月曜日 1 06, 2014

P6 EPPMとP6 Professional

皆様、あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

さて、2014年最初の記事は改めてPrimavera P6の製品の細かい種類(パッケージ)について説明したいと思います。

Primavera製品の歴史は30年の歴史がありますが、P6という製品は2007年に登場し、2014年初での最新リリースはR8.3です。最初のP6はクライアント/サーバー型のアークテクチャを採用していて、R7から既存のC/S型に加えてWeb型のアプリケーションが追加されました。

このクライアントの混在は、エンタープライズレベルでの利用においてPrimaveraが意図した形態であり、特にマネジメント系の方向けにWeb型のアプリケーションが使われることが期待されていました。とはいえその後の度重なる改良で、Web型にもプロジェクトマネージャ、プロジェクトメンバーでも利用できるように細かい機能も次々と提供されてきました。

現在、この2つのアプリケーションはそれぞれのライセンスで提供されており、以下の2つに整理されます。

  • Web型:製品名称「P6 Enterprise Project Portfolio Management (通称:P6 EPPM)」
  • C/S型:製品名称「P6 Professional Project Management(通称:P6 Professional)」

尚、P6 EPPMにはP6 Professionalの使用権限が含まれています。

従来からP6をお使いのお客様は、ほとんどが旧来のアプリケーション=C/S型=P6 Professionalをお使いいただいていますが、ここ数年で海外ではP6 EPPMを合わせた混在型が増えてきており、日本でも徐々に事例が出始めてきています。

それぞれに長所があり、互いに強みを活かしながら、今でも双方が機能拡張を続けています。今後の更なる拡張にご期待ください。

[Read More]
About

このページはオラクルPrimavera製品に関する情報サイト(ブログ)です。 EPPMはEnterprise Project Portfolio Managementで、Primaveraが強く推奨しているコンセプトです。

Search

Archives
« 1月 2014 »
   
1
2
3
4
5
7
8
9
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
 
       
Today