木曜日 6 19, 2014

「マンガでわかる!リアルタイムデータ統合の活用トレンド」TIS株式会社が提供する Oracle GoldenGate ソリューションの御紹介 第二弾!

近年、企業での活用が進んでいる Oracle GoldenGate は、データベースサーバーの移行プロジェクトというシーンでも積極的に活用されています。Oracleの Platinum Partner でもある「TIS株式会社」では、リアルタイムデータ統合の活用トレンドについて、課題や解決手法に関するプロモーションを展開されています。第二回目のテーマは「バラバラのデーターベースのデータをリアルタイムに統合・連携する解決策」です。第一回目に続き、マンガ形式を取り入れています。この場を借りて御紹介させて頂きます。
(Data Integration/MAA担当)

[Read More]

月曜日 6 09, 2014

「オラクル製品に最適化されたプラットフォームだから」──Oracle ExadataでOracle Linuxが採用される理由

圧倒的なパフォーマンスと可用性を兼ね備え、ミッション・クリティカル・システムの基盤として多くの企業で導入が進むOracle Exadata。その標準OSとして採用されているのが「Oracle Linux」だ。Oracle Exadataは、なぜOracle Linuxを採用しているのか? それには深いワケがあった。(編集部)

[Read More]

火曜日 5 27, 2014

データベース統合の最適解はサーバ仮想化じゃない! その問題点と、オラクルが勧めるベスト・アプローチ

「社内に散在するデータベースを集約/統合して、コスト削減や運用管理の効率化を図りたい」──近年、IT最適化に取り組む企業の間では、このような目的からデータベース統合に乗り出す動きが活発化している。その際、サーバ統合と同様に仮想化技術の利用が検討されるケースが少なくないが、パフォーマンスや可用性、運用管理性を考慮した場合、このアプローチは必ずしも最適だとは言えない。データベース統合に関しては、あくまでもデータベースの視点からアプローチすることが肝要だ。オラクルが考えるデータベース統合のベスト・アプローチを紹介しよう。(編集部)

[Read More]

金曜日 5 16, 2014

「マンガでわかる!リアルタイムデータ統合の活用トレンド」TIS株式会社が提供する Oracle GoldenGate ソリューションの御紹介

近年、企業での活用が進んでいる Oracle GoldenGate は、データベースサーバーの移行プロジェクトというシーンでも積極的に活用されています。Oracleの Platinum Partner でもある「TIS株式会社」では、リアルタイムデータ統合の活用トレンドについて、課題や解決手法に関するプロモーションを展開されています。第一回目のテーマ「止められないシステムのデータベース移行の成功術」では、マンガ形式も取り入れた、わかりやすい内容となっていますので、この場を借りて御紹介させて頂きます。
(Data Integration/MAA担当)

[Read More]

月曜日 4 28, 2014

「バッチ処理が終わらない!」──そんな悪夢を解消するデータベース基盤としてOracle Exadataが支持される理由

日本企業のシステムで特徴的なのは、各種の業務処理でバッチが多用されている点だ。昨今、このバッチ処理が規定時間内に終わらず、業務に支障を来す企業が増加している。そうした企業の多くが、この問題の根本的な解決を図るために高速なデータベース基盤として導入を進めているのが「Oracle Exadata」である。その理由はなぜか、Oracle Exadataはバッチ処理をどう高速化するのか。日本オラクルの岩崎護氏に聞いた。(編集部)

[Read More]

火曜日 4 15, 2014

遂に Amazon RDS も対応! クラウド環境から期待されるデータベース・レプリケーション「Oracle GoldenGate」

リアルタイムのデータ統合と同種・異種データベースのレプリケーションを実現するOracle GoldenGate。近年、企業での活用が進んでいますが、AWS RDS Oracle データベースインスタンスが、GoldenGateによるレプリケーション操作のソースまたはターゲットとして利用できるという発表がありました。この機会に一度、Oracle GoldenGate というテクノロジーがどのようなものか、どのような効果があるのかについて簡単に解説します。
(Data Integration/MAA担当)

[Read More]

月曜日 3 17, 2014

夜はぐっすり眠りたい! カルソニックカンセイが「15時間→30分」というMRP夜間バッチの大幅短縮と、メインフレームで稼働する基幹業務の短期移行を実現できた理由とは?

「データベース・サーバのパフォーマンス不足により、生産管理システム(MRP)の夜間バッチ処理が業務開始時間までに終わらない」という課題を抱えていたカルソニックカンセイが、この問題を解消すべく導入したのが「Oracle Exadata」である。2014年2月に開催されたセミナー「Oracle Database Leaders Club」における同社業務改革本部 コーポレートITオペレーショングループの守田進氏による講演の内容を基に、カルソニックカンセイが取り組んだOracle Exadata導入プロジェクトの概要を紹介する。(編集部)

[Read More]

金曜日 2 07, 2014

データベース統合、データ・ウェアハウス、OLTPの基盤から、データベース・クラウド基盤へ、さらに進化した「Oracle Exadata X4-2」が登場!国内金融機関もいち早く採用

日本オラクルは2014年1月21日、超高速データベース・マシンの最新版「Oracle Exadata Database Machine X4-2」の提供を開始したと発表した。データ・ウェアハウス(DWH)基盤、OLTP基盤として多くの企業に支持されてきたOracle Exadataは、この最新版でプライベート・クラウドによるデータベースの統合/集約化を推し進める企業のためのDatabase as a Service(DBaaS)基盤へと進化した。同日に開催された記者発表会の内容を基に、Oracle Exadata X4-2の特徴、同製品の提供にかける日本オラクルの意気込みをお伝えする。(編集部)

[Read More]
About

Twitter
Facebook

Search

Recent Posts
Archives
« 7月 2015
   
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
 
       
Today