火曜日 1 10, 2012

システム可用性向上の鍵は"データ破損対策"――Oracle MAAがコスト効率の高いデータ保護施策を可能にする

ビジネスにおけるITの重要性が増している現在、災害やシステム障害などで重要なデータ資産が破損した際には、それが企業活動のさまざまな局面に甚大な影響を及ぼす。しかも近年、これまで多くの企業が障害対策を重ねてきたディスクドライブが、実は世の想定よりも障害に対して脆弱であることがわかってきた。つまり、ディスクドライブでの対策に頼る従来のアプローチは、データ破損(Data Corruption)への備えとして万全とは言えなくなっているのだ。それでは、重要なデータ資産を効果的かつ最適なコストで保護したい企業は、どのようなアプローチをとるべきか? その問いから生まれた高可用性アーキテクチャが「Oracle Maximum Availability Architecture(MAA)」である。米国オラクルコーポレーションでOracle MAAの構想にかかわり、現在は高可用性技術の開発チームを率いる同技術担当バイスプレジデントのウェイ・フー(胡維)氏が急遽来日し、今日の企業が心得るべき高可用性の実現に向けたアプローチ、データ保護の基本原則などを語った(編集部)。

[Read More]

木曜日 9 08, 2011

それは本当にコストでしかないのか? "視点の転換"が事業継続のコストをベネフィットに変える!

突然の事故や災害に見舞われた際、いかにして事業活動を継続していくか?――東日本大震災は、多くの企業に「事業継続性の確保」を重要な経営課題として再認識させた。もちろん、今日の企業活動の多くがITシステムの上に成り立っている現在、これはITシステムを預かる者に突き付けられた課題でもある。2011年8月25日に開催された「オラクル金融サミット2011」では、日本オラクル テクノロジー製品事業統括本部 データベースビジネス推進本部製品推進部 シニアマネージャーの谷川信朗氏が、「事業継続を意識した情報資産の保護について ~顧客事例とオラクルが考える情報システムの高信頼性~」と題したセッションにおいて、ITの側から事業継続を支えるためのノウハウや同社の最新テクノロジー、そして活用事例などを紹介した(編集部)。

[Read More]

月曜日 8 01, 2011

"SAP on Oracle Database"の価値「実は無償でこんな機能も利用できる!」――SAP基盤としてOracle Database Enterprise Editionを使う企業にぜひ知って欲しいコト

SAPの基盤としてOracle Databaseを利用している企業の中には、残念ながら同データベースの機能を十分に活用していないところが少なくない。Oracle Database Enterprise Editionに搭載される機能をうまく活用すれば、今日の企業が抱える課題の多くをスマートに解決できる。ここでは、そんな活用ポイントを紹介する(編集部)。

[Read More]

火曜日 11 30, 2010

Oracle Database UPGRADE Central

アップグレードの成功に役立つさまざまな情報はこちらでチェック。

[Read More]
About

Twitter
Facebook

Search

Recent Posts
Archives
« 4月 2014
  
1
2
3
4
5
6
7
9
10
11
12
13
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   
       
Today