月曜日 11 26, 2012

「いつでもアクセス可能なデータ基盤」をいかに構築するか?──ビッグデータ時代もデータベースの高可用性を担保する「Oracle Maximum Availability Architecture」

「すでに数年前とは、ビジネスを取り巻くスピードも、データ量も、データへのアクセス手段も大きく変わっている。この時代にふさわしいリアルタイムなデータ基盤を作り込まなければ、ビジネスの流れに着いて行くのはますます難しくなる」──2012年10月に都内で開催された「Orale Days Tokyo 2012」のセッションにおいて、日本オラクルの谷川信朗氏(製品戦略統括本部 テクノロジー製品推進本部 シニアプロダクトラインマネジャー)はこう強調した。「だからこそ、いつでもデータ・アクセスを可能にするインフラ基盤を構築しなければならない」(谷川氏)。その基盤を実現するアーキテクチャ・モデルとして、オラクルは「Oracle Maximum Availability Architecture」を提唱している。谷川氏のセッション「データベース基盤を止めない、Oracle Maximum Availability Architecture」から、そのエッセンスを紹介しよう。(五味明子)

[Read More]
About

Twitter
Facebook

Search

Recent Posts
Archives
« 4月 2014
  
1
2
3
4
5
6
7
9
10
11
12
13
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   
       
Today