火曜日 4 15, 2014

遂に Amazon RDS も対応! クラウド環境から期待されるデータベース・レプリケーション「Oracle GoldenGate」

リアルタイムのデータ統合と同種・異種データベースのレプリケーションを実現するOracle GoldenGate。近年、企業での活用が進んでいますが、AWS RDS Oracle データベースインスタンスが、GoldenGateによるレプリケーション操作のソースまたはターゲットとして利用できるという発表がありました。この機会に一度、Oracle GoldenGate というテクノロジーがどのようなものか、どのような効果があるのかについて簡単に解説します。
(Data Integration/MAA担当)

[Read More]

月曜日 3 17, 2014

夜はぐっすり眠りたい! カルソニックカンセイが「15時間→30分」というMRP夜間バッチの大幅短縮と、メインフレームで稼働する基幹業務の短期移行を実現できた理由とは?

「データベース・サーバのパフォーマンス不足により、生産管理システム(MRP)の夜間バッチ処理が業務開始時間までに終わらない」という課題を抱えていたカルソニックカンセイが、この問題を解消すべく導入したのが「Oracle Exadata」である。2014年2月に開催されたセミナー「Oracle Database Leaders Club」における同社業務改革本部 コーポレートITオペレーショングループの守田進氏による講演の内容を基に、カルソニックカンセイが取り組んだOracle Exadata導入プロジェクトの概要を紹介する。(編集部)

[Read More]

金曜日 2 07, 2014

データベース統合、データ・ウェアハウス、OLTPの基盤から、データベース・クラウド基盤へ、さらに進化した「Oracle Exadata X4-2」が登場!国内金融機関もいち早く採用

日本オラクルは2014年1月21日、超高速データベース・マシンの最新版「Oracle Exadata Database Machine X4-2」の提供を開始したと発表した。データ・ウェアハウス(DWH)基盤、OLTP基盤として多くの企業に支持されてきたOracle Exadataは、この最新版でプライベート・クラウドによるデータベースの統合/集約化を推し進める企業のためのDatabase as a Service(DBaaS)基盤へと進化した。同日に開催された記者発表会の内容を基に、Oracle Exadata X4-2の特徴、同製品の提供にかける日本オラクルの意気込みをお伝えする。(編集部)

[Read More]

月曜日 2 03, 2014

凄いのは綺麗なGUIだけじゃない! コマンドラインでさらに便利に使えるシステム統合運用管理環境「Oracle Enterprise Manager」

企業のITマネジャーやシステム管理者にとって、複雑なシステム環境をいかに安定して運用し、なおかつ効率的に管理するかは、永遠の課題である。オラクルは、この課題の解決を支援するソリューションとしてシステム統合運用管理環境「Oracle Enterprise Manager」を提供している。オラクル製品で構成されたシステム環境の効率的な運用管理を実現する同環境は、さまざまなシステム情報の見える化と扱いやすいユーザー・インタフェースで知られるが、コマンドラインのインタフェースを使えば運用管理作業をさらに効率化できることをご存じの方は少ないようだ。この知られざるOracle Enterprise Managerの魅力を日本オラクルの榑松谷仁氏(テクノロジーコンサルティング統括本部 テクニカルアーキテクト本部 ミドルウェアアーキテクト部 シニアプリンシパルコンサルタント)に聞いた。(編集部)

[Read More]

木曜日 1 30, 2014

Oracle Exadataの管理はOracle Enterprise Managerでここまで楽になる!――Oracle Days Tokyo 2013レポート

圧倒的な性能や可用性が評価され、さまざまな業種の企業で旧式化した基幹システムのリプレースや統合データベース基盤として導入が進む「Oracle Exadata」。そこに投入されている最新テクノロジーは、システムの運用管理も劇的に効率化する。それを可能にしているのが、システム統合運用管理環境「Oracle Enterprise Manager」だ、2013年10月に開催されたOracle Days Tokyo 2013では、日本オラクルの若林千寿子氏(テクノロジー製品事業統括本部 基盤技術本部 DB技術グループ シニアエンジニア)が、同環境を駆使したOracle Exadataの管理ノウハウを紹介した。(編集部)

[Read More]

金曜日 1 10, 2014

次世代のデータ・ウェアハウス基盤はOracle Exadataで! “データ活用のリアルタイム化”、“OLTPとの統合”も可能にする圧倒的な性能の秘密に迫る

現在、ビジネスの現状把握などの目的から、多くの企業がデータ・ウェアハウス(DWH)を活用しているが、性能やコストの面で現状のDWH基盤に課題を感じている企業が少なくないようだ。また、ビジネス・スピードの向上を目的に、より鮮度の高いデータの活用をDWH基盤に求める声も強まっている。これらの課題/ニーズに応えるDWH基盤として、世界中の企業で採用が進んでいるのが「Oracle Exadata」だ。ここでは、DWH基盤としてのOracle Exadataの魅力/実力を、主にテクノロジー面に焦点を当てて紹介する。(川添貴生)

[Read More]

火曜日 12 10, 2013

メインフレーム、オフコンのリプレース先はこのマシン!──レガシー・システムのオープン化で企業がOracle Exadataを選ぶ理由

旧式化したメインフレームやオフコンをこれ以上使い続けることをリスクと考え、「ベンダー・ロックインの回避」や、「割高な運用保守コストの大幅削減」、「ビジネスのスピードに追随できる俊敏性の獲得」を狙ってシステムのオープン化に取り組む企業が増えている。その移行先として選ばれることが多いのが「Oracle Exadata」だ。ここでは、国内企業における移行事例を基に、企業がオープン化において求める要件と、その要件を満たすシステム基盤としてOracle Exadataが選ばれている理由を紹介する。(川添貴生)

[Read More]

金曜日 11 29, 2013

ライオンがメインフレーム、SAP会計、TeradataのデータベースをOracle Exadataへ移行して大満足している理由とは?――Oracle Days Tokyo 2013 レポート

SAPアプリケーションのバックエンドで利用するデータベース・システムの性能向上などを目的にOracle Exadataを導入する企業が世界中で増加している。そうした1社がライオンだ。同社はメインフレーム上で稼働していたDB2、SAP上のOracle Database、およびBusiness Intelligence(BI)システムで利用していたTeradataからの移行先としてOracle Exadataを選択した。それによってどのようなメリットが得られたのか? 2013年10月に開催されたOracle Days Tokyo 2013におけるライオンの講演「Oracle ExadataのSAPアプリケーション基盤としての利用とDB2およびTeradataからの移行」から、そのポイントを紹介する。(編集部)

[Read More]
About

Twitter
Facebook

Search

Recent Posts
Archives
« 4月 2014
  
1
2
3
4
5
6
7
9
10
11
12
13
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   
       
Today