月曜日 2 24, 2014

データ連携によるダウンタイムを限りなくゼロへ! さらに速くなったOracle GoldenGate 12cとOracle Data Integrator 12c

データ連携ツールとして、さまざまな用途で活用されている「Oracle GoldenGate」と「Oracle Data Integrator」が、「12c」へとバージョンアップされた。"リアルタイムなデータ活用"に対する企業のニーズが高まる中、ますます重要性が増す両ツール最新版の機能を、2014年1月に開催された製品発表会の内容を基に紹介する。(編集部)

[Read More]

金曜日 2 07, 2014

データベース統合、データ・ウェアハウス、OLTPの基盤から、データベース・クラウド基盤へ、さらに進化した「Oracle Exadata X4-2」が登場!国内金融機関もいち早く採用

日本オラクルは2014年1月21日、超高速データベース・マシンの最新版「Oracle Exadata Database Machine X4-2」の提供を開始したと発表した。データ・ウェアハウス(DWH)基盤、OLTP基盤として多くの企業に支持されてきたOracle Exadataは、この最新版でプライベート・クラウドによるデータベースの統合/集約化を推し進める企業のためのDatabase as a Service(DBaaS)基盤へと進化した。同日に開催された記者発表会の内容を基に、Oracle Exadata X4-2の特徴、同製品の提供にかける日本オラクルの意気込みをお伝えする。(編集部)

[Read More]

月曜日 2 03, 2014

凄いのは綺麗なGUIだけじゃない! コマンドラインでさらに便利に使えるシステム統合運用管理環境「Oracle Enterprise Manager」

企業のITマネジャーやシステム管理者にとって、複雑なシステム環境をいかに安定して運用し、なおかつ効率的に管理するかは、永遠の課題である。オラクルは、この課題の解決を支援するソリューションとしてシステム統合運用管理環境「Oracle Enterprise Manager」を提供している。オラクル製品で構成されたシステム環境の効率的な運用管理を実現する同環境は、さまざまなシステム情報の見える化と扱いやすいユーザー・インタフェースで知られるが、コマンドラインのインタフェースを使えば運用管理作業をさらに効率化できることをご存じの方は少ないようだ。この知られざるOracle Enterprise Managerの魅力を日本オラクルの榑松谷仁氏(テクノロジーコンサルティング統括本部 テクニカルアーキテクト本部 ミドルウェアアーキテクト部 シニアプリンシパルコンサルタント)に聞いた。(編集部)

[Read More]

木曜日 1 30, 2014

Oracle Exadataの管理はOracle Enterprise Managerでここまで楽になる!――Oracle Days Tokyo 2013レポート

圧倒的な性能や可用性が評価され、さまざまな業種の企業で旧式化した基幹システムのリプレースや統合データベース基盤として導入が進む「Oracle Exadata」。そこに投入されている最新テクノロジーは、システムの運用管理も劇的に効率化する。それを可能にしているのが、システム統合運用管理環境「Oracle Enterprise Manager」だ、2013年10月に開催されたOracle Days Tokyo 2013では、日本オラクルの若林千寿子氏(テクノロジー製品事業統括本部 基盤技術本部 DB技術グループ シニアエンジニア)が、同環境を駆使したOracle Exadataの管理ノウハウを紹介した。(編集部)

[Read More]

火曜日 1 21, 2014

Oracle LinuxとOracle WebLogic ServerでITインフラのコストはまだ下がる! コスト面でRed Hat Enterprise Linux、Red Hat JBoss EAPよりもメリットが大きい。その理由は?

企業のIT予算の多くを占める運用保守コスト。その削減に努めてきた企業に朗報だ。ITインフラの保守コストはまだ下げられる。特にRed Hat Enterprise LinuxやRed Hat JBoss Enterprise Application Platformといったオープンソース・プロダクトを利用している企業には、ぜひここで紹介するオラクルのソリューションをご活用いただきたい。企業が長期間にわたり安心して使いたいと考えた場合、「オープンソースだから安い」は常識ではないのだ。(編集部)

[Read More]

月曜日 1 20, 2014

データの価値を今すぐ現場に、経営層に! オラクルのBAソリューションが企業の情報活用力をスピーディに高める“3つの理由”──第3回 インテグレーション編

オラクルのビジネス・アナリティクス(BA)ソリューションでは、豊富なラインアップを取り揃えるBAおよびビジネス・インテリジェンス(BI)製品間でスムーズな連携が実現されているだけでなく、その根底にあるデータや実行環境となるシステム基盤、さらには運用管理機能やセキュリティ機能までもが密接に統合されている。今回は、オラクルのBAソリューションの強化テーマの1つである「インテグレーション」について、主なポイントを紹介しよう。(編集部)

[Read More]

木曜日 1 16, 2014

企業が扱うあらゆるデータを自在に分析。ビジネス・アナリティクスを全方位で支えるオラクルのソリューション群──Oracle Days Tokyo 2013レポート

データの活用力を高め、それを組織や企業、ビジネスの成長や発展、あるいは変革に生かしていく」──そのことの重要性について、異を唱える向きはまずおられないだろう。とは言え、「経営に資する情報活用」の実現は容易ではなく、そのための仕組みをどのようにして作るかが企業にとって大きな課題となっている。2013年10月に開催された日本オラクルのイベント「Oracle Days Tokyo 2013」では、オラクルのBusiness Analytics戦略に焦点を当てたセッションが実施され、米国オラクル ビジネス・アナリティクス製品担当バイス・プレジデントのジャック・ベルコウィッツ氏がスピーカーを務めた。その要旨を紹介する。(編集部)

[Read More]

金曜日 1 10, 2014

次世代のデータ・ウェアハウス基盤はOracle Exadataで! “データ活用のリアルタイム化”、“OLTPとの統合”も可能にする圧倒的な性能の秘密に迫る

現在、ビジネスの現状把握などの目的から、多くの企業がデータ・ウェアハウス(DWH)を活用しているが、性能やコストの面で現状のDWH基盤に課題を感じている企業が少なくないようだ。また、ビジネス・スピードの向上を目的に、より鮮度の高いデータの活用をDWH基盤に求める声も強まっている。これらの課題/ニーズに応えるDWH基盤として、世界中の企業で採用が進んでいるのが「Oracle Exadata」だ。ここでは、DWH基盤としてのOracle Exadataの魅力/実力を、主にテクノロジー面に焦点を当てて紹介する。(川添貴生)

[Read More]
About

Twitter
Facebook

Search

Recent Posts
Archives
« 4月 2014
  
1
2
3
4
5
6
7
9
10
11
12
13
16
17
18
19
20
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   
       
Today