水曜日 4 16, 2014

P6 Analytics R3.3 リリース!

春の新バージョンリリース・ラッシュ、第3弾はP6 Analyticsです。

P6 Analytics R3.3はツール管理機能の充実のためのリリースで、今回からいよいよ管理画面がWebブラウザ型になりました。

R3.3のハイライトは以下の通りです。

  • Webベースの管理者向け設定画面の提供
    • ETLプロセスの構成
    • ETLプロセス実行のスケジュール設定
    • ETL実行ログの確認、など
  • ユーザー定義フィールドへの対応強化
    • ユーザー定義フィールドが20までしか対応しておらず、それ以上はOracle BIの.rpdファイルを直接編集しなければならなかったが、この制限が40までに拡張。
    • 同様に、コード類も20までしか対応していなかったものを、50までに拡張。


 ところで、「そもそもP6 Analyticsって何?」という方へ。

Primavera P6 Analyticsは、プロジェクト・ポートフォリオ・マネジメントに関わるデータ分析のためのソリューションです。

主として、P6のデータを活用しますがプロジェクトデータのソースとしてはP6以外でも構いません。

以下の特長があります。

  • P6のオンラインDBに比べると、一定間隔(例:月次)のスナップショットデータを蓄積するので、経時の分析などが可能になります。
  • P6のオンライン画面と比べると、自由にクエリーを定義できるので、様々なデータの分析を自分の見たい目的に合わせて実行できます。
  • 数多くのサンプルを組み込んでいるので、KPIの定義、レポートの作成など、データ分析環境の立ち上げがスムーズになります。

技術的な特徴としては以下の通りです。

  • Oracle BIの機能を流用しています。長年培ったビジネス・インテリジェンス(BI)のノウハウを活用できます。
  • P6をモデルとしたデータ定義が既に実装されています。一からデータの定義をする必要はありません。
  • P6 -> P6 Analyticsの間のETL設定機能が提供されます。ウィザード形式の分かりやすい画面でどのデータを分析環境に持っていくか、などを定義することが容易に実現できます。

P6 Analyticsの詳細については、ぜひこちらもご覧ください。


火曜日 9 10, 2013

千代田化工建設様ご講演@Oracle Open World - San Fransisco

9月24日−25日にかけてアメリカ、サンフランシスコで行われるオラクル・オープン・ワールド2013において、Leaders Circleの建設サミットのセッショントラックにて、日本から千代田化工建設株式会社の増川様がグローバルでのプロジェクト/プログラム管理への取り組 みについてご講演いただくことになりました。

世界中のオラクルのユーザー企業からC−レベルの方々が集まる場において、日本のユーザー様が事例とメッセージを発信する、というのは大変素晴らしいことだと思います。

オープンワールドに行かれる方は是非、また行かれない方も何かしらの方法で今後情報共有ができればと考えております。

詳細はこちらをご覧ください(英語)
[Read More]
About

このページはオラクルPrimavera製品に関する情報サイト(ブログ)です。 EPPMはEnterprise Project Portfolio Managementで、Primaveraが強く推奨しているコンセプトです。

Search

Archives
« 4月 2014
  
2
3
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   
       
Today