.zfs ディレクトリの NFSv3 対応

つい昨夜 Rob が、NFSv3 による .zfs/snapshot へのアクセスを追加しました。これで、v3 と v4 の両方がスナップショットにアクセスできます。

fsh-weakfish# mount -o vers=3 fsh-mullet:/pool /mnt
fsh-weakfish# ls /mnt/.zfs/snapshot
krispies
fsh-weakfish# ls /mnt/.zfs/snapshot/krispies
neat.txt
fsh-weakfish# cat /mnt/.zfs/snapshot/krispies/neat.txt
hi
fsh-weakfish# 

v4 への対応をいかにして行なったかに関する以前のブログで、新しいデータ構造「fhandle_ext_t」を紹介しました。その構造は現在、v4 が扱うファイルハンドル (現在は v3 のプロトコル上の制限に合わせている) を大きくする場合のコード変更に備え、fhandle4_t にリネームされています。NFSv3では、同様に、fhandle3_t というデータ構造を用いています。

ここまで紹介した変更は、nevada の build 36 に取り込まれます。

Comments:

Post a Comment:
Comments are closed for this entry.
About

erickustarz

Search

Categories
Archives
« April 2014
SunMonTueWedThuFriSat
  
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   
       
Today