バイエル薬品/大阪ガス、強い企業の「データ活用基盤」はここが違う!膨大なデータをビジネスに生かす方法

※本ページの情報はITpro(2010年9月14日~10月5日)に掲載したコンテンツを一部編集したものです。

増大する一方のデータの中から、必要な情報を短時間で取り出し、いかに戦略的に活用するか??。これは多くの企業に共通した重要なテーマだ。ここでは、バイエル薬品、大阪ガスという2つの事例をもとに、膨大なデータをビジネスに生かす方法を紹介する。

これまで企業のデータ活用には様々な問題があった。その最たるものがパフォーマンスである。データや拠点の増加に伴ってデータマートが増えるほど、そのパフォーマンスの低下は重要な課題となる。こうした課題を解消するために、注目されているのがデータベース専用機である「Oracle Exadata」だ。

その最大の特徴はオラクルのソフトウェア技術とハードウェア技術の融合により、最適なシステムバランスを実現した結果、システム性能の飛躍的な向上を実現していること。以下では、このOracle Exadataを採用して、ビジネス競争力強化において不可欠なデータ活用基盤の構築を推進している2つの企業の事例を見ていきたい。

パフォーマンスの悪化が企業のデータ活用の足枷に!
バイエル薬品と大阪ガスが選択した解決方法とは!?

続きは、下記から日本オラクルのお客様情報に登録をしてご覧ください。既にユーザ名・パスワードをお持ちの方はログインしてご覧ください。

img_exadata_101020_02.gif

Comments:

Post a Comment:
Comments are closed for this entry.
About

Twitter
Facebook

Search

Recent Posts
Archives
« 4月 2014
  
1
2
3
4
5
6
7
9
10
11
12
13
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   
       
Today