月曜日 10 28, 2013

ベネッセは、オラクルのBIテクノロジーを活用してダイレクト・マーケティングのさらなる深化/進化を目指す──Oracle Data Intelligence Forum 2013レポート

ベネッセコーポレーションは現在、オラクルのテクノロジーを用いながら、ダイレクト・マーケティングの先鋭化を推し進めている。2013年8月28日に日本オラクルが開催したフォーラム「Oracle Data Intelligence Forum 2013」では、その取り組みの全容が披露された。同社は、なぜオラクルのテクノロジーが選んだのか?その背後にあるベネッセコーポレーションのダイレクト・マーケティング戦略とはいかなるものなのか? 同社IT担当者らによる講演の内容を紹介する。(編集部)

[Read More]

水曜日 10 23, 2013

モバイル、ユーザビリティ、インテグレーションを強化。新しくなったOracle Business Intelligenceの全容──Oracle Data Intelligence Forum 2013レポート

オラクルは現在、Business Intelligence(BI)などによる高度な情報活用に取り組む企業を支援すべく、多岐にわたるハードウェア/ソフトウェア製品を提供している。2013年8月に開催された「Oracle Data Intelligence Forum 2013」では、「Oracle Business Intelligenceの全貌と製品戦略」と題したセッションにおいて、オラクルのBIソリューションの全体像と方向性、そして主な製品が紹介された。その要旨をレポートする。(編集部)

[Read More]

月曜日 10 21, 2013

現場の情報活用スタイルを変革し、データをビジネス価値に変えるスピードをさらに速める──Oracle Data Intelligence Forum 2013基調講演レポート

2013年8月28日、日本オラクルは都内で「Oracle Data Intelligence Forum 2013」を開催した。その名のとおり、同フォーラムは「ビジネスの変革、あるいは成長へとつながるデータの分析力/活用力をどう獲得するか」というテーマに焦点を当てたものだ。半日のフォーラムながら8セッションが実施され、国内外企業の先進事例をはじめ、データ分析/情報活用の近代化を支えるオラクルの最新技術/ソリューションが披露された。ここでは同フォーラムの基調講演の要旨を紹介する。(編集部)

[Read More]

火曜日 4 30, 2013

エキスパートが教える、HadoopとRDBMSを組み併せたハイブリッドなデータ処理の勘所──「Oracle Big Data Forum」レポート

近年、大量のデータの分散処理基盤として「Hadoop」への注目が高まっている。うまく活用すれば低いコストで大規模かつ高速なデータ処理が行えることから、これをRDBMSと組み合わせてビッグデータの処理基盤に使おうという企業も多いようだ。それでは、HadoopとRDBMSの長所を最大限に生かすうえで留意すべきことは何か? これに関して、先ごろNTTデータと日本オラクルによる検証が行われた。2013年3月14日に日本オラクルが開催した「Oracle Big Data Forum」におけるNTTデータの近藤賢司氏による講演から、両社による検証の結果や、HadoopとRDBMSを組み合わせて使う際のポイントを紹介する。(編集部)

[Read More]

金曜日 4 26, 2013

ソフトバンクはビッグデータを武器にサービスを向上し、ビジネスを拡大する──「Oracle Big Data Forum」レポート

これまでは活用が難しかった企業内外に存在する大量および多様な構造のデータを収集/分析し、その中からビジネス上の価値ある知見を引き出す「ビッグデータ」への取り組みが本格化している。かつてはテクノロジー寄りの観点で語られることが多かったが、今日ではビッグデータを戦略的に活用し、ビジネス上の成果を上げる企業が国内にも登場し始めた。日本オラクルが2013年3月14日に都内で開催した「Oracle Big Data Forum」では、そうした企業の1社として、ビッグデータを活用して移動体通信サービスの向上やオンライン/オフライン・マーケティング事業に取り組むソフトバンク・グループの事例が紹介された。(編集部)

[Read More]

月曜日 4 08, 2013

M2Mを支えるFast Data Processingにより、ビッグデータ収集へと向かう企業たち──「Oracle Big Data Forum」レポート

センサーなどの多様なデバイスからリアルタイムに情報を収集/処理し、そこからビジネス機会を捕捉して先手の施策を打つ──最近、このように積極的なビッグデータ収集と順次処理を行う「Fast Data Processing」に取り組む企業が国内外で増えている。実はこうした企業の中には、システム基盤としてオラクル製品を活用しているところが多い。日本オラクルが2013年3月14日に都内で開催した「Oracle Big Data Forum」におけるセッションから、それら先行企業におけるFast Data Processingの事例を紹介しよう。(編集部)

[Read More]

金曜日 3 15, 2013

ビッグデータ時代を支えるオラクルのBIソリューション──その戦略とロードマップ

「今日、企業幹部の3分の2は、自社内にあるデータからインテリジェンスを引き出すことが極めて重要だと考えている。しかし、10人中9人はそれがうまくできているとは思っておらず、情報を活用できていないことが売り上げの損失にもつながっていると考えている」と説明するのは、米国オラクルでビジネス・インテリジェンス プロダクトマネジメント担当バイス・プレジデントを務めるポール・ロドウィック氏だ。2012年10月に都内で開催された「Oracle Days Tokyo 2012」における氏のセッションから、オラクルのビジネス・アナリティクス製品の戦略とロードマップを紹介しよう。(沙倉芽生)

[Read More]

水曜日 3 13, 2013

企業を取り巻くすべてのデータを分析対象にする「Oracle Endeca Information Discovery」

「現在、世界中に存在するデータの約90%はここ2年の間に生み出され、2020年までにその量は50倍になる」──ビッグデータという言葉が登場して以来、データ量の増大に関する話を耳にする機会が増えたが、こうして数字で示されると、改めてその膨大さに圧倒される。「選択肢の数があまりにも多いと、人は選択すること自体を諦めてしまう」と日本オラクルの高橋桃子氏(製品事業統括 製品戦略統括本部 Business Analytics 推進本部 担当マネジャー)は語る。それをさせないために、オラクルが提供を開始したビッグデータ分析ツールが「Oracle Endeca Information Discovery」だ。2012年10月に開催された「Oracle Days Tokyo 2012」における高橋氏のセッション「Oracle Endeca Information Discovery ― ビッグデータ時代を勝ち抜く情報探索ソリューション」から、同製品の概要と先進企業における活用事例を紹介する。(五味明子)

[Read More]
About

Twitter
Facebook

Search

Recent Posts
Archives
« 4月 2014
  
1
2
3
4
5
6
7
9
10
11
12
13
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   
       
Today