Oracle Days Tokyo 2012 お勧めセッション(1)


いよいよ、米国サンフランシスコにて始まったOracle OpenWorld 2012。初日となる30日日曜日(現地時間)から、CEO ラリー・エリソンによる数多くの発表が行われるなど、見どころが盛りだくさんだ。日本オラクルでは、Oracle OpenWorld 2012を受けて、そのコンテンツと熱気を日本のお客様にお届けするイベント、「Oracle Days Tokyo 2012」を2012年10月30日(火)、31日(水)にウェスティンホテル東京(恵比寿)にて開催する。本エントリでは、その見どころとなるセッションを紹介していきたい。(編集部)

■ついにベールを脱ぐ、次世代データベース

Oracle OpenWorldで日曜日に行われたKeynoteで、ラリー・エリソンは、次世代を担う新しいデータベース製品を発表しました。既にオラクルデータベースをお使いの皆様にとっては、クラウド時代・ビッグデータ時代に対応した新しい機能がどのようなものかに興味が有るかもしれません。しかし、次世代データベースにおいては、既存の機能に対しても、着実な進化を加えることでより安心して使えるようになっています。今回は、Oracle Days Tokyo 2012で実施される次世代データベースに関するセッションから、Oracle Real Application Clustersに関するセッションをご紹介します。

■ 次世代データベースの機能概要 (2) Oracle Real Application Clusters

 10月30日、31日に東京 恵比寿で開催されるOracle Days Tokyo 2012では、Oracle Real Application Clustersにフォーカスした下記のセッションが実施されます。ぜひご聴講ください。

●日時:10月30日(金) 14:00-14:45
●セッション・タイトル:D1-E-4 「次世代データベースの機能概要 (2) Oracle Real Application Clusters」
●概要: 次世代のOracle Real Application Clusters では、現在のクラスタ構成の限界を超えた構成をサポートするようになるとともに、ストレージとデータベース層のみならずアプリケーション接続の層についても強化されます。これにより、現在を超える機能を持つクラスタソリューションとして、クラウド環境での理想的な基盤となります。新しいグリッド基盤の機能を知るには、必須のセッションです。
●講師:日本オラクル株式会社

ご聴講のお申し込みは今すぐ!コチラのサイトから!

Comments:

Post a Comment:
Comments are closed for this entry.
About

Twitter
Facebook

Search

Recent Posts
Archives
« 4月 2014
  
1
2
3
4
5
6
7
9
10
11
12
13
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   
       
Today