X

An Oracle blog about Oracle Coherence

Coherence on Exalogic、メルボルン大学での取り組み

世界中で開催されている Coherence SIG(Special Interest Group)。主に、北米(NY、SF)およびロンドン開催がメインですが、次はオーストラリアで開催されます。その一番の理由は、注目すべき事例セッションを開催できるから。なんと、Coherence on Exalogic の事例です。すごい。2012/10/18 開催です。

2012/10/18 Coherence SIG at Melbourne, Australia

セッション: Case Study - Using Coherence and Exalogic to Provide a High-Performance, Reliable and Scalable Data-Tier

(概要部分翻訳)
Pankaj(講師)より、次のことをご紹介します。

- メルボルン大学(UoM)におけるCoherenceの利用ケース
- Exalogic環境でのデプロイ
- 超高速・高信頼性・スケーラブルなデータ層の実現

これによって UoMのアプリケーション・データアクセス要件に対する高いサービス品質の確保、アプリケーション性能ピーク時のみごとなハンドリングがもたらされています。


Be the first to comment

Comments ( 0 )
Please enter your name.Please provide a valid email address.Please enter a comment.CAPTCHA challenge response provided was incorrect. Please try again.