月曜日 2 03, 2014

凄いのは綺麗なGUIだけじゃない! コマンドラインでさらに便利に使えるシステム統合運用管理環境「Oracle Enterprise Manager」

企業のITマネジャーやシステム管理者にとって、複雑なシステム環境をいかに安定して運用し、なおかつ効率的に管理するかは、永遠の課題である。オラクルは、この課題の解決を支援するソリューションとしてシステム統合運用管理環境「Oracle Enterprise Manager」を提供している。オラクル製品で構成されたシステム環境の効率的な運用管理を実現する同環境は、さまざまなシステム情報の見える化と扱いやすいユーザー・インタフェースで知られるが、コマンドラインのインタフェースを使えば運用管理作業をさらに効率化できることをご存じの方は少ないようだ。この知られざるOracle Enterprise Managerの魅力を日本オラクルの榑松谷仁氏(テクノロジーコンサルティング統括本部 テクニカルアーキテクト本部 ミドルウェアアーキテクト部 シニアプリンシパルコンサルタント)に聞いた。(編集部)

[Read More]

木曜日 1 30, 2014

Oracle Exadataの管理はOracle Enterprise Managerでここまで楽になる!――Oracle Days Tokyo 2013レポート

圧倒的な性能や可用性が評価され、さまざまな業種の企業で旧式化した基幹システムのリプレースや統合データベース基盤として導入が進む「Oracle Exadata」。そこに投入されている最新テクノロジーは、システムの運用管理も劇的に効率化する。それを可能にしているのが、システム統合運用管理環境「Oracle Enterprise Manager」だ、2013年10月に開催されたOracle Days Tokyo 2013では、日本オラクルの若林千寿子氏(テクノロジー製品事業統括本部 基盤技術本部 DB技術グループ シニアエンジニア)が、同環境を駆使したOracle Exadataの管理ノウハウを紹介した。(編集部)

[Read More]

木曜日 9 19, 2013

Oracle Database 12c対応の「Oracle Enterprise Manager 12c R3」が登場。クラウド化などで複雑化するシステムの運用管理をさらに効率化

2013年8月、オラクル製品で構成されたシステム環境に特化した統合運用管理ツールの新版として「Oracle Enterprise Manager 12c Release 3(以下、Oracle EM 12c R3)」が発表された。同製品の記者説明会では、日本オラクルの三澤智光氏と平井克人氏が登壇し、今日の企業が抱えるシステム運用管理の課題や、それを解決するOracle EM 12c R3の新機能などについて説明した。(川添貴生)

[Read More]

月曜日 8 12, 2013

ベリサーブのエキスパートが語る、ソフトウェア・テストで企業が抱える課題と「Oracle Application Testing Suite」の使いどころ

コンシューマーからエンタープライズまで、社会のあらゆる領域でITの活用が進む中、ソフトウェアが果たす役割の重要性も年々高まっている。当然、ソフトウェアの品質を高いレベルに保つことが、製品/サービスの質を向上させ、不具合による改修やリコールのリスクを低減するうえで重要なポイントになるが、現状、国内企業の取り組みにはまだ課題が多いようだ。オラクルのテスト・ソリューション・スイート「Oracle Application Testing Suite(ATS)」も活用しながら、品質検証をはじめソフトウェアの品質向上を支援するさまざまなサービスの提供で業界をリードするベリサーブのエキスパートらに、ソフトウェア・テストを巡り国内企業が直面する課題と、Oracle ATSの効果的な活用ポイントを聞いた。(編集部)

[Read More]

木曜日 5 30, 2013

新日鉄住金ソリューションズのエキスパートが語る、企業システム統合運用管理環境「Oracle Enterprise Manager 12c」ならではの魅力

ミッション・クリティカルな企業情報システム基盤の構築/運用管理を得意とする新日鉄住金ソリューションズは、オラクル製品に関する高い技術スキルと豊富な導入実績を持つことでも知られる。その同社が顧客企業のシステム運用管理に活用しているのが、Oracle Databaseをはじめとするオラクル製品の深い解析や監視/管理を可能にする統合運用管理環境「Oracle Enterprise Manager 12c」だ。同社のITインフラソリューション事業本部に所属し、ITアーキテクトとして企業のインフラ管理を担う北野佑氏(ITエンジニアリング事業部ITアーキテクティンググループ)に、Oracle Enterprise Manager 12cならではの魅力を聞いた。(川添貴生)

[Read More]

土曜日 2 23, 2013

“テスト自動化”で進む、システム/データベース・テストのさらなる効率化──「JaSST’13 Tokyo」レポート

2013年1月30日~31日の2日間にわたり、“ソフトウェア・テスト”をテーマにした年次シンポジウム「ソフトウェアテストシンポジウム2013 東京(通称:JaSST’13 Tokyo) 」が都内で開催された。企業活動においてITシステムが果たす役割が広がるのに伴い、性能も含めたITシステムの品質確保はますます重要な課題となっている。ここでは、JaSST’13 Tokyo の初日に行われた講演の中から、近年、多くの関心を集める“テスト自動化”を巡る話題、そして企業システムの中核を成すデータベースの性能テストに関する話題を紹介する。(編集部)

[Read More]

木曜日 1 24, 2013

富士通「Systemwalker」と「Oracle Enterprise Manager」の連携に見る、システム統合管理環境の未来

1995年の発売以来、企業システムの統合管理環境として先進の機能を提供し続けてきたのが富士通の「Systemwalker」シリーズだ。現在ではオラクルの統合管理環境「Oracle Enterprise Manager」との連携にも対応し、オラクル製品の詳細な情報をSystemwalkerで一元的に把握することが可能になるなど、多彩な機能によって企業システムの安定稼働を支え続けている。先ごろ、このSystemwalkerとOracle Enterprise Managerの連携がさらに強化され、新たな魅力が加わった。富士通と日本オラクルの各担当者に、この連携の意義やメリットを聞いた。(川添貴生)

[Read More]

木曜日 4 26, 2012

NEC「WebSAM」と「Oracle Enterprise Manager」の連携はここまで来た!オラクル環境の詳細監視とシステム全体の監視をシームレスに統合!!

NEC「WebSAM」と「Oracle Enterprise Manager」の連携はここまで来た! オラクル環境の詳細監視とシステム全体の監視をシームレスに統合!!

システム全体の可視化と運用の自動化を実現する統合運用管理ツールとして定評のあるNECの「WebSAM」。従来からオラクル製品の監視を実現していたが、次期バージョンではオラクルの運用管理ツール「Oracle Enterprise Manager(EM)」との連携が強化され、さらに高度なオラクル環境の運用監視が可能になるという。ここでは、NEC 第二ITソフトウェア事業部 シニアマネージャーの上坂利文氏と、第三ITソフトウェア事業部 マネージャーの青柳孝一氏、そして日本オラクルの人見尊志氏に聞いた、WebSAMとOracle Enterprise Managerの連携がユーザーにもたらすメリットを紹介する(編集部)。

[Read More]
About

Twitter
Facebook

Search

Recent Posts
Archives
« 4月 2014
  
1
2
3
4
5
6
7
9
10
11
12
13
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   
       
Today