火曜日 1 21, 2014

Oracle LinuxとOracle WebLogic ServerでITインフラのコストはまだ下がる! コスト面でRed Hat Enterprise Linux、Red Hat JBoss EAPよりもメリットが大きい。その理由は?

企業のIT予算の多くを占める運用保守コスト。その削減に努めてきた企業に朗報だ。ITインフラの保守コストはまだ下げられる。特にRed Hat Enterprise LinuxやRed Hat JBoss Enterprise Application Platformといったオープンソース・プロダクトを利用している企業には、ぜひここで紹介するオラクルのソリューションをご活用いただきたい。企業が長期間にわたり安心して使いたいと考えた場合、「オープンソースだから安い」は常識ではないのだ。(編集部)

[Read More]

金曜日 1 10, 2014

次世代のデータ・ウェアハウス基盤はOracle Exadataで! “データ活用のリアルタイム化”、“OLTPとの統合”も可能にする圧倒的な性能の秘密に迫る

現在、ビジネスの現状把握などの目的から、多くの企業がデータ・ウェアハウス(DWH)を活用しているが、性能やコストの面で現状のDWH基盤に課題を感じている企業が少なくないようだ。また、ビジネス・スピードの向上を目的に、より鮮度の高いデータの活用をDWH基盤に求める声も強まっている。これらの課題/ニーズに応えるDWH基盤として、世界中の企業で採用が進んでいるのが「Oracle Exadata」だ。ここでは、DWH基盤としてのOracle Exadataの魅力/実力を、主にテクノロジー面に焦点を当てて紹介する。(川添貴生)

[Read More]

金曜日 11 29, 2013

ライオンがメインフレーム、SAP会計、TeradataのデータベースをOracle Exadataへ移行して大満足している理由とは?――Oracle Days Tokyo 2013 レポート

SAPアプリケーションのバックエンドで利用するデータベース・システムの性能向上などを目的にOracle Exadataを導入する企業が世界中で増加している。そうした1社がライオンだ。同社はメインフレーム上で稼働していたDB2、SAP上のOracle Database、およびBusiness Intelligence(BI)システムで利用していたTeradataからの移行先としてOracle Exadataを選択した。それによってどのようなメリットが得られたのか? 2013年10月に開催されたOracle Days Tokyo 2013におけるライオンの講演「Oracle ExadataのSAPアプリケーション基盤としての利用とDB2およびTeradataからの移行」から、そのポイントを紹介する。(編集部)

[Read More]

水曜日 11 27, 2013

ビッグデータ活用のために “今すぐ使える”データ統合基盤をOracle GoldenGate、Oracle Data Integratorで作る――Oracle Days Tokyo 2013 レポート

事業活動で生じるさまざまな情報(データ)を活用すれば、ビジネスの質や量をさらに高められる──「ビッグデータ」に高い関心が集まる今日、これが自明であることに疑いの余地はない。ただし、活用のタイミングが遅れれば、その分、データがもたらす価値は低くなる。逆に、発生したデータをすぐに活用することができれば、そこから新たな価値、新たなビジネスを生み出すことが可能になる。そのために今、どのような手立てが使えるのか? 2013年10月に開催されたOracle Days Tokyo 2013で実施されたセッションにおいて、日本オラクルの谷川信朗氏(製品戦略事業統括本部 戦略製品&BA推進グループ シニアプロダクトラインマネジャー)が、その即効薬を紹介した。(編集部)

[Read More]

水曜日 11 13, 2013

「Oracle Exadataは、単に導入するだけで相応の効果が得られる。しかし…」 東京海上日動システムズが実践するITシンプル化と、その先にあるイノベーション――Oracle Days Tokyo 2013 レポート

「強力なパワーを秘めたOracle Exadataは、単に導入するだけで相応の効果が得られる。しかし、それだけで満足するのではなく、その機会を巧みに活用していくことが重要だ」──こう語るのは、Oracle Exadataを核に据えた社内データベース集約プロジェクトを推進する東京海上日動システムズの永易稔丈氏(ITサービス本部オープン基盤部 上級プロデューサー)である。業務処理能力の向上やコスト削減、IT業務効率化にとどまらず、社内IT標準化や内製力の強化、業務改善による企業変革/イノベーション力の向上まで視野に入れた同プロジェクトの取り組みを、2013年10月に開催されたOracle Days Tokyo 2013における永易氏の講演から紹介する。(編集部)

[Read More]

木曜日 9 19, 2013

RedHat+Oracleユーザーにぜひ知ってほしい! Oracle Linuxがオラクル製品の実行基盤に最適な理由

「オラクル製品をRed Hat Enterprise Linux 上でお使いの皆様には、ぜひ一度Oracle Linuxへの移行をご検討いただきたい」——こう語るのは、日本オラクルの松崎展晃氏だ。今日、Linuxディストリビューションは数多く存在するが、その中でOracle Linuxは着実にユーザー数を伸ばしてきた。「オラクルがオラクル製品のために開発したLinux OS」には、果たしてどのようなメリットがあるのだろうか。(川添貴生)

[Read More]

火曜日 9 17, 2013

“プロアクティブなサポート”が、Oracle Exadataの運用管理を劇的に効率化する──日本オラクルによるOracle Exadata活用支援サービス【第3回】

企業のIT活用/ビジネスに大きな変革をもたらす次世代のデータベース・システム基盤「Oracle Exadata」は、企業のIT運用管理にも単なる効率化を超えたさまざまなメリットをもたらす。そのメリットを最大限に引き出すのが、日本オラクルのサポート部門だ。障害などの予兆を察知して問題発生を未然に防ぐ"プロアクティブなサポート"を特色とするサポート・サービスの提供コンセプトとサービスの概要、ユーザー企業にとってのメリットを紹介する。(編集部)

[Read More]

水曜日 9 11, 2013

システム構築で失敗しない! 導入企画からシステム設計/構築、人材教育まで使い倒せる支援サービスとは?──日本オラクルによるOracle Exadata活用支援サービス 【第2回】

情報処理スピード、コスト最適化、そしてビジネス価値の創出に至るまで、従来のシステム基盤にない特徴を備えた次世代のデータベース・システム基盤「Oracle Exadata」。8分の1ラック・モデルの登場により、部門レベルでのスモールスタート導入も可能になったこのシステム基盤の活用を支援すべく、日本オラクルは全社を挙げた活用支援体制を敷いている。今回は、導入検討からシステムの設計/構築までのフェーズを通して日本オラクルのコンサルティング部門、教育部門が提供するサービスの概要を紹介する。(編集部)

[Read More]
About

Twitter
Facebook

Search

Recent Posts
Archives
« 4月 2014
  
1
2
3
4
5
6
7
9
10
11
12
13
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   
       
Today