X

An Oracle blog about Oracle Coherence

導入事例|Internet of Things/M2M

Internet of Things/M2M 


広がりを見せる Internet of Things 型のサービス検討。どの企業も戦略的な取り組みで、その内部はなかなか見えてきませんが、確実に動いています。サービス差別化のためのタイムリーな処理と、今後の情報量増加に対応するための選択肢として、Oracle Coherence が選ばれています。



キヤノン株式会社 「複合機IoTソリューション」

Canon

キヤノンは2014年、全世界で100万台を超える複合機から収集した稼働情報をさまざまな顧客サービスへと転換するIoTソリューションのシステム基盤を刷新した。その新基盤を支える中核技術が「Oracle Exalogic」や「Oracle Coherence」、「Oracle Event Processing」といったオラクルの製品群だ。

記事を見る

詳細を見る

視聴する

日本電気株式会社 M2Mプラットフォーム 「CONNEXIVE」

CONNEXIVE

すでに国内で稼働実績のあるM2Mプラットフォーム「CONNEXIVE」。よりリアルタイム性が求められる IoT 要件に対応すべく、「CONNEXIVE」を支える基盤テクノロジーとして「Oracle Coherence」を導入。処理性能および耐障害性の向上に貢献。

記事を見る

詳細を見る

Nike 「Digital Platform」

video

Fuel Band などをお使いの世界中のユーザーとつながる Nike の Digital Platform。このパフォーマンスとスケーラビリティを支える基盤として「Oracle Coherence」、「Oracle Exadata」および位置情報管理「Oracle Spatial」を活用。

視聴する[英語]

Sascar 「フリート管理」

Sascar

「Oracle Coherence」「Oracle SOA Suite/Event Processing」「Exalogic」「Exadata」を活用して、数十万台の車両のリアルタイムの車両追跡を実現。秒間50,000メッセージの処理を連続処理しながら、高い圧縮率でデータを管理。

視聴する[英語]

記事を見る[英語]

Be the first to comment

Comments ( 0 )
Please enter your name.Please provide a valid email address.Please enter a comment.CAPTCHA challenge response provided was incorrect. Please try again.