水曜日 3 13, 2013

企業を取り巻くすべてのデータを分析対象にする「Oracle Endeca Information Discovery」

「現在、世界中に存在するデータの約90%はここ2年の間に生み出され、2020年までにその量は50倍になる」──ビッグデータという言葉が登場して以来、データ量の増大に関する話を耳にする機会が増えたが、こうして数字で示されると、改めてその膨大さに圧倒される。「選択肢の数があまりにも多いと、人は選択すること自体を諦めてしまう」と日本オラクルの高橋桃子氏(製品事業統括 製品戦略統括本部 Business Analytics 推進本部 担当マネジャー)は語る。それをさせないために、オラクルが提供を開始したビッグデータ分析ツールが「Oracle Endeca Information Discovery」だ。2012年10月に開催された「Oracle Days Tokyo 2012」における高橋氏のセッション「Oracle Endeca Information Discovery ― ビッグデータ時代を勝ち抜く情報探索ソリューション」から、同製品の概要と先進企業における活用事例を紹介する。(五味明子)

[Read More]
About

Twitter
Facebook

Search

Recent Posts
Archives
« 3月 2013 »
     
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
      
Today