM_MODULE='ibus'
export XMODIFIERS='@im=ibus'
fi

 2)  $HOME/.profile に以下の部分を追加で記述しておく。

if [ -x /usr/bin/ibus-daemon ]; then
/usr/bin/ibus-daemon -x &
export GTK_IM_MODULE='ibus'
export XMODIFIERS='@im=ibus'
fi


 

投稿されたコメント:

コメント
  • HTML文法 不許可
About

サーバ/ストレージ製品や Solaris の最新情報(記事、ドキュメント)を紹介していきます。

Search

Categories
Archives
« 4月 2014
  
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   
       
今日