絶対成功! データベース・アップグレードの極意 第7回:「パフォーマンス問題」は事前の情報収集、十分なテスト、ツールの活用で防げる

Oracle Databaseのバージョンアップにおいて多くの企業が期待することの1つは、「パフォーマンスの向上」だろう。ただし、現実のアップグレード・プロジェクトを見ていると、設定や運用手順の抜けや漏れによってパフォーマンスが悪くなるなど、期待どおりの成果を得られていないケースもあるようだ。今回は、アップグレード・プロジェクトにおけるパフォーマンスに関する留意点と、その対処策を紹介する(編集部)。

本記事は「oracledatabase.jp 情報ライブラリ」からの特別公開記事となります。Oracle.comアカウントご登録者の方は下記リンク先より記事をダウンロードすることができます。Oracle.comアカウント未登録の方は、ぜひこの機会にご登録のうえ、トラブルが起こりがちなデータベース・アップグレードに関する最新のノウハウをご入手ください。
img_registered_01.jpg

Comments:

Post a Comment:
Comments are closed for this entry.
About

Twitter
Facebook

Search

Recent Posts
Archives
« 4月 2014
  
1
2
3
4
5
6
7
9
10
11
12
13
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   
       
Today