月曜日 4 14, 2014

「使える、利益を生むデータ活用基盤」をいかに作るか? TISとオラクルが持つ、失敗しないためのノウハウとアプローチ──Oracle Business Analytics Forumレポート

「さらなる企業競争力の強化を図るうえでデータ活用基盤の整備が重要」だという認識に疑いの余地はないものの、一方でこれまで、少なからぬ企業が理想のデータ活用基盤の構築に挑み、挫折してきた。この取り組みを成功させるには、どのようなポイントに留意すべきか、またオラクルのビジネス・アナリティクス(BA)/ビジネス・インテリジェンス(BI)ソリューションを活用した企業は、どのような取り組みによって成功を勝ち取ったのか──日本オラクルが2014年2月に都内で開催したセミナー「Oracle Business Analytics Forum」では、TISとオラクルのBA/BIエキスパートらが、実際の経験に基づくノウハウや成功事例を披露した。(編集部)

[Read More]

火曜日 4 08, 2014

ビッグデータを始める前に、今あるデータのリアルタイム活用で確実にビジネス成果を出す。必要なのは、速く、柔軟なデータ統合基盤

ビッグデータの活用で成果を挙げた企業の事例が話題となる一方で、「高い目標を掲げて取り組みを始めたものの、思うように成果が挙がらない」、あるいは「そもそも何から始めたらよいかわからない」といった声も聞かれる。そうした企業に勧めたいのが、「まず既存のデータ資産の活用スピードを上げることから始める」というアプローチだ。実際、それによって短期間で大きな成果を挙げている企業は少なくない。ただし、この取り組みにおいても課題となることが1つある。それは、既存システムからスピーディにデータを集め、新たな用途で使うための「データ統合基盤の構築」だ。2014年3月に都内で開催されたセミナー「データマネジメント2014」では、日本オラクルの谷川信朗氏がセッションに登壇。既存データ資産の活用スピードを高めるためのデータ統合基盤のあり方と、その導入効果などを紹介した。(編集部)

[Read More]

月曜日 3 24, 2014

統計家 西内啓氏は語る「統計学の活用は日本企業の“お家芸”。今こそ、現場中心のデータ分析を浸透させる時」──Oracle Business Analytics Forumレポート

「理想的な情報活用基盤を築き、データを企業競争力の源泉へと転換していく」──日本オラクルは2014年2月、この重要課題に焦点を当てたセミナー「Oracle Business Analytics Forum」を都内で開催。その特別講演には、書籍『統計学が最強の学問である』(ダイヤモンド社)の著者としても知られる統計家の西内啓氏が登壇し、企業がデータ分析を現場に浸透させるうえでのコツを示した。ここでは、西内氏による講演の要旨と、氏が示唆したデータ活用力強化に向けたポイントもカバーするオラクルのビジネス・アナリティクス(BA)/ビジネス・インテリジェンス(BI)ソリューションが、世界中の企業にどう活用され、どのようなビジネス価値を生み出しているのかを紹介する。(編集部)

[Read More]

月曜日 3 17, 2014

夜はぐっすり眠りたい! カルソニックカンセイが「15時間→30分」というMRP夜間バッチの大幅短縮と、メインフレームで稼働する基幹業務の短期移行を実現できた理由とは?

「データベース・サーバのパフォーマンス不足により、生産管理システム(MRP)の夜間バッチ処理が業務開始時間までに終わらない」という課題を抱えていたカルソニックカンセイが、この問題を解消すべく導入したのが「Oracle Exadata」である。2014年2月に開催されたセミナー「Oracle Database Leaders Club」における同社業務改革本部 コーポレートITオペレーショングループの守田進氏による講演の内容を基に、カルソニックカンセイが取り組んだOracle Exadata導入プロジェクトの概要を紹介する。(編集部)

[Read More]

月曜日 1 20, 2014

データの価値を今すぐ現場に、経営層に! オラクルのBAソリューションが企業の情報活用力をスピーディに高める“3つの理由”──第3回 インテグレーション編

オラクルのビジネス・アナリティクス(BA)ソリューションでは、豊富なラインアップを取り揃えるBAおよびビジネス・インテリジェンス(BI)製品間でスムーズな連携が実現されているだけでなく、その根底にあるデータや実行環境となるシステム基盤、さらには運用管理機能やセキュリティ機能までもが密接に統合されている。今回は、オラクルのBAソリューションの強化テーマの1つである「インテグレーション」について、主なポイントを紹介しよう。(編集部)

[Read More]

木曜日 1 16, 2014

企業が扱うあらゆるデータを自在に分析。ビジネス・アナリティクスを全方位で支えるオラクルのソリューション群──Oracle Days Tokyo 2013レポート

データの活用力を高め、それを組織や企業、ビジネスの成長や発展、あるいは変革に生かしていく」──そのことの重要性について、異を唱える向きはまずおられないだろう。とは言え、「経営に資する情報活用」の実現は容易ではなく、そのための仕組みをどのようにして作るかが企業にとって大きな課題となっている。2013年10月に開催された日本オラクルのイベント「Oracle Days Tokyo 2013」では、オラクルのBusiness Analytics戦略に焦点を当てたセッションが実施され、米国オラクル ビジネス・アナリティクス製品担当バイス・プレジデントのジャック・ベルコウィッツ氏がスピーカーを務めた。その要旨を紹介する。(編集部)

[Read More]

月曜日 12 16, 2013

データの価値を今すぐ現場に、経営層に! オラクルのBAソリューションが企業の情報活用力をスピーディに高める“3つの理由”──第2回 ユーザー志向編

オラクルのBusiness Analytics(BA)ソリューションでは、「ユーザー志向」、すなわち「エンドユーザーにとっての使いやすさ」を徹底的に追及することをキーテーマの1つとして掲げている。今回は、このテーマに焦点を絞り、オラクルのBAソリューションの「ユーザー志向」がどのような技術、製品、そしてコンセプトの下に実現されているのか、また、それによっていかなるビジネス効果がもたらされるのかを説明する。(編集部)

[Read More]

月曜日 11 11, 2013

データの価値を今すぐ現場に、経営層に! オラクルのBAソリューションが企業の情報活用力をスピーディに高める“3つの理由”──第1回 モバイル編

"情報活用力"は企業の競争力の優劣を決める要素の1つだが、それを強化するうえで、今日では"ITの活用"が大きな鍵を握っている。情報活用のフロント端末として各種モバイル・デバイスが企業の現場に浸透するのに伴い、情報活用力のさらなる向上を目指す企業は、これに対応した新たなITソリューションを必要としている。これを受け、オラクルは先頃、システム基盤製品(Engineered Systems)やBusiness Intelligence(BI)製品などから成るBusiness Analytics(BA)ソリューション群の大幅な拡充を図った。そのキーテーマは、「モバイル」、「ユーザー志向」、「インテグレーション」だ。(編集部)

[Read More]
About

Twitter
Facebook

Search

Recent Posts
Archives
« 4月 2014
  
1
2
3
4
5
6
7
9
10
11
12
13
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   
       
Today