月曜日 4 01, 2013

サイバー攻撃から情報資産を確実に守るべく、先進企業が導入する“データベース中心の多層防御”──「Oracle Security Summit 2013」レポート

企業の機密情報や知的財産を狙ったサイバー攻撃が後を絶たない中、従来の入口対策に加えて出口対策に力を入れる動きも見られるが、「果たして、これらの対策だけで重要な情報を守ることができるのか?」と不安を感じる企業は少なくない。そこで最近は、攻撃者が狙う情報が格納されたデータベースを中心に多層的な防御体制をとる企業が欧米を中心に増えている。日本オラクルがデータベースの防御に主眼を置いた新セキュリティ製品「Oracle Database Vault and Firewall」のお披露目イベントとして2013年3月6日に開催したセミナー「Oracle Security Summit 2013」では、そうした最新の企業情報セキュリティの動向がリスク・コンサルタントや米国オラクルのセキュリティ製品担当ディレクターによって紹介された。(川添貴生)

[Read More]
About

Twitter
Facebook

Search

Recent Posts
Archives
« 4月 2013 »
 
2
4
5
6
7
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
27
28
29
    
       
Today