Exadata & GoldenGate 構成のホワイトペーパー(日本語版)公開

 GoldenGateとExadataを組み合わせて構築する際のホワイトペーパー日本語版が公開されました。
 このホワイトペーパーは、Oracle Maximum Availability Architecture(Oracle MAA)ベスト・プラクティスに含まれるもので、もっとも包括的で最善のOracleDatabase可用性ソリューションが実現されます。
 このホワイトペーパーでは、Oracle Exadata Database MachineおよびExadataストレージに対するOracle GoldenGateの連携を構成する際のベスト・プラクティスについて説明します。
 Oracle GoldenGateは、以下のようなケースをはじめとするさまざまなシナリオに有用です。


  • 各種/異種ソース・データベースから、GoldenGateを経由してExadataにデータをリアルタイム複製することで、ほぼリアルタイムのデータウェアハウスまたは統合データベースを実装
  • 既存システムのデータを、GoldenGateを経由してExadataに複製することで、高負荷な読込/検索処理をExadata上に集約させ、システム全体のパフォーマンスを向上
  • システムのサービス停止時間を最小限に抑えて、Exadataへの移行を実施
  • GoldenGateで提供される柔軟な可用性機能を用いて、複数のDBとExadata間でのActive-Active構成を実現

【ホワイトペーパー公開先】
・Oracle Exadata Database MachineでのOracle GoldenGateの構成:
 http://www.oracle.com/technetwork/jp/database/maa-wp-gg-oracledbm-1708092-ja.pdf

・Oracle Maximum Availability Architecture ホワイト・ペーパー一覧
 http://www.oracle.com/technetwork/jp/database/features/availability/exadata-maa-best-practices-355203-ja.html

Comments:

Post a Comment:
Comments are closed for this entry.
About

Twitter
Facebook

Search

Recent Posts
Archives
« 4月 2014
  
1
2
3
4
5
6
7
9
10
11
12
13
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   
       
Today