木曜日 10 30, 2014

Oracle Spatial and Graph──人やモノのつながり、位置情報を可視化し、新たな価値を生み出すビッグデータ活用ツール

高度な地理情報やネットワーク・データ・モデル、RDFの活用を可能にする「Oracle Spatial and Graph」。オラクルが長年にわたって機能強化に努めてきた同製品は現在、多くの企業/組織において、従来は実現が難しかったサービスの提供や社内外情報の活用に利用されている。Oracle Spatial and Graphが企業/組織にもたらす価値について、同テクノロジーを担当する日本オラクルの犬塚智氏が詳細を語る。(編集部)

[Read More]

火曜日 10 21, 2014

構造化データと非構造化データに1つのプラットフォームで対応!──R言語も超高速に処理する「Oracle Advanced Analytics」が、企業のビッグデータ活用に新たな道を開く

Oracle Databaseを使った大規模分析を可能にするデータ分析ソリューション「Oracle Advanced Analytics」。これにより、企業が保有する重要なデータ資産を、それが格納された場所、つまりデータベース上で分析することが可能になる。このIn-Database Analyticsのアプローチにより、大量データの分析スピードを劇的に高められるほか、ビッグデータ活用のあり方や方向性にも革新的な変化がもたされるという。日本オラクルの執行役員、山本恭典氏が、その全容を語った。(編集部)

[Read More]

水曜日 10 01, 2014

EndecaのパワーとNTTデータの豊富なコンサルティング・ノウハウが、企業のデータ活用/ビジネスを新たなステージに導く──オラクルBAソリューション特別対談 NTTデータ × 日本オラクル

「ITによって企業の競争力をさらに高める」──この使命に取り組む中で、NTTデータはデータ分析/活用の先進技術やソリューションを意欲的に取り込み、開発/提供してきた。そして今、オラクルのデータ・ディスカバリー・ツール「Oracle Endeca Information Discovery(以下、Endeca)」を用いて、企業におけるデータ活用のあり方を、さらに進化させようとしている。Endecaによって企業のデータ活用はどのように変わり、いかなる恩恵がもたらされるのか。NTTデータで活躍する2人のコンサルタント、森山裕氏と多田健一氏に、日本オラクルの大橋雅人氏が聞いた。(編集部)

[Read More]

金曜日 8 15, 2014

Oracle Advanced Analyticsとデータ分析&基盤の豊富なノウハウで、さらに高度なデータ活用を実現──オラクル・ビッグデータ・ソリューション特別対談 新日鉄住金ソリューションズ × 日本オラクル

国内屈指の技術力を誇るシステム・インテグレーターとして知られる新日鉄住金ソリューションズ(以下、NSSOL)。同社は2014年5月、大規模データ分析プロセスの確立に向け、統計解析言語であるRの企業向けソリューション「Oracle R Enterprise」を含む「Oracle Advanced Analytics」の検証を実施した。その狙いは何か、また検証により同社はどのような確証を得たのか? 検証作業を主導したNSSOLの毛野高彦氏(技術本部 システム研究開発センター データ分析・基盤研究部)に、日本オラクルの大橋雅人氏が聞いた。(編集部)

[Read More]

木曜日 5 29, 2014

製造ITの精鋭インテグレーターがEndecaで挑む、データ・ディスカバリーによるイノベーション──オラクルBA特別対談 東洋ビジネスエンジニアリング × 日本オラクル

RDBMS内の構造化データからソーシャル・サービス上の非構造化データまで、さまざまな形式のデータを組み合わせた柔軟なデータ・ディスカバリー(情報探索)を可能にする「Oracle Endeca Information Discovery(以下、Endeca)」。この新たなデータ活用ツールは、企業の情報活用スタイルをどのように変えていくのだろうか? 製造業の基幹業務システムの領域で長年にわたって経験と実績を積み重ねてきた東洋ビジネスエンジニアリングの深澤俊男氏(ソリューションプロジェクト統括本部 コンサルタント)に、日本オラクルの大橋雅人氏が聞いた。(編集部)

[Read More]

水曜日 5 28, 2014

最適なデータ・ディスカバリー・ツールEndecaとTISの業務ノウハウが融合。企業の内外にあるデータから“新たな発見”を支援──オラクルBA特別対談 TIS × 日本オラクル

金融、製造、流通/サービス、通信、公共など、さまざまな業種の企業に対し、長年にわたってシステム・インテグレーション・サービスを提供してきたTIS。同社は近年、データ・マネジメントの専任組織を立ち上げ、ビジネス・インテリジェンス(BI)およびビジネス・アナリティクス(BA)ソリューションの強化に取り組んでいる。その戦略の一環として取り扱いを開始したのが、オラクルのデータ・ディスカバリー・ツール「Oracle Endeca Information Discovery(以下、Endeca)」だ。果たしてTISは、Endecaを活用して、企業にいかなる価値を提供しようとしているのか。同社エンタープライズソリューション営業部の濱田敬弘氏と山本明梨氏に、日本オラクルの大橋雅人氏が聞いた。(編集部)

[Read More]

月曜日 5 26, 2014

ビジネス・インテリジェンスの専業インテグレーターが語る、オラクルのビジネス・アナリティクスが企業にもたらす価値──オラクルBA特別対談 ジール × 日本オラクル

エンタープライズで求められる多彩な機能を提供するソフトウェア製品群と、システム基盤として圧倒的な処理性能を誇るEngineered Systemsから成るオラクルのビジネス・アナリティクス(BA)ソリューション(以下、オラクルBA)。果たして、これは企業のビジネスやデータ活用スタイルにどのような変化/変革をもたらすのか。ビジネス・インテリジェンス(BI)ソリューションの導入支援で豊富な実績を誇るジールの土岐雅也氏(SIサービス本部BI第二事業部 事業部長)と日本オラクルの石家丈朗氏が、その本質について率直に語り合った。(編集部)

[Read More]

月曜日 4 14, 2014

「使える、利益を生むデータ活用基盤」をいかに作るか? TISとオラクルが持つ、失敗しないためのノウハウとアプローチ──Oracle Business Analytics Forumレポート

「さらなる企業競争力の強化を図るうえでデータ活用基盤の整備が重要」だという認識に疑いの余地はないものの、一方でこれまで、少なからぬ企業が理想のデータ活用基盤の構築に挑み、挫折してきた。この取り組みを成功させるには、どのようなポイントに留意すべきか、またオラクルのビジネス・アナリティクス(BA)/ビジネス・インテリジェンス(BI)ソリューションを活用した企業は、どのような取り組みによって成功を勝ち取ったのか──日本オラクルが2014年2月に都内で開催したセミナー「Oracle Business Analytics Forum」では、TISとオラクルのBA/BIエキスパートらが、実際の経験に基づくノウハウや成功事例を披露した。(編集部)

[Read More]
About

Twitter
Facebook

Search

Recent Posts
Archives
« 7月 2015
   
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
 
       
Today