月曜日 4 23, 2012

ビッグデータ時代を支える3つのデータ統合ソリューション ―― Oracle OpenWorld Tokyo 2012 レポート

モバイル・デバイスやクラウド・コンピューティング、ソーシャル・ネットワークなどの普及により、世に存在するデータの量は爆発的に増加し、現在、人類はかつて経験したことのない"ビッグデータ"時代を迎えている。データが増えれば当然、その扱いに関する複雑さやコストも増大する。そうした中、企業の情報システム担当者はどのような手立てにより、さまざまなソースから発生する大量のデータを、利便性やコストのバランスを保ちつつ統合/活用していけばよいのか? オラクルの場合、その課題に向けて現在3つのソリューションを用意している。活用事例も交えてそれぞれの特色を紹介しよう。

[Read More]

木曜日 4 05, 2012

「Engineered to Work Together」が次世代のコンピューティング環境を作る――Oracle OpenWorld Tokyo 2012 ラリー・エリソン氏基調講演

日本では3年ぶりの開催となる「Oracle OpenWorld Tokyo 2012」(東京 六本木で4月6日まで開催)。2日目となる4月5日のオープニングとして、米国オラクル・コーポレーションの最高経営責任者(CEO)、ラリー・エリソン 氏による基調講演が行われた。「Extreme Innovation」と題した講演の中でエリソン氏は、オラクルが「エンジニアド・システム(Engineered Systems)」として「業界最高のパフォーマンスを最安値で提供」するために、どのようなイノベーションを行ってきたのかを説いた(編集部)。

[Read More]

水曜日 4 04, 2012

「Engineered for Innovation―技術の融合が、世界を変える。」――Oracle OpenWorld Tokyo 2012始まる!!

2012年4月4日、日本オラクルが自社の技術や製品、活用事例、パートナー企業のソリューションなどを一堂に集めて披露する一大カンファレンス「Oracle OpenWorld Tokyo 2012」が開幕した。六本木アカデミーヒルズ、グランドハイアット東京、ベルサール六本木など、六本木一円の複数の会場をジャックして4月6日まで開催される。初日となる4日は、日本オラクル 代表執行役社長の遠藤隆雄氏、米国オラクル・コーポレーションのプレジデント、マーク・ハード氏らによる基調講演で幕を開けた(編集部)。
[Read More]

月曜日 3 19, 2012

重要な分析/判断はRDB上で。セキュアなHadoop、Rでそれを支援――"ビッグデータ"と"RDB=企業"をつなぐオラクル【後編】

「非構造化データと構造化データ(RDB)の世界をシームレスにつなぐ、しかも高速に」――これが長年、企業の重要な情報資産を預かるデータ管理基盤を提供してきたオラクルの、ビッグデータに対する唯一無二のアプローチだ。この方針の下、ビッグデータ活用における3つのフェーズに対して、それぞれに最適化したソリューションを提供している。前編に続き、日本オラクル 製品戦略統括本部 戦略製品ソリューション本部 プリンシパルセールスコンサルタントの下道高志氏に聞いた、それらのソリューションの特色を紹介しよう。今回は「体系化/抽出」、「分析/意思決定」のフェーズを支援する製品群を紹介する。

[Read More]

金曜日 3 16, 2012

ビッグデータ活用のすべてのフェーズに最適なソリューションを!――"ビッグデータ"と"RDB=企業"をつなぐオラクル【前編】

今やビジネス誌の誌面をも賑わせるようになった"ビッグデータ"。国内企業でも活用の兆しが見え始めたこの領域に対し、すでにオラクルはその活用サイクル全般をサポートするソリューションを準備している。ビッグデータ活用のどのフェーズで、どのような手立てを利用できるのか? 日本オラクルでビッグデータ関連ソリューションの企画を主導する製品戦略統括本部 戦略製品ソリューション本部 プリンシパルセールスコンサルタントの下道高志氏に、オラクルのビッグデータ・ソリューションの特色、各フェーズを支援する製品の特徴などを聞いた。

[Read More]

水曜日 3 14, 2012

オラクルのビッグデータ戦略はどこが違う? 何が凄い? ――Publickey 新野淳一氏が聞く

今日、社会へのインターネットやモバイルの浸透などの影響から、従来とは桁違いのデータが生成されるようになり、これが「ビッグデータ」というキーワードで注目を集めている。ただし、それをどのような手立てでどう活用するかについては、まだ多くの企業が模索を続けている段階だ。データベースのトップ・ベンダーであるオラクルは、ビッグデータをどう見て、どのような戦略を立てているのか? ITブログ「Publickey」の新野淳一氏が、国内でオラクルのビッグデータ戦略を統括する日本オラクル 専務執行役員の三澤智光氏に聞いた。

[Read More]

月曜日 12 05, 2011

統計解析用言語Rによる大規模処理を可能にする「Oracle R Enterprise」、「Oracle Big Data Appliance」――「Oracle Database / Exadata Summit」レポート(4)

今日、企業活動のさまざまなな領域で統計解析の手法を使ったデータ分析が行われている。ただし、個々の従業員が日常の業務の中でそうした作業を行う際、手軽に使えて、なおかつ高速に処理が行える手立てはまだ確立されていないのが実情だ。オラクルは、Oracle Databaseを使う企業に対し、同データベースを用いた分析作業を容易にするソリューションとして「In-database Analytics」を提供してきたが、さらに先ごろ開催されたOracle OpenWorld 2011では、統計解析用言語Rを用いた大量データの高速処理を実現する「Oracle R Enterprise」、そして「Oracle Big Data Appliance」が発表された。2011年10月25日に開催された「Oracle Database / Exadata Summit」におけるセッション「Big Data時代を導くITテクノロジー(3)-Oracle RとIn-DB Analytics製品概要」では、オラクルが提供するそれら最新のデータ分析ソリューションが紹介された(編集部)。

[Read More]

木曜日 12 01, 2011

Oracle NoSQL Database が商用品質のビッグデータ処理を担う――「Oracle Database / Exadata Summit」レポート(3)

ビッグデータの処理では、いわゆる"No SQLデータベース"による非スキーマ・データ/非構造化データの処理が要となる。それを実現する企業ユースのソリューションを求める声に応えてオラクルが発表したのが、「Oracle NoSQL Database」だ。2011年10月25日に開催された「Oracle Database / Exadata Summit」では、セッション「Big Data時代を導くITテクノロジー(2)-Oracle NoSQL DB概要」において、同データベースの特徴が紹介された(編集部)。

[Read More]
About

Twitter
Facebook

Search

Recent Posts
Archives
« 7月 2014
  
1
2
3
4
5
6
7
8
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  
       
Today