木曜日 11 21, 2013

システム停止時間を最短化し、柔軟かつ安全にデータベースをアップグレードする方法とは?──国内企業でも進むOracle GoldenGateの活用

最新のデータベースに備わる先進機能の恩恵を受けたいが、アップグレードのためにシステムを長時間停止させるのは難しいし、アップグレードに伴うトラブルも心配だ──そんな企業の悩みを解消するためにオラクルが提供しているのが、データ・レプリケーション製品の「Oracle GoldenGate」だ。同製品をデータベース・アップグレードで活用する利点や、実際に活用を進める企業の事例などを製品担当者が紹介する。(川添貴生)

[Read More]

月曜日 10 07, 2013

DBアップグレード時の性能問題をインフラ部門で大幅に解消!──Oracle Real Application Testingが実現する“簡単アップグレード”の世界

Oracle Databaseをアップグレードする際に注意したいことの1つが、オプティマイザの処理方式の変更などに伴うSQLの実行性能の変化だ。これに関するテストを手作業で行った場合には多くの手間がかかり、また問題箇所を見落としてしまう危険性がある。そこで、この課題の解決に向けてオラクルが提供しているSQLテスト・ツールが「Oracle Real Application Testing」だ。2013年8月に都内で開催されたセミナー「達人に聞く! データベースアップグレードの成功の極意」におけるセッション「Oracle Real Application Testing を利用した Oracle Database 簡単アップグレード」の内容を基に、同製品の特徴と利点、使いこなしのポイントを紹介する。(川添貴生)

[Read More]

月曜日 11 12, 2012

データベースのアップグレードを成功させるための極意とは? Oracle GoldenGateを使えばダウンタイムも最短化

企業システムの中枢を担うデータベースの運用において、意外とノウハウが共有されていないことの1つが「アップグレード」だ。これに関する最新の“極意”を伝える場として、日本オラクルは2012年10月17日、「達人に聞く! データベース・アップグレード成功の極意」と題するセミナーを開催した。このセミナーでは、世界中から集められたOracle Databaseのアップグレード事例の中から、アップグレードを安全に行ううえで有用な事前の検討事項や実際の手順などのノウハウが紹介された。(編集部)

[Read More]

金曜日 9 28, 2012

Oracle Database Standard Editionで性能の限界を感じる企業には、Enterprise Editionをお得に使える「Oracle Database Appliance」がお勧め

「現在、Oracle Database Standard Editionを使っているが、そろそろ性能の限界だ。より高い性能を、もっと安く手に入れることはできないだろうか?」――そんな悩みを抱える企業に朗報だ。オラクルは現在、企業システムの構築に必要となるハードウェアとソフトウェアを最適な組み合わせでパッケージ化した「Engineered Systems」のラインアップを順次拡大しているが、このEngineered Systemsのデータベース・システム向け製品として2011年末に登場したのが、中小規模の組織での利用に最適化された「Oracle Database Appliance(ODA)」である。日本オラクルが9月に実施したセミナー「Oracle Database Appliance実機体感セミナー」の内容を基に、ODAが中堅/中小規模の企業や大企業の部門レベルでどのような導入メリットをもたらすのかを紹介しよう。(編集部)

[Read More]

月曜日 7 09, 2012

プロアクティブ、シームレス、シンプル――オラクル・ユーザーだから利用できる次世代のサポート・サービスでトラブルを未然に防ぎ、運用管理を効率化する

オラクルは現在、製品サポート・サービス「Oracle Premier Support」を通じて、企業システムの運用管理にまつわる課題の解決につながるさまざまなサービスを提供している。それらを通して提唱しているのが、日ごろの運用管理やソフトウェアの更新などで発生するトラブルを未然に防ぐ「プロアクティブな(予見的な)サポート」だ。Oracle Premier Supportのサービスを利用することで、具体的にどのような運用管理が可能になるのかを見ていこう(編集部)。

[Read More]

月曜日 3 26, 2012

絶対成功! データベース・アップグレードの極意 第7回:「パフォーマンス問題」は事前の情報収集、十分なテスト、ツールの活用で防げる

Oracle Databaseのバージョンアップにおいて多くの企業が期待することの1つは、「パフォーマンスの向上」だろう。ただし、現実のアップグレード・プロジェクトを見ていると、設定や運用手順の抜けや漏れによってパフォーマンスが悪くなるなど、期待どおりの成果を得られていないケースもあるようだ。今回は、アップグレード・プロジェクトにおけるパフォーマンスに関する留意点と、その対処策を紹介する(編集部)。

[Read More]

火曜日 6 14, 2011

経営層の納得を得られる賢いデータベース・アップグレードのアプローチとは?――「Oracle Upgrade Seminar」レポート

いまだ世界的な景気低迷が続く中でも、欧米の先進企業はデータ分析の重要性への理解から最新のDWHやBIなどへの投資を積極的に進めている。一方、国内に目を転じると、旧式のデータベース環境を長期間使い続け、最新のデータ活用技術を享受していない企業が少なくない。2011年5月18日に開催された「Oracle Upgrade Seminar」では、そうした状況を打破すべく、著名アナリストや日本オラクルのコンサルタントらにより、最新のデータ活用術や、それを賢く享受するためのデータベース・アップグレードのアプローチが紹介されたほか、参加者とのQ&Aセッションが実施された(編集部)。

[Read More]

火曜日 11 30, 2010

Oracle Database UPGRADE Central

アップグレードの成功に役立つさまざまな情報はこちらでチェック。

[Read More]
About

Twitter
Facebook

Search

Recent Posts
Archives
« 4月 2014
  
1
2
3
4
5
6
7
9
10
11
12
13
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   
       
Today