理屈どおりにいかないのが野球の怖さ

巨人5-1横浜

今日は、木佐貫と工藤が先発。
3回ヒットと相手のエラーでもらった
無死1,2塁のチャンスに打席には木佐貫。
バントを決めて、由伸につなぐべき場面で、
バント空振り三振。しかもランナー飛び出してゲッツー。
さらに2死1塁で、1塁ランナーがけん制アウト。
最悪の形の三者凡退で、次の横浜の攻撃は、
2塁打とエラーで、無死1,3塁。
こりゃ、完璧に流れは横浜へ。
やられるな・・・・という展開だったけど、
内野ゴロなどで、この回1点も取られず。
最近、不安定なピッチングがつづいてた投手陣だけど、
今日の木佐貫は、ボール先行でリズム悪いながらも、
なんだかんだで1安打ピッチングで6回まで。
そして、7回表も2アウト。
ここまでの木佐貫は、あと1人で7回を投げ切るというところで、
図ったように打たれてきた。しかも、手痛い一発を食らうことが多い。
2アウトとなって、打者・吉村。2-1と追い込み、
今日こそ大丈夫か?というところで、フォークがワンバウンドして2-2.
やや力みすぎ?
そして、次の球。魔が差したように真ん中付近にいった球を打たれ、
打球はレフトスタンドぎりぎりに入ってしまう。
この日与えた2本目のヒットが痛恨の失点。
またまた、魔の7回ツーアウト。悪いジンクスを破れず。

打線も工藤を捕らえきれないし、直前の6回は
チャンスに小笠原、阿部が凡退。このまま押さえ込まれるのか?という
いやーな流れの中7回裏の攻撃。
でも、野球の流れって理屈じゃ片付かない。

二岡:ライトへのポテンヒット。
スンヨプ:センターへのフライ。。。だったけど、長打警戒でセンターが後ろに守ってたので、
     前にぽとりと落ちるヒット。二岡もいい判断で一気に3塁へ。
ホリンズ:センター前へぎりぎりでワンバウンドするヒット。
     ダイビングで取ろうとした金城がはじいて2塁打に。2,3塁。
木村:1塁線ぎりぎりに転がった当たりは、ファーストのグラブをかすめてライトへ2塁打。
   3-1と逆転。

会心の当たりが1本もないのに、4安打集中であっという間の逆転。
このあと、1,2塁となったところで、由伸にバントさせたら、空振りして
2塁ランナーがアウト。
今日は、ほんと細かい野球はまるでダメ。
で、1死1塁となって由伸が打った当たりは、センターフライかと思ったら、
前にぽとりと落ちてヒット。
そして、谷がこれまた、センター横へと落ちるヒットで、さらに1点追加。
2アウト後、阿部の1,2塁間のゴロは、ファーストの横をギリギリですりぬける
内野安打。また1点追加。

なんとまぁ、横浜にとってみれば、アンラッキーなヒットが出るわ、出るわの計7安打で
一挙5得点。吉村の一発で流れは横浜だと思ったのに、これだから野球は怖い。
凡ミスでチャンスをつぶしたあとには、必ずといっていいほどピンチがきて、
点を取られる・・・・とは限らない。
せっかく0-0で頑張ってきても、終盤に不用意に一発を打たれたら、
悔しい敗戦におわる・・とは限らない。
野球のセオリーとか、●●したら○○になる、といった理屈では
説明がつかないのが、野球の不思議なところ。
結局終わってみれば、久しぶりに1失点での勝利。
あぶなかしく見えた木佐貫も実は打たれたヒットは2本だけなんだよね。
「5対1」という快勝スコアとは不釣合いな、どたばたな内容の試合だったけど
勝ててなにより。。。

投稿されたコメント:

コメント
  • HTML文法 不許可
About

hanaki

Search

Archives
« 4月 2014
  
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   
       
今日