火曜日 4 15, 2014

遂に Amazon RDS も対応! クラウド環境から期待されるデータベース・レプリケーション「Oracle GoldenGate」

リアルタイムのデータ統合と同種・異種データベースのレプリケーションを実現するOracle GoldenGate。近年、企業での活用が進んでいますが、AWS RDS Oracle データベースインスタンスが、GoldenGateによるレプリケーション操作のソースまたはターゲットとして利用できるという発表がありました。この機会に一度、Oracle GoldenGate というテクノロジーがどのようなものか、どのような効果があるのかについて簡単に解説します。
(Data Integration/MAA担当)

[Read More]

水曜日 2 26, 2014

Oracle Databaseにより、データベース・クラウドをいかに構築するか?──「データベース統合基盤の設計ガイド」セミナー・レポート

「社内に散在するデータベースを集約/統合し、コスト最適化や運用管理の効率化を図りたい」──年々高まり続けるこれらのニーズへの1つの解として、オラクルは昨年、データベースのマルチテナント化に対応したRDBMS「Oracle Database 12c」をリリース。併せて、同RDBMSも活用したデータベース・クラウドの構築を検討するアーキテクトらに対し、実践的なノウハウの提供を開始している。(編集部)

[Read More]

月曜日 2 24, 2014

データ連携によるダウンタイムを限りなくゼロへ! さらに速くなったOracle GoldenGate 12cとOracle Data Integrator 12c

データ連携ツールとして、さまざまな用途で活用されている「Oracle GoldenGate」と「Oracle Data Integrator」が、「12c」へとバージョンアップされた。"リアルタイムなデータ活用"に対する企業のニーズが高まる中、ますます重要性が増す両ツール最新版の機能を、2014年1月に開催された製品発表会の内容を基に紹介する。(編集部)

[Read More]

火曜日 12 10, 2013

メインフレーム、オフコンのリプレース先はこのマシン!──レガシー・システムのオープン化で企業がOracle Exadataを選ぶ理由

旧式化したメインフレームやオフコンをこれ以上使い続けることをリスクと考え、「ベンダー・ロックインの回避」や、「割高な運用保守コストの大幅削減」、「ビジネスのスピードに追随できる俊敏性の獲得」を狙ってシステムのオープン化に取り組む企業が増えている。その移行先として選ばれることが多いのが「Oracle Exadata」だ。ここでは、国内企業における移行事例を基に、企業がオープン化において求める要件と、その要件を満たすシステム基盤としてOracle Exadataが選ばれている理由を紹介する。(川添貴生)

[Read More]

水曜日 2 27, 2013

Oracle GoldenGate の記事



EnterpriseZine の DB Online に記事が掲載されていますので、是非ご参照ください。

世界中で導入が加速する「データ統合」のキーテクノロジー!
使い倒しがいのあるOracle GoldenGate活用術
http://enterprisezine.jp/dbonline/detail/4535

[Read More]

火曜日 2 26, 2013

Oracle GoldenGate のOTN技術情報サイト・アップデート

リアルタイム・データ・レプリケーションを実現する製品「Oracle GoldenGate」に関するOTNの技術情報サイトをアップデートしました。

[ OTN - Oracle GoldenGate 情報サイト ]
http://www.oracle.com/technetwork/jp/middleware/goldengate/overview/index.html

[Read More]

月曜日 2 25, 2013

ガートナー、データ統合ツールのリーダー クアドラントにオラクルを位置付け

Gartner, Inc.(以下ガートナー)が評価する「データ統合ツールのマジック・クアドラント」のリーダーに4年連続で位置付けられました。

日本オラクルのニュースリリース:
http://japanmediacentre.oracle.com/content/detail.aspx?ReleaseID=2774&NewsAreaId=2

(本資料は米国2013年1月10日にオラクル・コーポレーションより発表されたプレスリリースの抄訳です)


[Read More]

月曜日 11 26, 2012

「いつでもアクセス可能なデータ基盤」をいかに構築するか?──ビッグデータ時代もデータベースの高可用性を担保する「Oracle Maximum Availability Architecture」

「すでに数年前とは、ビジネスを取り巻くスピードも、データ量も、データへのアクセス手段も大きく変わっている。この時代にふさわしいリアルタイムなデータ基盤を作り込まなければ、ビジネスの流れに着いて行くのはますます難しくなる」──2012年10月に都内で開催された「Orale Days Tokyo 2012」のセッションにおいて、日本オラクルの谷川信朗氏(製品戦略統括本部 テクノロジー製品推進本部 シニアプロダクトラインマネジャー)はこう強調した。「だからこそ、いつでもデータ・アクセスを可能にするインフラ基盤を構築しなければならない」(谷川氏)。その基盤を実現するアーキテクチャ・モデルとして、オラクルは「Oracle Maximum Availability Architecture」を提唱している。谷川氏のセッション「データベース基盤を止めない、Oracle Maximum Availability Architecture」から、そのエッセンスを紹介しよう。(五味明子)

[Read More]
About

Twitter
Facebook

Search

Recent Posts
Archives
« 4月 2014
  
1
2
3
4
5
6
7
9
10
11
12
13
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   
       
Today