木曜日 6 19, 2014

「マンガでわかる!リアルタイムデータ統合の活用トレンド」TIS株式会社が提供する Oracle GoldenGate ソリューションの御紹介 第二弾!

近年、企業での活用が進んでいる Oracle GoldenGate は、データベースサーバーの移行プロジェクトというシーンでも積極的に活用されています。Oracleの Platinum Partner でもある「TIS株式会社」では、リアルタイムデータ統合の活用トレンドについて、課題や解決手法に関するプロモーションを展開されています。第二回目のテーマは「バラバラのデーターベースのデータをリアルタイムに統合・連携する解決策」です。第一回目に続き、マンガ形式を取り入れています。この場を借りて御紹介させて頂きます。
(Data Integration/MAA担当)

[Read More]

金曜日 5 16, 2014

「マンガでわかる!リアルタイムデータ統合の活用トレンド」TIS株式会社が提供する Oracle GoldenGate ソリューションの御紹介

近年、企業での活用が進んでいる Oracle GoldenGate は、データベースサーバーの移行プロジェクトというシーンでも積極的に活用されています。Oracleの Platinum Partner でもある「TIS株式会社」では、リアルタイムデータ統合の活用トレンドについて、課題や解決手法に関するプロモーションを展開されています。第一回目のテーマ「止められないシステムのデータベース移行の成功術」では、マンガ形式も取り入れた、わかりやすい内容となっていますので、この場を借りて御紹介させて頂きます。
(Data Integration/MAA担当)

[Read More]

火曜日 4 15, 2014

遂に Amazon RDS も対応! クラウド環境から期待されるデータベース・レプリケーション「Oracle GoldenGate」

リアルタイムのデータ統合と同種・異種データベースのレプリケーションを実現するOracle GoldenGate。近年、企業での活用が進んでいますが、AWS RDS Oracle データベースインスタンスが、GoldenGateによるレプリケーション操作のソースまたはターゲットとして利用できるという発表がありました。この機会に一度、Oracle GoldenGate というテクノロジーがどのようなものか、どのような効果があるのかについて簡単に解説します。
(Data Integration/MAA担当)

[Read More]

火曜日 4 08, 2014

ビッグデータを始める前に、今あるデータのリアルタイム活用で確実にビジネス成果を出す。必要なのは、速く、柔軟なデータ統合基盤

ビッグデータの活用で成果を挙げた企業の事例が話題となる一方で、「高い目標を掲げて取り組みを始めたものの、思うように成果が挙がらない」、あるいは「そもそも何から始めたらよいかわからない」といった声も聞かれる。そうした企業に勧めたいのが、「まず既存のデータ資産の活用スピードを上げることから始める」というアプローチだ。実際、それによって短期間で大きな成果を挙げている企業は少なくない。ただし、この取り組みにおいても課題となることが1つある。それは、既存システムからスピーディにデータを集め、新たな用途で使うための「データ統合基盤の構築」だ。2014年3月に都内で開催されたセミナー「データマネジメント2014」では、日本オラクルの谷川信朗氏がセッションに登壇。既存データ資産の活用スピードを高めるためのデータ統合基盤のあり方と、その導入効果などを紹介した。(編集部)

[Read More]

月曜日 2 24, 2014

データ連携によるダウンタイムを限りなくゼロへ! さらに速くなったOracle GoldenGate 12cとOracle Data Integrator 12c

データ連携ツールとして、さまざまな用途で活用されている「Oracle GoldenGate」と「Oracle Data Integrator」が、「12c」へとバージョンアップされた。"リアルタイムなデータ活用"に対する企業のニーズが高まる中、ますます重要性が増す両ツール最新版の機能を、2014年1月に開催された製品発表会の内容を基に紹介する。(編集部)

[Read More]

水曜日 11 27, 2013

ビッグデータ活用のために “今すぐ使える”データ統合基盤をOracle GoldenGate、Oracle Data Integratorで作る――Oracle Days Tokyo 2013 レポート

事業活動で生じるさまざまな情報(データ)を活用すれば、ビジネスの質や量をさらに高められる──「ビッグデータ」に高い関心が集まる今日、これが自明であることに疑いの余地はない。ただし、活用のタイミングが遅れれば、その分、データがもたらす価値は低くなる。逆に、発生したデータをすぐに活用することができれば、そこから新たな価値、新たなビジネスを生み出すことが可能になる。そのために今、どのような手立てが使えるのか? 2013年10月に開催されたOracle Days Tokyo 2013で実施されたセッションにおいて、日本オラクルの谷川信朗氏(製品戦略事業統括本部 戦略製品&BA推進グループ シニアプロダクトラインマネジャー)が、その即効薬を紹介した。(編集部)

[Read More]

木曜日 11 21, 2013

システム停止時間を最短化し、柔軟かつ安全にデータベースをアップグレードする方法とは?──国内企業でも進むOracle GoldenGateの活用

最新のデータベースに備わる先進機能の恩恵を受けたいが、アップグレードのためにシステムを長時間停止させるのは難しいし、アップグレードに伴うトラブルも心配だ──そんな企業の悩みを解消するためにオラクルが提供しているのが、データ・レプリケーション製品の「Oracle GoldenGate」だ。同製品をデータベース・アップグレードで活用する利点や、実際に活用を進める企業の事例などを製品担当者が紹介する。(川添貴生)

[Read More]

月曜日 11 12, 2012

データベースのアップグレードを成功させるための極意とは? Oracle GoldenGateを使えばダウンタイムも最短化

企業システムの中枢を担うデータベースの運用において、意外とノウハウが共有されていないことの1つが「アップグレード」だ。これに関する最新の“極意”を伝える場として、日本オラクルは2012年10月17日、「達人に聞く! データベース・アップグレード成功の極意」と題するセミナーを開催した。このセミナーでは、世界中から集められたOracle Databaseのアップグレード事例の中から、アップグレードを安全に行ううえで有用な事前の検討事項や実際の手順などのノウハウが紹介された。(編集部)

[Read More]
About

Twitter
Facebook

Search

Recent Posts
Archives
« 3月 2015
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
    
       
Today