金曜日 10 25, 2013

Oracle Exadata 導入事例: パナソニック インフォメーションシステムズ株式会社

Oracle Exadata 導入事例ビデオのご紹介です(2分23秒)。パナソニック インフォメーションシステムズ様はOracle Exadataを導入し、オンライン処理を平均6.5倍、バッチ処理が8倍の高速化、データベースサーバを22台から2台へと集約、運用コストを6割削減と目覚ましい成果をあげられています。

[Read More]

月曜日 8 19, 2013

ケタ違いな情報活用の実現から稼働後の安定運用まで、Oracle Exadataを安心して導入できる理由──日本オラクルによるOracle Exadata活用支援サービス【第1回】

従来のシステム基盤を大きく凌駕する性能により、企業の情報処理に新たな地平を開き、これまでにないビジネス・モデルやIT活用を可能にした次世代のデータベース・システム基盤「Oracle Exadata」。日本オラクルは、国内企業における活用の輪をさらに広げるべく、検討フェーズからシステム設計/構築フェーズ、そして運用開始後の稼働監視、パッチ適用、アップグレード、障害対応に至るまで、Oracle Exadataのライフサイクル全般を包括的に支援する体制を整え、サービスの提供を開始している。本企画では、この日本オラクルならではのOracle Exadata活用支援サービスの特徴、メリットを紹介する。(編集部)

[Read More]

月曜日 7 22, 2013

「いざビッグデータ活用!」への備えとして、企業はデータ・アーキテクチャの管理強化を

ビッグデータ時代とも言われる今日、Oracle ExadataをはじめとするオラクルのEngineered Systemsが可能にした従来とはケタ違いの処理性能/スケールを生かして、これまでは不可能だった新たな情報活用に取り組もうという企業が増えている。ただし、ここで忘れてはならないのは、ビッグデータは多くの企業がすでに保持している構造化データ、すなわちRDBMS内のデータと組み合わせて利用して初めて価値を生むと言うことだ。つまり、RDBMS内に格納された各種のデータを、いつでも活用できる状態に整える「データ・アーキテクチャ管理」の活動が一層重要になる。日本オラクル テクノロジーソリューションコンサルティング統括本部に所属し、日ごろ顧客企業のデータ・アーキテクチャ管理を支援しているプリンシパルコンサルタントの伊藤幹也氏(テクニカルアーキテクト本部 データベースアーキテクト部)に、このデータ・アーキテクチャ管理の重要性や活動におけるポイント、メリットなどを聞いた(編集部)。

[Read More]

金曜日 7 12, 2013

Oracle ExadataがMM総研大賞2013でビッグデータシステム製品分野において最優秀賞受賞!

"日本のものづくり(製品・サービスによる価値づくり)をもっと元気にしたい!"という思いのもと創立されたMM総研大賞ですが、第10回目の実施となる今年は、「スマート社会を支える製品・サービス」をテーマに選定がおこなわれました。

おかげさまで Oracle Exadata が、「クラウドソリューション部門のビッグデータシステム製品分野」で最優秀賞を獲得致しました。

[Read More]

水曜日 4 03, 2013

新世代の情報処理基盤が企業にもたらすケタ外れの性能が今、ビジネスのルール/仕組み/常識を変える

「これまでは不可能だった“膨大なデータのリアルタイム処理”が可能になったとき、新たにどのようなビジネスが可能になるのか? 既存のビジネスにどのような変化が起こりうるのか?」──企業での本格的な活用が始まって以来、いつの時代にも、ITは業務のあり方やビジネスの仕組みに大きな影響/変化をもたらしてきた。そして今、また1つ大きな変化が起こりつつある。その原動力となるのは、圧倒的なスピードとスケールによるデータ処理を実現する次世代のシステム基盤だ。この基盤が可能にする“膨大なデータのリアルタイム処理”は、果たしてビジネスにどのような変化をもたらすのだろうか。日本オラクルで長年テクノロジー・コンサルタント組織を率いてきた小守雅年氏(執行役員 テクノロジーソリューションコンサルティング統括本部長)に聞いた。(編集部)

[Read More]

木曜日 3 14, 2013

今、システム基盤は水平分散型から垂直統合型へ──企業のITコスト構造を変革し、圧倒的な性能でさらなる情報活用を支えるオラクルのEngineered Systems

依然として厳しい経済情勢が続く今日、さらなる成長を目指す企業のIT部門は、ビジネス機会の創出や顧客価値向上のためのIT活用を支援すべく、知恵を巡らしていることだろう。ただし、悩ましいのは現代企業のIT支出の7、8割を消化していると言われる運用保守コストの負担だ。ただでさえ緊縮が続くIT予算を大きく圧迫している運用保守コストを下げることなくして、企業を成長させるための“攻めのIT投資”を行うのは不可能である。今、こうした状況を一変させる新世代のシステム基盤として注目されているのが、ソフトウェアとハードウェアを融合させた垂直統合型のシステム基盤である。(編集部)

[Read More]

金曜日 10 19, 2012

NECがOracle Exadata対応のサービスを本格始動。 一次保守を提供し、運用管理製品のWebSAMもOracle Exadataに対応

NECは2012年8月3日、Oracle Exadataを対象とする一次保守サービスとSI支援サービス、およびOracle Database統合インフラ向けソリューションの提供を開始すると発表した。Oracle Exadata向け一次保守サービスは、オラクルの国内パートナー・ベンダーの中では初めての提供となる。また、Oracle Database統合インフラ向けソリューションの中では、NECのシステム統合管理環境「WebSAM」のジョブ管理機能などを活用したOracle Exadataの管理ソリューションを提供する。同社第三ITソフトウェア事業部 シニアマネージャーの森山由紀氏と第二ITソフトウェア事業部 マネージャーの秀島功介氏に、NECがOracle Exadataの一次保守サポートに乗り出した背景とユーザーにとってのメリット、そしてWebSAMのジョブ管理機能のOracle Exadata対応のメリットについて話を聞いた。(編集部)

[Read More]

金曜日 10 12, 2012

SAPをもっと速く! “SAP on Exadata”の比類なきパフォーマンスが、企業にコスト削減と新たなイノベーションの機会をもたらす

多くの企業がSAP ERPのデータベース基盤としてOracle Databaseを活用する中、ここ最近増えているのが“SAP on Exadata”、すなわちオラクルの高速データベース・マシンであるOracle Exadata上にSAP環境を移行するというケースだ。ハードウェアとソフトウェアを融合したEngineered Systemsの“顔”とも言えるExadataだが、この超高速データベース基盤でSAPを稼働させることにより、企業はどのようなメリットが得られるのか? 2012年9月に開催されたセミナー「SAP on Oracle Exadata 活用事例セミナー」の内容を基に、Exadataがユーザーにもたらす価値を、海外事例も交えて紹介する。(五味明子)

[Read More]
About

Twitter
Facebook

Search

Recent Posts
Archives
« 4月 2014
  
1
2
3
4
5
6
7
9
10
11
12
13
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   
       
Today