金曜日 3 15, 2013

ビッグデータ時代を支えるオラクルのBIソリューション──その戦略とロードマップ

「今日、企業幹部の3分の2は、自社内にあるデータからインテリジェンスを引き出すことが極めて重要だと考えている。しかし、10人中9人はそれがうまくできているとは思っておらず、情報を活用できていないことが売り上げの損失にもつながっていると考えている」と説明するのは、米国オラクルでビジネス・インテリジェンス プロダクトマネジメント担当バイス・プレジデントを務めるポール・ロドウィック氏だ。2012年10月に都内で開催された「Oracle Days Tokyo 2012」における氏のセッションから、オラクルのビジネス・アナリティクス製品の戦略とロードマップを紹介しよう。(沙倉芽生)

[Read More]

木曜日 3 14, 2013

今、システム基盤は水平分散型から垂直統合型へ──企業のITコスト構造を変革し、圧倒的な性能でさらなる情報活用を支えるオラクルのEngineered Systems

依然として厳しい経済情勢が続く今日、さらなる成長を目指す企業のIT部門は、ビジネス機会の創出や顧客価値向上のためのIT活用を支援すべく、知恵を巡らしていることだろう。ただし、悩ましいのは現代企業のIT支出の7、8割を消化していると言われる運用保守コストの負担だ。ただでさえ緊縮が続くIT予算を大きく圧迫している運用保守コストを下げることなくして、企業を成長させるための“攻めのIT投資”を行うのは不可能である。今、こうした状況を一変させる新世代のシステム基盤として注目されているのが、ソフトウェアとハードウェアを融合させた垂直統合型のシステム基盤である。(編集部)

[Read More]

水曜日 3 13, 2013

企業を取り巻くすべてのデータを分析対象にする「Oracle Endeca Information Discovery」

「現在、世界中に存在するデータの約90%はここ2年の間に生み出され、2020年までにその量は50倍になる」──ビッグデータという言葉が登場して以来、データ量の増大に関する話を耳にする機会が増えたが、こうして数字で示されると、改めてその膨大さに圧倒される。「選択肢の数があまりにも多いと、人は選択すること自体を諦めてしまう」と日本オラクルの高橋桃子氏(製品事業統括 製品戦略統括本部 Business Analytics 推進本部 担当マネジャー)は語る。それをさせないために、オラクルが提供を開始したビッグデータ分析ツールが「Oracle Endeca Information Discovery」だ。2012年10月に開催された「Oracle Days Tokyo 2012」における高橋氏のセッション「Oracle Endeca Information Discovery ― ビッグデータ時代を勝ち抜く情報探索ソリューション」から、同製品の概要と先進企業における活用事例を紹介する。(五味明子)

[Read More]

火曜日 3 12, 2013

「Oracle Big Data Connectors」はHadoopとOracle Databaseをどうつなぐのか?

人々が各種のコンピュータを使って社会活動を営むのに伴って生成される多種多様なデータ、いわゆるビッグデータをビジネスで有効活用しようという機運が高まっている。ただし、忘れてはならないのが、顧客情報や商品情報など、企業にとって最も重要なデータはRDBMSに格納されており、それらのデータとともに活用しなければ、ビッグデータは価値を生まないということだ。RDBMSのトップ・ベンダーとしての自負から、オラクルは企業にとって最も現実的かつ実用的なビッグデータ・ソリューションを提供すべく、製品の拡充を進めている。その核となるソリューションの1つが、ビッグデータの分散処理基盤であるHadoopとOracle Databaseを結ぶ「Oracle Big Data Connectors」である。(沙倉芽生)

[Read More]
About

Twitter
Facebook

Search

Recent Posts
Archives
« 3月 2013 »
     
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
      
Today